CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« はじめに | Main | 10周年への軌跡 »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
仙台白百合女子大学インターン生取材報告ーその2−[2015年09月14日(Mon)]

大切な命、灯と共に

〜その由来〜
2015年9月、仙台市泉区南中山小学校で「みやぎ夢燈花 2015」という催しが行われました。南中山小学校では2007年からNPOが毎年主催しており、この活動は大阪府の池田小学校で起きた児童殺傷事件がきっかけで、失われた命と子どもたちの笑顔を守ることを願って開催された「いけだ夢燈花」に倣って始まりました。

 空が暗くなり、市民の活気も出始めたころ、小学校の校庭に2015個のろうそくが灯されました。ろうそく作りは子どもからお年寄りまで様々な世代の方が参加しました。そうして作られたろうそく1つ1つは決して同じではなく、色やデザインも凝っていて十人十色でした。

品田 ろうそく.JPG

ろうそくが灯されたとき、風が冷たく肌寒い夕方でしたが、校庭に灯された沢山の燈火は温もりが感じられました。

品田 並んだろうそく.JPG

〜参加して〜
学校や地域の安全を守ることを願うだけでなく、この活動を通して絆を強くし、広い地域の交流関係を促進できるようにという願いも込められています。
 残酷で悲しい事件からはじまった夢燈花。この催しは未来があり、期待されていた尊い命が失われたことを決して忘れず、祈り・希望そして明日へと受け継いでいくことを感じさせるものでした。
この活動は平和や市民同士の相互交流の大切さに気づき、また平和について深く考えさせられた良い機会になりました。突然の自然災害に対処するために、正しい判断をし、適切に行動するためには日々の良い地域作りや市民同士の絆を意識することが1人でも多くの人を救うことにつながるのではないかと感じました。そして良い地域作りや絆を強くするきっかけの1つともなるように、この催しが行われたのかな、と今回この活動に参加して私の考えが変わりました。

開催年月日日時:2015年9月5日15:00〜19:00
主催団体:みやぎ夢燈花
会場:南中山小学校
(仙台白百合女子大学 人間学部 心理福祉学科3年 品田 華蓮) 

仙台白百合女子大学インターン生の取材報告ーその1−[2015年09月14日(Mon)]
未来への希望と想いを灯した火

いろんな人が携わり、いろんな人が心を通わせる「みやぎ夢燈花」

2015年9月5日(土)に仙台市立南中山小学校で行われた「みやぎ夢燈花」に参加してきました。大阪府の池田小学校で起きた殺傷事件をきっかけに始まった命の大切さと子どもたちの平和を願う「いけだ夢燈花」。それに倣い、皆が想いを一つにし平和と安全の誓いを新たにする場として「みやぎ夢燈花」が開催され、今年で9年目を迎えました。
手作りのろうそくは白や青、ピンク、紫、黄色など色とりどりで、形も星や花の形をしていたりとさまざまな種類のものが並んでいました。かわいい手作りろうそくを見ていると、子どもや大人、お年寄りなどたくさんの人々がろうそくを作る楽しそうな姿や一生懸命な姿が思い浮かびました。

ろうそくの点火に私も参加させていただいたのですが、ゆらゆら揺れる小さな灯火が生きているもののように見え、愛おしさを感じました。どうして火を灯すことで誓いを新たにするのだろうと思っていたのですが、守りたくなるような小さい灯火を子どもの命に例えているからなのかなと思いました。

庄司 ろうそく.JPG

みやぎ夢燈花の協力団体の一つである聖和学園短期大学の2年生の方にお話を伺ったところ、このイベントの準備において特に大変だったこととして「周りの人たちに会の趣旨や目的を理解してもらうこと」を挙げられていました。
                      
 このイベントは、たくさんの人や団体が関わりながら協力し合うことを経て地元への愛着を育てたり、地域の人々とのつながりを作ると同時に、普段なかなか会えない人たちの再会を作る場でもあります。子どもたちのふるさとづくり、大人同士の再会、世代間の交流が楽しめるなど、大人にとっても子どもにとっても意味のあるイベントだと思います。今の子どもたちが大人になっても変わらず参加したり見に行くことができるような、ずっと長く続いていく行事であってほしいと思いました。

庄司 並んだろうそく.JPG
(仙台白百合女子大学 人間学部 心理福祉学科3年 庄子愛里)
仙台白百合女子大学インターンシップ終了![2015年09月10日(Thu)]
こんにちは、大町スタッフの田口です。

 本日は、9月4日〜10日にかけて行われたインターンシップの模様をお伝えします。
参加されたのは仙台白百合女子大学の品田華蓮さんと庄司愛里さん。
このおふたりが、5日間の「NPOの世界」を体験しましたぴかぴか(新しい)

今回のインターンシップは、仙台白百合女子大学人間学部心理福祉学科3年生を対象に開設される「心理実践実習」で、インターンシップを通じてさまざまな現場へ参加し、その体験を通じて心理学が社会に生かされているか、生かされうるかについて考察するという、授業の延長です。
インターンを通じて、職業意識を高め、キャリア観を育成することも目標の一つとのこと。

さて、当センターでは各日にテーマを設け、それに沿った内容で進めました。
1日目「NPOと出会う」。NPOいろは塾を開講、NPOって?市民活動って?の「?(はてな)」を解決する一日。
2日目「NPOの取り組みに触れる」。今回は、当センターの「まち・むすび助成金」の助成先でもあるみやぎ夢燈花さんの「みやぎ夢燈花2015」へ行き、取材とともに、活動への参加。
3日目「NPOの活動を伝える」。参加・体験したことを、記事にまとめる作業。
4日目「NPOの多様性を感じる」。全国から当センターに届くニューズレターを分類整理しながら、NPOの活動分野や課題解決への行動などについて感じてもらう。
5日目「まとめ」。これまでの5日間を振り返り、社会の中でNPOが果たす役割、その存在について感じてもらう意見交換。そして、取材記事をブラッシュアップし、ブログ記事の完成るんるん手(チョキ)

shuzai.JPG
▲初めての取材。緊張しながらお話を伺います

tentou.JPG
▲皆さんのお手伝い。ちょっと肌寒い気候でした。

「こんなにも物事に熱心に取り組み、何かを吸収しようとしたのは、初めてでした。いい経験になりました。」(左・品田さん)
「文章をまとめて伝えることは難しいけれど、大学の授業のレポートと違い、作っていて楽しかったです。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。」(右・庄司さん)
gappyoukai.JPG
▲取材をもとに記事を作成、合評会での一コマ。

5日間という短い間でしたが、私たちとの出会い体験を通じ、少しでもNPOの多様性と社会的な意義について感じてもらえたらな、と思ったメンターを担当した田口でした。
さて、そんな二人が、休み時間を削ってまで作成したブログ記事。
お待たせいたしました、このあと発表です!みずみずしい感性にあふれた文章、ぜひお楽しみください。るんるん
より良いと思える形に変えていけるチャンス[2014年09月22日(Mon)]

こんにちは。大町の今野です。

大学の夏休みを利用してインターンにきていたOさん。
先週の報告会をもって、活動を終了しました。

学校から指定された単位取得のためのインターン日数があるものの、
「夏休みの間をかけて、NPOは何かを知りたい」と
夏休みの初めから終わりまで活動しました。

最終日は、インターン活動を通じて学んだことの報告会でした。

毎日の雑事に振り回されてしまいがちですが、
インターンの目から見る私たちの仕事は

より良いと思える形に変えていけるチャンスがある仕事

と締められていました。

毎日の目の前の雑事に追われてしまいがちですが、
「そもそも、どうしてこの仕事をしているのか」を見失わないで、
ここで働ける毎日を大切に過ごしていきたいと思いました。

私自身にとっても、Oさんが来てくれたことで
学びの多い夏を過ごすことが出来ました。

明治ホールディングスさんからのクリスマスプレゼント[2013年12月16日(Mon)]

毎年恒例となっている明治ホールディングスさんからのお菓子寄贈プログラムが、日本NPOセンターさん経由で今回も贈られました。


これは、障がいのある子どもたちを対象とした活動を実施されている団体に、明治のお菓子を寄贈し、子どもたちに喜んでもらおう!という趣旨のものです。


今回は、本吉絆つながりたいさんに贈られました。

DSCF2051.JPG

副会長の菅原さん(左端)と、団体の皆さん。


来週のクリスマス会で配られるとのことわーい(嬉しい顔)


たくさんの子どもたちに喜んで頂けると嬉しいですねるんるん
第15回通常総会および記念シンポジウムを開催しました![2013年09月16日(Mon)]

昨日(9/15)、当センター第15回通常総会および記念シンポジウムが、仙台市市民活動サポートセンターを会場に開催されました。(13時半〜15時半)

連休のさなか、そして雨降りという状況のなか、たくさんの方にお集まりいただきましたこと、改めまして感謝申し上げます。

DSCF1035.JPG

まず今年6月をもって終了した2012年度の事業報告と決算報告を、それぞれ担当者より主に以下の内容についてご報告致しました。

1.課題解決のための多様な主体によるソリューションシステムの構築
     ・みやぎ連携復興センター事業など
2.連携・協働の地域資源の循環
     ・サポート資源提供システム  
     ・NPO情報ライブラリー事業など
3.市民参加・協働型の自治体経営へのかいかく支援・コンサルティングの推進
     ・各種自治体向け講座や研修、提案など
4.市民・NPOの力を高めるための地域公共人材の育成や起業支援の展開
     ・フラスコおおまち事業など
5.自治体との協働による市民公益活動支援施設運営を通じた、地域の市民活動の促進
     ・各種市民活動サポートセンター事業など

次に今年度(2013年7月〜2014年6月末)の事業計画と予算です。

なお、今年度の戦略目標は以下の2つにおいています。

・既存事業に付加価値をつけ、持続性のある事業の再構築と展開を行い、クロスセクターによる地域のイノベーションを拡大させる。

・地域におけるNPOの在り方や役割を明確にしていくと共に、主体的に地域づくりに取り組む人材を育成し、自立でき得る地域資源を創る。

DSCF1044.JPG

おって当センターHPに事業計画と報告、決算と予算をアップ致します。
なおこれまでの情報はこちらからご覧いただけます。



総会後は、「これからの宮城を創る地域公共人材とは」というテーマで、次の4名によるシンポジウムが開かれました。(15時45分〜17時15分)

モデレータ:風見正三さん(宮城大学事業構想学部教授)
パネリスト:石山和彦さん(多賀城市総務部地域コミュニティ課主事)
      西出優子さん(東北大学大学院経済学研究科准教授)
      宗片恵美子さん(NPO法人イコールネット仙台代表理事)

まずは登壇者の皆さんそれぞれが、自己紹介を含めた地域公共人材への想いと活動紹介からスタートし、その後、「地域が求めるこれからの人材とはどのような人か?」という問いから議論が深まっていきました。

風見さんの、登壇者だけでなく、時に聴衆の方の声を交えながらの進行により、会場が一体となって「地域公共人材」を改めて考える時間になっていたかと思います。

この時の模様は、詳しく当センターニュースレター「みんみん」11月号に掲載予定です。ご興味のある方はぜひご覧ください。(当センターHPにもアップされます。)

ちなみにこれまでの「みんみん」はこちらからご覧いただけます。


以上、簡単ではありますが第15回通常総会とシンポジウムのご報告でございました。
来年の今頃また、スタッフ一人一人が「昨年度はこれとこれをやりとげたね」と笑顔で言えるよう努力してまいりますので、引き続きご支援・ご指導のほどどうぞよろしくお願い致します。



明治ホールディングスさんからのお菓子プレゼント[2012年12月12日(Wed)]

毎年恒例となっている、明治ホールディングスさんからのお菓子寄贈プログラムが、日本NPOセンターさん経由で今回も2団体に贈られました。


これは、障がいのある子どもたちを対象とした活動を実施されている団体に、明治のお菓子を寄贈し、子どもたちに喜んでもらおう!という趣旨のものです。


今回は、NPO法人よりそって石巻さんと、NPO法人ミューズの夢さんの2団体に贈られました。
クリスマス会などで子どもたちにプレゼントされるようですよ♪


20121206yori.jpg
よりそって石巻の大森さん


20121206myu.jpg
ミューズの夢の菅原さん


子どもたちに喜んで頂ければ嬉しいですわーい(嬉しい顔)

せんだい・みやぎNPOセンター就職説明会開催のご案内[2012年09月11日(Tue)]

9月28日(金)14時〜16時

職員募集のための「説明会」を開催しますexclamation



せんだい・みやぎNPOセンターでは、現在スタッフを募集中です。

当センターがNPOとしてどのようなミッションのもと活動し、実際にどのような業務を行っているのか、ちょっと想像がつきにくいかもしれません。

今回は皆さんに私たちのことを理解頂きたく、説明会を企画しました。

「せみ(NPO)って具体的に何をしてるの?」「給料はもらえるの?」「企業と何が違うの?」

当センターのご説明に加え、そうした疑問にも担当者がお答え致します。

どうぞお気軽にご参加ください。


●実施概要

日  時: 2012年9月28日(金) 
14時〜16時



会  場: フラスコおおまち会議室 
(仙台市青葉区大町2-6-27 岡元ビル7F)

対  象: 現在求職中の方
      *非常勤(短時間勤務)が可能であれば現在学生の方でも可です。

内  容: (予定)
・当センター概要説明
・仙台市市民活動サポートセンター概要説明および業務内容紹介
・本部事務局概要説明および業務内容紹介
・質疑応答


申込み:下記5項目を明記の上、メールにてお申し込みください。

      1.お名前 2.ご住所 3.電話番号(携帯番号) 4.メールアドレス 
      5.現在求職中または在学中の別(在学中の方は学校名明記)

      申込みアドレス/ファクス番号 ⇒ minmin@minmin.org  
022-264-1209

                 *件名を「説明会参加希望」としてください。


申込み締切: 9月26日(水)午後1時

定 員: 10名(定員に達ししだい締め切ります。)

担 当: 小川
「日本駆け込み寺」の玄さんとNPO代表者の方々と座談会を行いました[2012年02月13日(Mon)]



先週の土曜日(2/11)、
当センター「フラスコおおまち」を会場に、
「一般社団法人日本駆け込み寺」の玄秀盛さんと
以下のNPO代表者の皆さんとの座談会を開催
しました。

参加頂いたNPOは以下。(順不同)

東北HIVコミュニケーションズ
World Open Heart
ミヤギユースセンター
ぶれいん・ゆに〜くす
仙台DARC


玄さんは、今後1年以内に仙台でも駆け込み寺を
設置しようと、現在精力的に動いていらっしゃり、
新宿でのお忙しい活動の合間をぬって、月に一度
は仙台を訪れているそうです。

この日も座談会後に河北新報社さんの取材を20分
程度うけられたのち、
「また別の座談会があるんだよ」
とおっしゃって出かけて行かれる忙しさでした。


さて、その座談会の様子を少しご紹介しましょう。




熱く語る玄秀盛代表



14時を少し過ぎて始まったこの座談会。
予定は16時までの2時間でした。

まずは玄さんから駆け込み寺の紹介。

1年間365日、10時〜22時オープン。
ボランティアは2〜3名/週。
先月の1月は約200件の相談。
内容は、多重債務、自殺、DV、などなど、
本当にさまざまだそうです。


その後、各団体代表の方の自己紹介、
そして3.11前後の状況変化もあわせ、活動状況
などをお話頂きました。







そうした話のなか、玄さんや代表の方から更に突っ
込んだ質疑応答や意見が交わされ、あっという間
に終了予定時刻の16時過ぎ。


おいで頂いた全団体とも、地域を限らずみられる課
題に日々取り組まれているだけに、そのお話には
深みがあり、考えさせられることばかりでした。



国分町なのか、一番町なのか、それとも仙台駅付
近なのか、
いずれにせよ、仙台駆け込み寺オープンはそう遠く
ないことのようです走る



一ノ蔵あま酒のセットが送られて来ました![2011年02月10日(Thu)]
みなさまおはようございます、
大町スタッフタウチです。

先ほど、せんだい・みやぎNPOセンターでも
せんだいCARESでも大変お世話になっている
一ノ蔵の淺見さんから、
新商品のあま酒のセットが送られて来ました〓

しかもたくさん♪♪♪♪

その新商品はこちらですびっくり





冬は温めた牛乳割がおすすめだそうです
後ほどスタッフでいただきたいと思います。

一ノ蔵のサイトにあま酒のレシピがたくさん載っています♪
いろいろ試してみようと思います鐘
http://www.ichinokura.co.jp/syohin/k/amazake.html

淺見さん、ありがとうございました笑顔

| 次へ
最新コメント
月別アーカイブ