CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« ●せ・みからのお知らせ | Main
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
「東北ろうきん復興支援助成金制度」のご案内(締切11/20)[2015年11月10日(Tue)]

2015年度 「東北ろうきん復興支援助成金制度」のご案内です。

締切が迫ってきているので、お忘れのことなどないよう、再度ご連絡です。


●助成団体数および助成金額:
  総額300万円(30万円/団体、10団体への助成を予定)

●応募期間:
  2015年10月1日〜11月20日(金)!

●助成金決定通知:
  2015年12月下旬

●助成金交付:
  2016年1月(予定)

●詳細:
  http://www.tohoku-rokin.or.jp/whats_new/detail.html?id=415
  (東北ろうきんさんのウェブサイトにとびます。)

●応募・お問い合わせ:
  東北労働金庫営業推進部 復興支援助成金制度事務局
  担当 菅家(カンケ)様
  TEL 022-723-1118 FAX 022-215-3169


締切まであと10日、まだまだ間に合います。
ぜひ応募を検討されてみてはいかがでしょうか。

【西松建設まちづくり基金 名取市地域づくり事業キックオフフォーラムを開催しました。】[2015年10月24日(Sat)]
10/14(金)、名取市のサッポロビール株式会社仙台工場ゲストホールにて、西松建設まちづくり基金「名取市地域づくり事業」キックオフフォーラムを開催しました。

西松P_A.jpg
  ご挨拶いただいた西松建設竃k日本支社 専務執行役員 支社長 工藤義昭様

 このフォーラムは、西松建設株式会社からの寄付によって設立された「西松建設まちづくり基金」事業の開始にあたり、名取市民の皆さんやまちづくりに取り組む関係者に、これから4年間行われる本事業の内容について広く知っていただくことを目的として行われました。名取市でまちづくりに取り組むNPOや町内会の方、地元企業の方々など、113名が参加しました。
 当日は、基調講演として、一般財団法人ダイバーシティ研究所の代表理事・田村太郎さんに、「5年目からの復興まちづくり〜神戸の経験から〜」と題し、阪神・淡路大震災からの復興の過程における教訓やこれからの名取市のまちづくりに活かせるアイディアなどをお話しいただきました。「コミュニティは、果物に例えると、つるっとひとつのかたまりのモモ型ではなく、小さいけれども様々な繋がりで作られた実が集まったブドウ型」という紹介が参加者の印象に残ったようでした。

西松P_B.jpg

 基調講演に続いて、この基金を活用して2015年度に行われる事業についてご説明しました。名取市で地域のことを考えていこう、何か取り組んでみようという想いのある方々を対象とした「名取のまちづくりプロジェクトの作り方講座」や「なとり復興塾」、活動の原動力となる資金を助成する「まちづくり助成」について、概要と申込方法、留意点などをご説明しました。
 フォーラムの合間や交流会などで、参加者同士が名刺交換し、会話が弾んでいる様子も多く見られ、名取市のまちづくりを考える方々同士がつながる良い機会となりました。参加者からは、「多くのヒントを得られた」や「小さな新たな一歩を踏み出すことの大切さを教えていただいた」という感想、また「多くの人が意見交換できる場をつくってほしい」「長く続けてほしい」といった期待が寄せられました。

西松P_@.jpg

 2015年度に行われる講座や助成については、順次ホームページ上などでお知らせしていきますので、ご関心をお寄せいただきますよう、よろしくお願いいたします。

ひらめき西松建設まちづくり基金「まちづくり助成」第1期 申請受付中ひらめき
Posted by いとうひろこ at 16:21 | ●お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
助成金情報のご案内[2015年10月09日(Fri)]

助成金情報のご案内です。
ご活用ください。

【2016(平成28)年度年賀寄附金】
助成の対象となる事業や分野は幅広くなっております。
申請期間:9月14日〜11月13日
上限金額:500万円
対象:社会福祉法人、更生保護法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人(NPO法人)、営利を目的としない法人
▼詳しくは以下をご覧ください
https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2015/00_honsha/0831_01.html

【Yahoo!基金】
@IT助成部門A復興支援助成部門B復興支援助成部門(通年)で募集を開始しています。
申請受付期間:10月1日〜11月1日
上限金額:@A500万円B50万円
対象:助成対象団体:国内に活動拠点を持つ、非営利の団体
▼詳しくは以下をご覧ください
http://kikin.yahoo.co.jp/support/


【浦上財団復興支援】
被災地を対象に直接、間接にNPO等団体が行う次のような震災復興支援活動、特に食に関する活動に対しての助成です。
申請期間:10月1日〜10月31日
上限金額:100万円
対象:法人格を有している団体、地元の為になる活動をしている団体、新たな価値を創出するNPOや企業との連携をしている団体
▼詳しくは以下をご覧ください
http://www.urakamizaidan.or.jp/fukkou.html

「2015年度 東北ろうきん復興支援助成金制度」のご案内[2015年10月08日(Thu)]

「2015年度 東北ろうきん復興支援助成金制度」のご案内です。

今年も東北労働金庫さんから、上記助成金制度のご案内をいただきました。

●助成団体数および助成金額:
  総額300万円(30万円/団体、10団体への助成を予定)

●応募期間:
  2015年10月1日〜11月20日

●助成金決定通知:
  2015年12月下旬

●助成金交付:
  2016年1月(予定)

●詳細:
  http://www.tohoku-rokin.or.jp/whats_new/detail.html?id=415
  (東北ろうきんさんのウェブサイトにとびます。)

●応募・お問い合わせ:
  東北労働金庫営業推進部 復興支援助成金制度事務局
  担当 菅家(カンケ)様
  TEL 022-723-1118 FAX 022-215-3169

毎年、助成先団体さんから、「とてもよい助成金!」という感想が聞かれているとのこと。
よろしければぜひご活用くださいひらめき

台風18号大雨被害等に伴う宮城県内の支援情報[2015年09月18日(Fri)]

台風18号大雨被害等に伴う宮城県内の支援情報を掲載しております。
最新情報については各サイトをご確認の上、ご対応ください。
(2015年9月19日金曜日12時現在)

1.災害ボランティア情報

@宮城県災害ボランティアセンター
県内の災害ボランティアセンターの情報について掲載されています。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://svc.miyagi.jp/

A大崎市災害ボランティアセンター
現在、以下の方を対象に災害ボランティアの募集を行っております。
個人:市内在住の高校生以上
団体:県内の団体・企業・法人等
※尚、9月18日(金)は雨のためボランティア募集は行っておりません。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.osaki-shakyo.com/annai/content1916.html

B大和町災害ボランティアセンター
現在、以下の方を対象に災害ボランティアの募集を行っております。
個人:県内在住の高校生以上
団体:県内の団体・企業・法人等
※尚、9月18日(金)は雨のためボランティア募集は行っておりません。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://svc.miyagi.jp/group.php?gid=10323

▼Facebookでも情報発信しています。
https://www.facebook.com/20150911TaiwaSaigaiVC?fref=ts

C東北学院大学災害ボランティアステーション
東北学院大学大学生を対象としたボランティアの募集です。日程は、9月20日(日)、9月21日(月)、9月22日(火)の3日間です。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/volunteer/?p=17140


2.義捐金・募金・支援金情報

@宮城県
宮城県では,台風第18号等による大雨に係る被災者に対する生活支援として,義援金の受付窓口を設置しました。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syahuku/taihuu-ooame.html

A大崎市
大崎市では義援金の受付口座を開設しました。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/6,11577,15,html

B大和町
大和町では義援金の受付口座を開設しました。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.town.taiwa.miyagi.jp/osirase/gienkin.html

C日本財団
被害のあった地域で支援活動を行うNPOやボランティアの活動を支える「支援金」の募金をします。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nippon-foundation.or.jp/donation/typhoon/main/

D日本赤十字社
被災された方々の生活再建の一助とするため、「平成27年台風第18号等大雨災害義援金」の受け付けを開始しました。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.jrc.or.jp/press/150911_003834.html

Eピースボート災害ボランティアセンター
被災された方たちへの支援活動に対する募金を開始しました。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://pbv.or.jp/donate/201509_suigai.html

Fyahoo!基金
今回の災害(台風18号大雨被害)によって被害に遭われた住民の方々を支援するための募金を実施いたします。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630018/

GNPO法人レスキューストックヤード
長期化/多様化する支援のため、「被災地支援活動募金」を行っております。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2015/09/10596.html


3.その他

@全社協被災地支援・災害ボランティア情報
台風18号による大雨にかかる被害状況等について、随時更新しています。県外(茨城県・栃木県)の災害ボランティアセンターについてはこちらをご参照ください。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.saigaivc.com/

ANPO法人ボランティアインフォ
台風18号の大雨被害による災害ボランティア募集について、随時情報を更新しております。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://volunteerinfo.jp/news20150911

B災害ボランティアの予備知識
レスキューストックヤードさんのサイトで災害ボランティアの予備知識について紹介しています。
▼詳しくはこちらをご覧ください。
http://rsy-nagoya.com/volunteer/volknowledge.html

===

また、せんだい・みやぎNPOセンターでは、ただいま豪雨被害地域への救援・支援活動を行うNPO、ボランティア団体などを応援するための寄付を募集しております。お預かりをした寄付額と同額を当センターで上乗せして現地で活動する団体等へお渡し致します。
▼詳しくは以下をご覧ください。
https://blog.canpan.info/minmin/archive/659


大和町災害ボランティアセンターでは、運営サポートで当センタースタッフ1名が現地に入っております。

DSC_0111.jpg
大和町災害ボランティアセンター本部

当センターが管理・運営している仙台市市民活動サポートセンターのブログ多賀城市市民活動サポートセンターのブログでも情報発信をしております。合わせてご確認ください。


宮城県内被害状況など[2015年09月11日(Fri)]


台風18号に伴う大雨により宮城県内外で大きな被害が出ています。

宮城県の大雨特別警報が解除されましたが、河川が氾濫した地域を中心に危険な箇所もあります。

県内の災害ボランティアセンターも明日以降動きがありそうです。

以下、全国社会福祉協議会がまとめている被災地支援・災害ボランティア情報(転載)です。

===(ここから)

┏━━━┓
 宮城県
┗━━━┛  
宮城県庁の発表によると、加美町で床上浸水24棟、床下浸水60棟、柴田町で床上浸水2棟、床下浸水29棟などの被害が出ています。
また渋井川で堤防決壊や吉田川での越水による浸水被害も発生しています。
(宮城県庁 9月11日14時00分)

■■大崎市■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大崎市社会福祉協議会の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渋井川の決壊により広い範囲で浸水被害が発生しており、大崎市社協では県社協職員とともに被害状況等の収集を行いながら、災害ボランティアセンターの開設等に向けた準備を行っています。

■■大和町■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大和町社会福祉協議会の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大和町社会福祉協議会では県社協や県内社協職員とともに、被害状況等の収集を行いながら、災害ボランティアセンターの開設等に向けた準備を行っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮城県社協の動き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
県社協では大崎市と大和町にそれぞれ職員を派遣して被害状況を把握するとともに、他の県内社協に対しても被害状況の確認を行っています。


===(ここまで)

その他、当センターでも独自に情報を集めているところです。

石巻市の北部にある大崎市古川で堤防が決壊し400世帯、約1,000人が被災したという情報もあり、避難所となった小学校にも避難者が集まっているようです。現時点は食糧を含め衣類、毛布などは足りているとのことです。

大和町では病院、警察署、役場がある地域が浸水したため、対応が遅れているという情報もあります。

明日以降も現状把握をしつつ情報発信していきます。


仙台サポセンにて、「市民活動がわかる3つの『時間』」が始まります![2015年08月13日(Thu)]
普段あまり馴染みのない「市民活動」という言葉。


実は、私達の日常的な行動の中にも市民活動があったり、
逆に、市民活動のおかげで支えられている日常もあるのです。


では、市民活動とは具体的にどのようなことを意味するのでしょうか?


この疑問に答えるイベントが、仙台市市民活動サポートセンターで開催されます。

「知る」、「体験する」、「学ぶ」

この3つの切り口から、市民活動のイロハをお教えします。


チョットでも興味をお持ちになったら、お友達を誘ってご来場下さい。


「仕事や学校以外の時間をもっと充実させたい・・・」

「ボランティアやってみようかな・・・」

そんな方にもピッタリです。

市民活動2-001.jpg

詳細はコチラをご覧下さい。

★★★市民活動がわかる3つの「時間」★★★


★1.「知る」時間★

ハジマルフクラムプロジェクト

内容:市民活動を知るために仙台で活動している団体にお話を伺います。
ゲスト:ARCT/NPO法人World Open Heart
日時:2015年8月29日(土)13:30〜15:30
場所:仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:25名程度
参加申込みの受付締切→8月28日(金)まで


★2.「体験する」時間★

ちょっと。ボランティア

内容:食事提供支援活動の調理・配膳・会場設営などの準備を体験します。
ボランティア内容:ホームレス状態にある人たちの自立をサポートしよう!
ボランティア先:NPO法人仙台夜まわりグループ
日時:2015年10月3日(土)10:00〜12:00
集合場所:9:50に仙台市福祉プラザ1Fロビー
参加費:無料
定員:10名
参加申込みの受付開始→9月7日(月)から


★3.「学ぶ」時間★

NPOいろは塾

内容:NPOの基礎を90分で学びます。
講座内容:
 1.NPOについての基礎知識
 2.NPOはじめの一歩
 3.サポセンガイドツアー
日時:2015年10月27日(火)13:30〜15:00
場所:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
参加費:無料
定員:20名程度
参加申込みの受付締切→10月26日(月)まで


下記のサイトでも詳しい内容をチェックひらめき

市民活動がわかる「時間」に参加してみよう!


【ハジマルフクラムプロジェクト】 市民活動を「知る」時間
 

「ちょっと。ボランティア」 市民活動を「体験する」時間



★★★申込み・問い合わせはコチラから★★★

仙台市市民活動サポートセンター
Tel:022-212-3010 Fax:022-268-4042
Mail:sendai@sapo-sen.jp

※メールでお申込の方は、件名を「体験する時間」として、
本文に「氏名・年代・住所・電話番号」をお書き添え下さい。

(文責:大町事務局 高荷)
Posted by いとうひろこ at 18:33 | ●お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「右腕派遣プログラムマッチングフェア」のご案内[2014年06月11日(Wed)]

いつも大変お世話になっているETIC.さんの「右腕派遣プログラムマッチングフェア」のご案内です。

「右腕」さんには当センターもとても助けられました。

一緒に東北を盛り上げてくださる方々の参画を期待します手(パー)



【登 壇者が続々決定!】ロー カルベンチャーのリーダー十数名が集結!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   【 - みちのく仕事 - 右腕派遣プログラムマッチングフェア 】

    〜 スタートアップの集積地、東北へ。
      東北の「これから」をともに創る仲間を募集します。

      2014年6月28日(土)@日本財団ビル(溜池山王)
       http://michinokushigoto.jp/fair/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 現地に一年間コミットして、リーダーと共に
  新しい経済・産業・雇 用をつくる国内最大級の東北派遣プログラム。

  2005年8月末に、アメリカ南東部を襲った大型ハリケーン
  「カトリーナ」に よる甚大な被害を受けたニューオーリンズをご存知ですか?

  この街が「起業の街」として再生を果たしたのは、
  被災後およそ6年目のことでした。

  生活の基盤を取り戻す被災直後を越えて、
  新しい仕組みを作り出す時期にもリソースが集まり、
  現地でチャレンジするリーダーを支援し続けたからこそ、
  現在の「起業の街」があります。

  4年目を迎えた東北も今こそ、皆 さんのコミットメントを必要としています。

  これまでの経験やスキルを活かして新規事業が起こる現場に関わりた い方、
  地元に戻り、東北や地域の現場に貢献したい方
  新しい仕事つくりの現場を経験し、将 来起業や事業創造を行いたい方

  共に東北の、そして日本の未来をつくるチャレンジへの一歩を、
  マッチングフェアで踏み出してみませんか。

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ●右腕派遣プログラムの4つの特徴
――――――――――――――――――――――――――――――――

  ○復興のリーダーと共に一年間現地にコミット
   一年間、現地で推進されている事業に役割を持って関わり、
   目的に向かって自ら考え、行動し、チームと共に事業を推進する
   担い手が「右腕」です。

 ○地域と日本 の未来へのインパクトの視点から厳選されたプロジェクト
   派遣先プロジェクトは、現地を知るコーディネーターによって、
   持続可能性、社会貢献性、地域社会や未来の日本への波及効果、
   リーダーの資質等の視点で選抜されています。

  ○価値観の転換と成長
   多くの右腕経験者は「ギャップ」が成長の糧と振り返ります。
   平時と有事、都市と地方、大企業と中小企業、多様な世代など。
   新しい価値観に刺激され、と きに揺さぶられながら事業を推進する体験は、
   自らの未来を拓く最短距離かもしれません。

  ○新しいキャリアへのきっかけ
   社会人の派遣後、東北に残り続けるのは約60%、うち16%が 起業しています。
   また、ソーシャル分野への転職、勤務先に戻って新規事業・CSR 事業立案、
   派遣先のエネルギー事業を故郷で展開予定など様々な活躍が報告され ています。

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ●開催概要
――――――――――――――――――――――――――――――――
【日  時】 6月28日(土)13:00-18:30 (開場:12:30)
【場  所】 日本財団ビル (東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル)
       http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/
【主  催】 NPO法人ETIC.   【共 催】 一般社団法人APバンク
【協  力】 日本財団「WORK FOR 東北」(復興人材プラットフォーム構築事業 事務局)
【後  援】 岩手県、宮城県、福島県、復興庁(申請中)
【参 加費】 無料(先着100名、要事前予約)

――――――――――――――――――――――――――――――――
■ プレゼン・ブース出展団体(新規プロジェクトが加わりました!)
――――――――――――――――――――――――――――――――

東 北をフィールドに新しい事業に挑戦するリーダーが集結します!!

● 石巻市における学びを通じた居場所作りと担い手作り
中 学校の不登校児の割合がワーストの宮城県。小 中学校での不登校児が
増 える石巻において、家 族や学校以外の誰かと相談できる居場所作りを
行っ ています。団体の基盤作り、行 政との調整などに取り組む方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/130

● 再生エネルギーによる「リアスの里」再生プロジェクト(気 仙沼市)
年 商100億の石油販売会社社長が新たに取り組む、日 本初の木質ガス化発電
プ ラント推進プロジェクト。地域エネルギーを創造し、地 域の産業活性化を
目 指した広報活動やマニュアル整備に取り組む人材を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/127

● 東北食べる通信(花巻市)
お いしい食べもの作りをする東北の生産者と直接つながり買い支える
日 本版CSA(Community Supported Agriculture)。生産者と消費者の
新 しい関係作りにチャレンジしたい方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/124

● 放射能災害を克服する産業創出事業(南相馬市)
原 発事故の影響でいまなお20代〜30 代の約半数が避難する町で、
IT ビジネスを創出し復興の為の新規産業に育てようとしています。
ソ フトウェア開発などの経験を活かし、地 域の為にチャレンジしたい方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/121

● 箱根山テラス事業(陸前高田市)
地 域の方同士の交流や、陸 前高田を訪れた人が地域の魅力を感じる拠点と
な る宿泊施設を目指します。周 辺地域のバイオマスタウン構想とも連携した
ツ アー開発など、地域を絡めた情報発信、広 報を担う方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/118

● 大槌復興刺し子プロジェクト
地 域の女性たちが作る「大槌刺し子」の ブランド化に取り組むプロジェクト。
独 立採算化と現地メンバーでの自立運営を目指し、生 産から販売まで事業戦略
の 立案・実施にリーダーと共に取り組む方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/115

● 「リアスフードを食卓に」(気仙沼市)
気 仙沼の水産品の新たなファンを作る為に、地 元企業4社が共同で「リアスフード」
の 地域ブランド構築を目指すプロジェクトです。商 品開発から企画・販売まで
様々 な実務を担える人材を求めています。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/112

● 地域ブランドIIE創出事業(会津坂下町)
会 津地方に避難した方の仕事作りのため、伝統素材の「会津木綿」を 現代風に
ア レンジした商品ブランドを立ち上げました。自 社サイト構築や企画・商品開発を
通 じて、商品や会津地方の魅力を発信していただきます。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/109

● 宮城の未来プロダイバー、ダイビングポイントを増やそう(石 巻市)
が れきの残る海を綺麗にすることで、三 陸の海の魅力を発信するダイビングスポット
に なるのを目指します。自身も海に入りながら、ツアーガイド、が れき除去、
事 業のプログラム化に取り組んでいける人を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/95

● 未来志向型インターンシッププログラム(石巻市)
被 災地として復興が進む一方で、不 登校など心のケアを必要とする中高生〜20代の
若 者が増える中、高 校生インターンシップや地域産業への就労支援などを行います。
教 育機関や行政と連携し広報活動に取り組む方を募集します。
http://michinokushigoto.jp/fair/project/93


>> この他にも多数の応募団体が掲載されています。
http://michinokushigoto.jp/fair/

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ●マッチングフェア3つの特徴
――――――――――――――――――――――――――――――――

  ○新しい東北を創るリーダー十数名が一堂に集結
   震災から3年が経ち、今の東北には優れたビジョン・戦略を持つ
   リーダーたちがたくさんいます。彼 らの描く未来にぜひ触れて下さい。

  ○「右腕」の魅力とは?右腕OBによるトークセッション
   これまでに187名が参加した右腕派遣プログラム。そ の魅力や可能性、
   そして当事者だからこそわかる苦労などをお話頂きます。

  ○個別ブースで、直接リーダーと話す場を設定
   直接、事業戦略や右腕に期待すること、求める人材像など、詳 しい話を
   聞ける機会。自身の経験をいかした活躍の場を探してください!

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ●こんな方お待ちしています!
――――――――――――――――――――――――――――――――

  東北から生まれた事業のスタートアップ期を、リー ダーと共に立ち上げたい人
  社会人経験を活かして、復 興や地域課題を解決する仕事に携わりたい人
  地元に戻り、専 門性を活かして組織基盤や事業をかたちづくることに関わりたい人
  主に20〜40代のビジネス経験のある人で、半年〜1 年東北で関われる人
  本プロジェクトに関心をお持ち頂ける企業・団体・報道関係者

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■タイムスケジュール
――――――――――――――――――――――――――――――――

  13:00-13:15 オープニング / 右腕派遣プログラムとは
  13:15-14:25 東北のリーダー&右腕たちによるトークライブ
  14:25-15:10 リーダーたちによる5分ピッチリレー【前半】
  15:10-15:20 休憩
  15:20-16:30 リーダーたちによる5分ピッチリレー【後半】
  16:30-17:40 リーダーと至近距離で話すブース形式の説明会
  17:45-18:20 リーダーと参加者による交流会

――――――――――――――――――――――――――――――――
  ■参加申込
――――――――――――――――――――――――――――――――
  以下の申込フォームよりお申し込みください。(〆切:6 月27日)
 http://michinokushigoto.jp/fair/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  NPO法人ETIC.
  震災復興リーダー支援プロジェクト事務局(担当:山中・栗本・船 渡)
  〒150-0041 東京都渋谷区神南1-5-7 APPLE OHMIビル4階
  電話 03-5784-2115/FAX 03-5784-2116
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


日専連さんがNPOへ寄付[2014年05月08日(Thu)]

当センター事務所に日専連 営業推進グループ 斉藤さんが来訪されました。

日専連さんは、平成19年度からNPO日専連JCBカード基金の仕組みを作り、加盟店およびJCB加盟店でカードを利用することで、自動的にカード利用額の一部が日専連さん経由でNPOの活動資金の寄付へとつながるものです。

当センターへも毎年みんみんファンドへ寄付をしていただき、7年になります。

ぜひ仕組みにご賛同いただき、クレジットカードでの社会貢献にご協力いただければと存じます。

日専連カードにご加入いただく際には、NPOカードとご指名していただければ、
寄付ができるカードを作ることができます。
お問い合わせは当センター伊藤でまで。

 IMG_5130.jpg
Posted by いとうひろこ at 13:31 | ●お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
平成27年度仙台市協働事業提案制度事業 募集説明会のご案内[2014年04月14日(Mon)]

市民活動団体のみなさまへご案内ですひらめき

仙台市市民協働推進課より
平成27年度 協働事業提案制度について募集説明会が開催されますので、
ご案内致します。

ぜひ、行政と一緒に地域課題解決に向けた事業を行いたい!
こんな事業を一緒に行うと、もっと地域が良くなる!と考えている
団体のみなさま、ぜひお気軽にご参加ください。

==============================
 
仙台市では平成24年度から、地域の身近な課題
について、市民活動団体や企業などからの提案をもとに、
仙台市との協働で解決していく市民協働事業提案制度
を実施しています。

<参考>
・平成25年度実施事業について:下記をご参照ください。
http://www.city.sendai.jp/d01/1207697_1433.html

このたび、平成27年度の提案事業の募集について、説明会を開催いたします。
是非ご参加ください。

※ 応募に際しては、募集説明会への出席が必須となります。

1 日時  
(1)4月23日(水)19時〜21時(開場:18時30分)
(2)4月26日(土)14時〜16時(開場:13時30分)

2 会場  
(1)4月23日(水) 仙台市役所本庁舎6階第1会議室
            (仙台市青葉区国分町3−7−1)
(2)4月26日(土) 庄建上杉ビル3階会議室
            (仙台市青葉区上杉1丁目4-10)

3 対象 
仙台市内に事務所及び活動場所を有するなどの一定の要件を満たす団体
(NPO、ボランティアグループ、市民活動団体、公益法人、
自治会・町内会、企業等)

4 内容 
(1)協働についてのレクチャー
(特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター事務局長 伊藤 浩子氏)
(2)市民協働事業提案制度についての説明
    ・市民協働事業提案制度の概要とスケジュールについて
    ・市民協働事業提案制度 平成25年度実施事業の概要と
     協働のポイントについて
    ・質疑応答

5 定員  50名程度
 
6 申込み方法
説明会に参加する場合は、4月21日(月)までに、市民協働推進課にFAX
(211−5986)またはEメール(sim004100@city.sendai.jp)
でお申し込みください。

※ 応募を検討中で、募集説明会にご参加できない場合は、お問い合わせください。

<お問い合わせ> 
市民局市民協働推進課 仙台市青葉区二日町1番23号 二日町第4仮庁舎2階
電話 : 022-214-8002 ファクス : 022-211-5986
メールアドレス : sim004100@city.sendai.jp
Posted by いとうひろこ at 22:55 | ●お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
最新コメント
月別アーカイブ