CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« ●事業報告 | Main | ●お知らせ »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
「NPO法人の事務担当者向け お役立ち年間事務局運営スケジュール」のご紹介[2015年04月21日(Tue)]

昨年秋より3月まで「仙台市NPO法人組織運営力強化事業」を行い、
その集成として小冊子「NPO法人の事務担当者向け お役立ち年間事務局運営スケジュール」を作成いたしました。

会計-写真1.JPG

本冊子では、「いつ、どこへ、何を提出するのか」や「うちの団体は、どのような手続きを行う必要があるのか?」などの疑問に応えるべく、毎月・毎年の手続きをわかりやすい表にまとめました。

また、セミナーや相談会でお世話になった、「アイアンドエス税理士法人」の椎木秀行さんと「くろまさ社会保険労務士事務所」の黒政健さんに監修頂いておりますので、セミナーでお話下さった注意点も網羅しております。

会計-写真2.JPG

更には、自団体用の「My スケジュール」作成ページと「総会関連業務チェックシート」を収録しておりますので、事務局内で業務の引き継ぎを行う際にもご活用頂けます。

会計-写真3.JPG

NPO法人が1年の運営をするうえで必ずやらなければならない業務がまとまっています。
総務や経理を担う事務局スタッフには不可欠な一冊。

仙台市市民局市民協働推進課のWEBサイトからもPDFをダウンロードすることが出来るようになりましたので、ご是非ご利用下さい。

仙台市HP 市民活動・NPO NPO法人に関する情報はこちら
http://www.city.sendai.jp/manabu/shimin/npo/1214091_2611.html
(文責:高荷)
みんみんpresents まち・むすび助成団体 4月開催イベント情報[2015年04月09日(Thu)]
みんみんpresents まち・むすび助成金の助成団体が開催するイベント情報をご紹介します。

★★★★★★★★★★★★

4月17日(金) 13:30〜

映画『無法松の一生』切り裂かれた十八分・仙台公演 記者会見


1943年に映画化された『無法松の一生』は、戦中戦後と二度に渡る検閲を受け、18分間のフィルムが失われてしまった悲劇の名作と言われています。

この検閲部分を「講演と朗読により完全に復元する」という上映会を続けてこられた映画評論家の白井佳夫さんと、女優の白井真木さんが来仙され、5月23日(土)に開催される仙台公演の趣旨や決意などをお話されます。

会見後には、公演第二弾「市民参加型オーディション」についての説明会もありますので、演劇やパフォーマンスにご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5
   仙台市青葉区一番町4-1-3
   TEL 022-212-3010

★★★★★★★★★★★★

4月29日(水)

関山街道フォーラム協議会 街道探訪会「関山隧道と嶺渡り」


仙台と山形を繋ぐ関山街道(現:国道48号線)における、宮城県側の関山隧道と、関山古道(嶺渡り)を歩きます。

急峻な山道を登り、いにしえの旅人たちの辛労辛苦を偲んだ後は、疲れた身体を作並温泉で癒やすという、ハードながら人気のある企画です。

申し込みは、往復はがきで4月15日必着とのことですので、参加をご希望の方はお早目に。

詳しくは、下記のリンクをご覧下さい。

チラシ


「関山隧道・嶺渡り探訪会」のお知らせ : civil_eの気まぐれ山行記


★★★★★★★★★★★★

他にも開催日程が決まったイベントから順次ご案内していきます。
どうぞお楽しみに。

(文責:大町事務局 高荷)
「みんみんpresents まち・むすび助成金」助成事業が始まります[2015年04月09日(Thu)]
当ブログでもご紹介しておりました、みんみんファンドからの拠出金とした「みんみんpresents まち・むすび助成金」。いよいよ4月から助成事業が始動します。

1月27日のブログ記事でご報告いたしましたとおり、2015年助成団体は以下の10団体となりました。各団体の概要と併せてご覧下さい。

--------------------------

●みやぎ夢燈花
仙台市南中山にて、手作りロウソクを使ったライトアップイベント「みやぎ夢燈花」を、2006年から開催している市民活動団体です。2001年の付属池田小事件を忘れぬよう、学校以外にも、地域の安全を守りつつ、障害のある人たちとの地域交流を図る活動も行っています。

団体情報

CANPAN ブログ 


--------------------------

映画『無法松の一生』切り裂かれた十八分・仙台公演実行委員会
戦時中に二度に渡って検閲を受けた映画『無法松の一生』を上映し、検閲部分を市民参加の朗読と合唱で再現する活動を行う団体です。仙台では初めての上映会となります。

右岸の羊座(協働団体)
団体HP
--------------------------

関山街道フォーラム協議会
仙台と山形を結ぶ関山街道(現:国道48号線)沿線の様々な資源を活用しながら地域活性化を目指す団体です。遊歩道の案内板設置や探訪会・講演会等のイベントを行っています。

団体HP

--------------------------

特定非営利活動法人 FOR YOU にこにこの家
仙台市東中田地区を中心に、子どもや高齢者、障害を持つ方も含む地域の人が、気軽に集い、交流し支え合う憩いの場所を提供すると共に、地域福祉にも取り組んでいます。

団体HP


--------------------------

地球村アクティビティーズ
山元町の指定障害福祉サービス事業所「工房地球村」を母体とした団体です。地域包括ケアのまちづくりフォーラム、6次産業化のシンボル「いちごスパークリングワイン」を題材にしたオペレッタを企画しています。

団体HP


--------------------------

石巻子ども未来図書館
石巻市渡波地区にて、地域図書館事業を開設しています。子どもに対する学習サポートおよび心のケアに加え、その親に対しても支援を行っています。
団体情報
※参考リンク
石巻かほく メディア猫の目
「子ども未来図書館 石巻・渡波地区にオープン」


--------------------------

多賀城市高橋東二区町内会
町内の高齢者の交流および認知症予防のため、健康マージャン教室を開催しています。

多賀城市高橋東二区町内会ブログ


--------------------------

Anego
セクシャルマイノリティに対する啓蒙活動を行っている団体です。7月から8月にかけて、東北各地のセクシュアリティ関連団体が「多様な性の当事者」の存在を発信するイベント「東北レインボーSUMMER」を開催します。

CANPAN 団体情報

CANPANブログ  


--------------------------

mon-stella(モンステラ)
2008年に結成し、仙台で活動を続けているバンドです。尚絅学院大学のボランティアサークル「尚絅ピア」と協働し、ピアカウンセリング技法を用いて、中高生を対象にしたギター・ベースの初心者向け講座を開催します。

尚絅ピア(協働団体)

--------------------------

海辺の図書館
仙台市若林区荒浜において、津波で流された家の跡地に、ワークショップで制作したベンチや本棚などを設置し、住人および観光客の交流の場を創りあげる事業を行います。昨年度は、ガーデンデザイナーの指導の下で花壇を作りました。

海辺の図書館


--------------------------

当センターでは、これから1年に渡り、各団体が開催する一般向けイベントを、随時ご案内して参りますので、ぜひご参加下さいませ。
(文責:大町事務局 高荷)

“自分磨きの9か月”〜「住友商事インターンシッププログラム2015」公募開始しました[2015年03月26日(Thu)]

こんにちは。大町事務所の今野です。

「住友商事インターンシッププログラム2015」の募集がはじまりましたexclamation

---------------------------------------------------------------------------------------------
「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム2015
-インターンシップ奨励プログラム-」

主催:住友商事株式会社
企画・運営協力:(特活)市民社会創造ファンド
現地協力団体(宮城):(特活)せんだい・みやぎNPOセンター

これは、毎年7月から3月末までの9か月間、NPO等の団体でインターンとして活動するユースを応援するプログラムです。

2012年に宮城で開始し、昨年度より宮城、福島、岩手の3県で実施しています。
--------------------------------------------------------------------------------------------

2014年7月から2015年3月まで活動し、先日、修了報告会を終えたインターンの感想をご紹介します。

「このプログラムを経験することで、新しい世界を知ることができた。
さらに、活動する人たちの姿を見ることで、自分が将来何をしたいのかを、真剣に考えるようになった。
また、自分が今学んでいることを、そのように社会に活かせるか考えて、今後の大学生活を送りたい。」

「9か月間のプログラムを終えて振り返ってみると、インターンシップを通して経験を積んだことも良かったが、それ以上に、自分自身を見つめ続けた“自分磨き”の9か月間だった。」

私は、昨年度、9か月間インターンと過ごしてきましたが、チャレンジした若者たちは、私の想像以上の成長をして、このプログラムを修了していきました。

今までのインターンは、

「今までと違う自分を発見したい」、「積極的な自分になりたい」、
「被災地で活動するNPOを見てみたい」、「チャレンジすることで成長したい」
「自分が知らない世界を見てみたい」

など、様々な目標をもってチャレンジしています。

9か月後のまだ見ぬ自分に会いにチャレンジしてみてください。
ご応募お待ちしています!


--------------------------------------------------------------------


プログラムの詳細については、下記HPを参照ください。


〇主催:住友商事のHP
http://www.sumitomocorp.co.jp/csr/contribution/recovery/youth_challenge/

〇企画・運営協力:市民社会創造ファンドのHP
http://www.civilfund.org/youth-challenge.html

〇宮城県の募集に関する市民社会創造ファンドのHP
http://www.civilfund.org/youth-challenge.html


受付期間:2015年4月25日(土)〜5月15日(金)

興味のある方は、お早目にチェックしてくださいexclamation×2



「住友商事インターンシップ修了報告会」を開催しました[2015年03月19日(Thu)]

こんにちは。大町事務所の今野です。

3/15(日)、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム2014 -インターンシップ奨励プログラム-」の宮城・岩手合同修了報告会が、国連防災世界会議でにぎわっている仙台市青葉区にて開催されました。

インターンを受け入れたのは宮城・岩手のNPOや一般社団法人などで、当日は2014年7月から9か月間活動したインターン11名がそれぞれ発表を行いました。

昨年11月に開催された中間報告会での反省をもとに、事前練習を重ね発表直前まで資料を手直しし、全インターンが真剣にこの報告会に臨んでいる様子がうかがえて、9か月という長い間、本当に真剣にこのプログラムに取り組んできたのだな、と感慨深かったです。

そうした準備のかいもあり、実際の発表は想像以上の仕上がり具合で、若い世代の成長の早さには驚かされました。あせあせ(飛び散る汗)


前日の14日(土)は福島での報告会だったのですが、二日間を通して盛り上がったのが、「自分がメンターだったらどのようにインターンに接するか」という、インターンからのコメントのときでした。 
(メンターとは、受入れ団体のインターン指導担当者です。)

担当メンターに対して、「あのときこうして欲しかった、悩んでた」といった(修了報告会だから言える素直な)声に対し、メンターからは、「実は自分も悩んでいた」という本音が返された場面もあり、ここまで言い合えるのも信頼関係あってこそ、と改めてプログラムの素晴らしさを認識することもできました。


若いインターンがまっすぐにチャレンジする姿を見て、私自身も負けずに『チャレンジ』していこうと誓った1日でしたexclamation×2

DSCF7046.jpg


今年のインターン募集は来週スタート予定です。
詳細は当センターHPやブログなどでもお知らせしますので、ご興味のあるユースの皆さん、「チャレンジ」をお待ちしていますひらめき

3月3日(火)NPO法人のための労務専門相談会を開催します[2015年02月24日(Tue)]

昨秋よりご案内しておりました「労務専門相談会」を 3月3日(火)に開催致します。
この度の相談員には、再び「くろまさ社会保険労務士事務所」の黒政健先生をお迎えする予定です。

1月26日の労務セミナーでも講義をして頂いた黒政先生。参加者の皆様からは「資料がとても分かりやすかった」「年間の業務を順序立てて説明して頂けたので分かりやすかった」、などとご好評を頂きました。

20160126-roumu.jpg

NPO法人の常として、目前の課題に集中する余り、労務的な手続きを後回しにしてしまいがちですが、継続的な活動を着実に進めて行くためにも、スタッフの環境を整えることは重要です。

2年前の平成25年4月1日から労働契約法が改正され、労働契約締結時に明示しなければならない内容が増えていますので、平成25年以前に就業規則を整えられた団体は、そのままでは、整備が不十分とされてしまいます。改定していらっしゃいますか?

春はスタッフの入職と退職が重なり、一般的には人の出入りが多い季節です。そんな最中に、総務担当者まで変わってしまい、引き継ぎに手間取ったり、手続きに戸惑われたことがあるという声をお聞きしました。

このようなご要望に応えるべく、この労務専門相談会では、社会保険に関する手続きや、労災に関するご相談のほか、就業規則の見直しなどのご相談まで承ります。

ご相談は無料です。今年度、最後の機会をお見逃しなく是非ご活用下さい。

「参加したいが日程が合わない…」という方でも大丈夫です。
日程調整を致しますので、お気軽に「お電話」または「メール」にてご相談下さい。


■労務専門相談会

日時 2015年3月3日(火)13:00〜13:45
             14:00〜14:45
             15:00〜15:45
             16:00〜16:45
    ※ご希望の時間をご指定下さい。


場所 仙台市市民活動サポートセンター 研修室4

費用 無料

講師 くろまさ社会保険労務士事務所
   社会保険労務士  黒政 健さん

申込  FAX、電話、Email

申込先 特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター
    〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町 2-6-27 岡元ビル 7F
    TEL 022-264-1281 / FAX 022-264-1209
    E-mail : minmin@minmin.org
    担当: 遊佐、高荷

せみ×労福協共催セミナー開催報告「これからの地域を支える支援とは」[2015年02月09日(Mon)]

せんだい・みやぎNPOセンター×宮城県労働者福祉協議会共催セミナー
「これからの地域を支える支援とは」

本部事務局のおがわです。
先週2月7日(土)、石巻市労働会館を会場に、上記セミナーを開催致しましたので、そのご報告をいたします。

心配していたお天気にも恵まれ、当日は約60名もの皆さんにお集まり頂きました。
短い時間ではありましたが、郡山昌明先生(仙台白百合女子大学 人間学部心理福祉学科准教授)の講話と、パネリスト3名をお迎えしてのシンポジウムという2部構成で行いました。

DSCF3750.JPG


パネリスト3名はこのお三方です。
高橋由佳さん(NPO法人Switch理事長)
橋本大吾さん(一般社団法人りぷらす代表理事)
菅原芳勝さん(東北労働金庫石巻支店支店長)

郡山先生からは、先生ご自身が東日本大震災の支援活動をされての考察と、阪神淡路大震災のその後を一昨年視察に行かれたことからの示唆、そしてこれからの地域はどうあるべきか、という提言をいただきました。

郡山先生のお話では、30年後を見据えた支援策が必要であること、支援のセミプロの養成が必須であること、セクターを超えた協働が重要であること、既存の社会資源の把握と活用・創出を行うことなど、分かりやすいことばでご発表いただきました。

DSCF3745.JPG


シンポジウムでは、まずSwitchさん、りぷらすさん、ろうきんさんの活動概要をそれぞれお話いただき、その後に郡山先生にコーディネータとなって頂いてのクロストークでした。

高橋さんからは、地元にいる若者こそが将来の地域を担っていく大事な「資源」であること、
菅原さんからは、東北労働金庫としてこれまで行ってきたNPOや市民活動への資金支援や人的支援の内容と、地元企業として担うべき役割について、また橋本さんからは「協働の提案」として、従業員の雇用や今後の生活を守るために介護に備える学びの機会を作ろうではありませんか、働く人の仕事と介護の現状を知るためのリサーチをしませんか?という2点をあげて頂きました。

DSCF3845.JPG


会場の皆さんからも質問や感想が出され、会場全体で「これからの地域を支える支援」について考えるひとときとなりました。

最後に「これからの地域を支えるために 今、必要なこと」と銘打ったシンポジウムのまとめとして、郡山先生から以下の4点が出されてセミナー終了です。

1.住民は決して力がないわけではない。住民の力を結束して支え合おう。
2.地域のあちこちで聞かれる「何気ないことば」を拾って、ニーズの発見に努めよう。
3.人々のつながりを大切にしよう。
4.表に出て互いに関心を持ちあうようにしよう。


なおセミナー開催にあたっては、たくさんの方のご協力をいただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。
土曜日の午後、おいでいただいた皆さんにも感謝申し上げます。

せんだい・みやぎNPOセンターでは、現在複数の市町村からまちづくりに関するご相談をいただいております。
次の世代を担う人に現在の「つけ」を押し付けないよう、数十年スパンでの地域づくりにご協力させて頂ければ幸いです。



採用後の手続きについて相談にのります[2015年01月23日(Fri)]

大町事務局の遊佐です。こんにちは。

1月26日(月)と3月3日(火)に、「労務の個別相談会」を行います。

今回は、「スタッフを雇用したあとに、どのような手続きが必要となるのか?」という相談に対応させていただきます。

給料支払い、社会保険、税金天引きなどなど、雇用にまつわるもろもろの案件について、ぜひご相談ください。

分からない部分を30分相談するだけで、霧が晴れるように解消されるはずです。
お申し込みお待ちしております。


★NPO法人のための「法人運営に必要な労務セミナー」★
 
講師:くろまさ社会保険労務士事務所
      社会保険労務士 黒政 健 氏

日時:平成27年 1月26日(月)10:00〜12:00

会場:仙台市市民活動サポートセンター 研修室5

定員:定員30名(当日参加も可能)

対象:仙台市内で活動するNPO法人

内容:スタッフを雇用した時に生じる業務全般


個別相談会
日時:平成27年1月26日(月)
   @13:00〜13:45 →ご予約済。
   A14:00〜14:45
   B15:00〜15:45
   C16:00〜16:45
定員:4団体(事前申込制・先着順)


日時:平成27年3月3日(火)
   @13:00〜13:45
   A14:00〜14:45
   B15:00〜15:45
   C16:00〜16:45
定員:4団体(事前申込制・先着順)

申し込み、お問い合わせ、お待ちしています手(パー)


チラシはこちらからご覧いただけます。
chirashi.pdf

申込書はこちらからどうぞ。
moshikomi.doc



「NPO法人事務局セミナー&事務力検定in仙台」を開催します。[2015年01月13日(Tue)]
ー団体の事務力をUPさせて、信頼を高めませんかー

2月13日(金)仙台市市民活動サポートセンターにて、「NPO法人事務局セミナー&事務力検定in仙台」を開催します。

NPO法人に必要な事務手続きの基礎知識を習得。さらに活用力をUPさせましょう。
その後の検定を受けることで、NPO法人としての事務能力の高さをアピールし、団体への信頼を向上させることができます。

本検定合格者のいるNPO法人は、「事務支援センター」HP内に認証マークがつきます。日本財団CANPANデータベース登録団体で、当センターのライブラリー登録をしている団体が対象となります。

“検定を受けて事務能力をPRしましょう”

詳しくはコチラをご覧ください

自分の事務知識の確認をして、さらに検定に合格することで自信にもつながると思います。毎日の業務にすぐに役立てる全国で人気のセミナー&検定です。

是非、ご参加お待ちしています。
2/7「これからの地域を支えるための支援とは」セミナーのご案内[2015年01月09日(Fri)]

せんだい・みやぎNPOセンター×宮城県労働者福祉協議会共催セミナーのご案内
「これからの地域を支えるための支援とは」

日時:2015年2月7日(土) 13時半 〜 16時

会場:石巻市労働会館(石巻市泉町2-5-26)

参加費:無料


 東日本大震災から4年が過ぎようとしている今、被災された方だけでなく住民全体の生活、住居、就労、教育、医療、福祉など、暮らしやすい地域の早期実現に向けて、各セクターがそれぞれの役割を担いながら連携・協働して地域課題の解決に取り組むことが必要不可欠とされています。

 今回のセミナーでは、石巻にしっかりと根をおろし活動している方々もお迎えし、誰しもが住みよい地域にしていくために今わたしたちが向き合うべきことは何なのか、共に考えてまいります。

ゲスト
    郡山昌明さん(仙台白百合女子大学 人間学部心理福祉学科 准教授)
    橋由佳さん(NPO法人Switch 理事長)
    橋本大吾さん(一般社団法人りぷらす 代表理事)
    菅原芳勝さん(東北労働金庫石巻支店 支店長)

内容
13時半 開会
13時35分 講話「これからの地域を支えるために必要な支援とは」
      郡山昌明さん
14時40分 シンポジウム「これからの地域を支えるために 今、必要なこと」
      郡山昌明さん
      橋由佳さん
      橋本大吾さん
      菅原芳勝さん
16時  閉会


申込み:以下の項目を明記のうえ、ファクスもしくはメールにてお申込みください。
    お名前、団体名・所属先、ご住所、電話番号、ファクス番号、メールアドレス

    ファクス:022-264-1209
    メール:minmin★minmin.org(★をアットマークに変更してください。)


なおチラシはこちら↓からご覧いただけます。
    rouhukukyo_chirashi.pdf


お問合せは、当センター今野、小川までお気軽にどうぞ。


お申込みをお待ちしておりますexclamation




最新コメント
月別アーカイブ