CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« せんだいCARES | Main | プロペラトークス »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
総会準備[2010年03月02日(Tue)]
◇ 総会準備スケジュール ◇

3月といえば卒業式のシーズンです。

通勤途中では「貸衣装会場はこちら」の案内も見かけます。

プライベートで親戚や知り合いと会えば、
卒業とそれに続く次の進路の話がでてきます。

そして3月といえば、総会準備のスタート。
まずは日程確認でしょうか。

「いつ実施するの?」
そして「いつまで何を準備するの?」

備えあれば憂いなし、と言えるように、段取りしたいと思っています。



総会開催の手順



総会開催の手順(参考)



総会終了後




事業報告書[2009年10月09日(Fri)]
年度末事務の一つですが、所轄庁(宮城県)へ事業報告書を提出しています。

これまで、各団体から提出された事業報告書は、各地方県事務所等で閲覧できるようになっていました。
さらに今年から、県のホームページで事業報告書を見ることができるようになりました。

宮城県内の特定非営利活動法人の事業報告書等
 
特定非営利活動法人に係る書類の縦覧及び閲覧について
 

ここに、先日、提出した当センターの事業報告書が、既に掲載されています。

嬉しいですね〜!
事業報告書は、もちろん、当センターのホームページに掲載されていますが、県のホームページにも掲載されて、インターネットで検索する人にはますます便利になったと思います。

あれ…、のんびりと便利になった事を喜んでもいられない!?

世界中から、簡単に、見ることができるようになった訳ですから、内容がない報告書や間違った決算書類などを提出していると、とんでもないことになりますね。

誤字脱字チェックもさることながら、ちゃんとした、情報開示に値する事業報告書を作らないとね。

一緒に報告書のつくり方を“おさらい”しませんか。

仙台サポセンのお役立ち情報集
  
報告書のつくり方
  

変更登記[2009年10月07日(Wed)]
法務局の変更登記が終わって、年度末事務が無事終了しました。

毎年の事ではありますが、作成にあたって、申請書と添付書類の確認を行います。

今は便利なインターネットがあるので、法務局のホームページで、手続一覧から「第11−1 商業・法人登記関係手続 1 商業・法人登記申請」の中にある「3 NPO法人の各申請書の記載例」を見ることができます。
パソコンで記載例を見ながら、法務局に電話で問い合わせをすることができます。

法人設立当初(10年前)は法務局の相談窓口に行くと、差し換え式の紐綴の法令集から、必要なページをコピーしたものをいただいていました。必然的に、法務局に行かないと、資料は手に入らないものでした。
ホントに10年一昔ですね。
労働保険計算中[2009年06月12日(Fri)]
労働保険の年度更新を行っています。

昨年まで4月に行っていたのですが、今年から6月に変わりました。

まずは、算定基礎賃金集計表の作成に取り組んでいます。
昨年までは手書きでしたが、今年はエクセル表を使っています。


厚生労働省のホームページから「年度更新申告書計算支援ツール」を
クリックすると、エクセル表がダウンロードできます。


只今、使い勝手をお試し中・・・

申告書が手書きなのは変わりませんよ☆
収益事業を行っていないなら、減免申請[2009年04月14日(Tue)]
法人市町村・道府県民税の免除申請はお済ですか?

特定非営利活動法人が「法人税法上の収益事業(34業種)」を行っていない場合、ほとんどの自治体において、減免申請書を提出すると、住民税均等割が減免されます。

宮城県の場合は、県税事務所に県民税均等割の減免申請書を提出します。
例えば、宮城県は均等割額20,000円が減免されます。

市町村は、市町村役場に市町村民税均等割の減免申請書を提出します。
例えば、仙台市は均等割額50,000円が減免されます。

また、ほとんどの自治体において、住民税均等割の減免申請書の提出期間は、毎年4月1日から4月30日の間です。
この期間に申請書を提出しないと、免除の適用がされません。
団体の決算時期に関らず、忘れずに4月30日までに提出してください。

申請書の他に、添付書類が必要ですので、詳しい内容はお住まいの自治体にお問い合わせください。

できれば、お日にちに余裕を持って、手続きしてください。
4月30日の一日で全てしようと思うと、かなり忙しい思いをすることになります。

最新コメント
月別アーカイブ