CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 助成金情報 | Main | せんだいCARES »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
助成金セミナー「チャレンジ塾」が開催されました。[2012年09月14日(Fri)]
助成金セミナー(チャレンジ塾) 002.jpg
9月7日、せんだい・みやぎNPOセンターにて助成金セミナー「チャレンジ塾」を開催しまた。夜7時からの開催にも関わらず9団体、10名の参加を頂きました。これから助成金申請を考えてる団体、何度か申請をチャレンジしたが助成まで結びつかないなどの悩みがある団体、参加団体それぞれが講師、鈴木祐司さん(地域創造基金、常務理事、事務局長)の話に糸口を見つけ出そうと講義を受けていました。
参加者の声:助成金を出す側の思いを知り申請書から申請団体の活動の効果を考えている事を知りました。
:今までの助成金セミナーとは違いとても参考になった。又、開催して欲しい。
:申請書が助成事業の計画書、効果を表す証明書。その話がとても理解できた。
など、参加者全員が「チャレンジ塾」に参加して良かった、と、感想を述べておりました。
せんだい・みやぎNPOせんたーでは、随時、皆様の悩みを解決に結びつくセミナーやスキルアップに繋がる講習会などを企画、開催して行きたいと思います。皆様の参加をお待ちして居ります。
フォーラム「避難所アセスメントの経験から『避難所力』の向上を考える」[2012年06月25日(Mon)]
当センターも参画している、被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ)では現在、今後の災害時に東日本大震災での経験をどう活かせるのか、の検討を行っています。その一環で、下記のフォーラムを東京で開催いたします。

「つなプロ」の経験を広く社会に開き、そこからわかったことを礎にこれから必要とされる新しい防災・減災のしくみを考えます。

自治体関係者のみなさま、防災や教育の関係者のみなさま、人材育成・地域づくりの分野で活動するNPOや、コミュニティ防災に参画する企業等の方々のご参加をお待ちしております。


―――――――――――――――――――――――――――
  ◆脱・ミクロ視点の防災・災害時対応
―避難所アセスメントの経験から『避難所力』の向上を考える― 
http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/734/41899#41899
――――――――――――――――――――――――――――

地域のつながりの希薄化、若者人口の減少、地域住民の高齢化を背景に、
セクターを超えた防災のしくみづくりは、喫緊の課題です。特に発災直後の
被災者支援において、避難所のあり方が「要(かなめ)」となります。

宮城県全域で避難所のアセスメント調査を実施した「被災者をNPOと
つないで支える合同プロジェクト(つなプロ)」の経験を礎に、これから
必要とされる防災・減災のしくみ、「避難所力」について議論します。

■基本報告  テーマ:『避難所力』とは何か
田村太郎(ダイバーシティ研究所 代表理事/つなプロ代表幹事)
川北秀人(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者/つなプロ代表幹事)

■ラウンドテーブル 自治体、企業からの発題(調整中)

日 時:2012年8月3日(金) 13:30〜17:00
場 所:日本財団ビル(東京都港区)2階 大会議室
参加費:2,000円  定員:100人
対象者:自治体担当者、防災教育関係者、人材育成・地域づくりの分野で
    活動するNPO、コミュニティ防災に参画する企業等

メール・FAX申込み・問い合わせ先:
 被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト事務局(星野)
 氏名・ご所属・ご連絡先(メールアドレス/電話番号)・ご住所(市町村まで)を
 記入し下記メールアドレス・またはFAX番号までご送付ください。
E-Mail:tp.jimukyoku@gmail.com FAX:03-6369-3494
詳 細:http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/734/41899#41899

ウェブからの申込みもできます。
http://bit.ly/KytiQO

主催:被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ)事務局
共催:公益財団法人 日本財団
震災復興から日本再生へ:明日を拓く市民社会[2012年02月16日(Thu)]


日系アメリカ人リーダーシップ・シンポジウム

「震災復興から日本再生へ:
         明日を拓く市民社会」



当センター共催にて、上記シンポジウムを開催
致します。
(主催:国際交流基金日米センター)



日程:2012年3月5日(月)

時間:15時〜17時半(開場14時半)

会場:仙台国際センター2F 大会議室「萩)


日系アメリカ人パネリストと、日本側パネリスト
とで、今後の日本において、いかにして社会
起業家や市民社会組織を育成、活性化し、官・
民の多様な関係者と分野を超えた連携を創って
いくかを考えていきます。


詳細はこちらのページからご覧いただけます。

  ↓     ↓

国際交流基金日米センター



皆さまのご来場をお待ちしております。


せんだいCARES特別企画 大撮影会&交流会 "パワーアップミーティング"[2012年01月25日(Wed)]
             「つながることがまちのチカラになる。」       
        せんだいCARES特別企画 大撮影会&交流会
             “パワーアップミーティング”
         
           2012年2月4日(土)17時30分〜20時
         @仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアター


こんにちは。

当センターも実行委員として関わっている、せんだいCARESの特別企画
大撮影会&交流会 "パワーアップミーティング"のご案内です。

3.11以降1年間の、まちのみなさまの慰労と情報交換交流会を開催いたします。

「つながることがまちのチカラになる。」をキーコンセプトに、毎年、NPOや
企業のCSRを市民に紹介する冊子をつくるせんだいCARESですが、2011年
度は震災の影響もあり残念ながら発行が困難となりました。

今回は企画を通して、改めて実感した「つながり」を深める機会にしたいと思い
ます。

カメラキラキラプロカメラマンが写真を撮ってくれる特典つき!
団体の紹介、今年の抱負、メッセージなどをA3ボードにご用意いただき、
撮影に参加ください。いろんな場面で使える元気な写真をGETしましょう!



ベガッ太くんも応援に来てくれます!

日 時:2012年2月4日(土)17:30〜20:00(17:00開場)

場 所:仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアター

対 象:震災復興活動に取り組むNPO・NGO、企業、行政、学生、市民など

参加費:参加者1名当たり1,000円(飲料軽食代)

主 催:せんだいCARES2011実行委員会

問合せ:022-264-1281(せんだい・みやぎNPOセンター事務局内:平日のみ対応)

e-mail:sendaicares@gmail.com 

担当:高尾 太田 菊地 櫛田 桃生 


*参加の場合は、事前にお申し込み願います。

●NPO・NGO、企業、行政、大学の方の申し込みはこちらから。●
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/5b538167177212

○一般の方も参加いただけます。申し込みはメールにて。○
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
e-mail:sendaicares@gmail.com

ブログ:https://blog.canpan.info/sendai_cares/
Twitter:https://twitter.com/#!/sendai_cares
Facebook:http://on.fb.me/wh3ciZ
【毎年恒例】★新年会のご案内★[2011年12月14日(Wed)]

毎年、多くの方にお楽しみ頂いている、
当センター恒例の大新年会乾杯


2012年も明るく楽しく力強く!開催致します!


●日時
  2012年1月12日(木) 19時〜21時

●会場
  仙台市市民活動サポートセンター 
   市民活動シアター

●対象
  NPO・NGO、行政、企業の方々、学生の皆さん、
  どなた様も大歓迎です。

●参加費
  3,000円

●内容  
  充実した時間になるよう、現在、鋭意検討中です力こぶ

●担当スタッフ

  大町事務局:伊藤、高尾、おがわ
  仙台サポセン:藤原
  多賀城サポセン:阿部



*ちなみに、今年の新年会の様子はこんな感じでした。
   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
  見て頂ければ、2012年参加したくなるはず!ですラブ
   ↓          ↓         ↓
  せ・みNPOセンター2011年新年会の様子  


●お申込み

 以下の4項目を明記の上、
 メール、ファクスにてお申込みください。


 1.お名前  
 2.ご所属(団体・会社名など。特に無い場合は空欄で構いません。) 
 3.お電話番号  
 4.メールアドレス


 送付先:当センター代表メールアドレスとファクス番号です。
  メール:minmin@minmin.org
  ファクス:022-264-1209


お問い合わせ
 
  上記、担当スタッフまでお声掛けください。


内容詳細決まりしだい、追ってお知らせ致しますびっくり

多くの方々のお越しを、スタッフ一同楽しみにしておりますまる


震災復興のための環境政策提言力向上セミナーを開催しました[2011年12月05日(Mon)]
 12月3日から4日にかけて、「震災復興に向けた環境政策提言力向上セミナー」(主催:独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金部、企画・協力:せんだい・みやぎNPOセンター)を開催しました。会場は、1日目がハーネル仙台、2日目が仙台市市民活動サポートセンターでした。

 講師は、昨年度開催した「地域における環境政策提言力向上セミナー」に引き続き、IIHOEの川北秀人さん。



 1日目は川北さんによる講義と、東北6県の環境団体による事例発表を中心に行いました。



 2日目は、講義の内容と、事例発表を踏まえた上で、ワークショップを行いました。個人ワークの後、地域やテーマが近い参加者同士でグループをつくり、グループワークで取り組むべき課題についてA3用紙やA4用紙にまとめ、他のグループがまとめたものに付箋でコメントを付けていきました。



 政策提言は、自分がやりたいことを行政にやらせることではなく、社会にとって必要なことを実現するため、いろいろな団体・人が動きやすくなるような土俵/市場がつくられるよう働きかけること。そこで、ニーズを可視化することが大事で、そのために仮説を立ててデータを集め、分析・発信していくことが重要であると川北さんからお話しがありました。

 「イベントより調査」「キャンペーンより事例」「呼びかけよりランキング」

 やりたいことをやるだけではなく、多くのNPOが社会にとって必要な変化を生み出せるよう、せんだい・みやぎNPOセンターとしてもそうした視点を持ち、各団体の活動をサポートしていきたいと思います。

 また、川北さんのブログから当日のパワーポイント資料をダウンロードできます。こちらもぜひご覧ください。→川北さんのブログ記事
藤倉さんと共に、創造的な復興について語らってみよう![2011年10月12日(Wed)]


10/22(土)開催、
「フラスコセミナー」のご案内です音量


今回のフラスコは、

多くの地域再生事業を成功させた藤倉潤一郎さん
(株)地域協働推進機構 代表取締役)を講師に
お招きしますOK


●テーマ
「震災復興に向けたソーシャルデザイン」
―社会起業家を核としたコミュニティづくりと地域拠点のあり方―


●「場」の力を考える
「ちよだプラットフォームスウウェア」、「高円寺コモンズ」
など、藤倉氏が行政や企業との協働で開設した先駆的
なインキュベーション施設を例に、

「場」の力、そのあり方について

皆さんとともに考えます。


●創造的復興とショック・ドクトリン

「従来のまちや生 活の復旧にとどまらない、創造的な
復興」を唱える識者の意見と、そのような「革新」に対
する批判を踏まえ、二項対立を乗り越えていく方向に
ついて探ります。

(ハリケーン後の米国ニューオリンズなど、国内外の
事例を取り上げつつ、被災地の地域再生に市民・行政・
企業がどのように協働すべきか、また社会起業家に
求められる役割について伺います。)


●新しい公共の形成と社会的企業

藤倉さんは現在、鶴ヶ島市役所内にインキュベーション
施設を開設しています。
また市との協働で“非営利型まちづくり会社”という新し
い形の企業を創り、まちの活性化に取り組んでいます。


そのような例を提示しつつ、社会的企業(起業家)を核と
したコミュニティーづくり、また起業家がプロジェクトを成功
に導くポイントについての提言、アドバイスを伺います。



社会起業家のみならず、復興支援に関わるさまざまな方
が立場を越えて自由に意見交換できる集いにしたく存じ
ます。


ぜひお 越しくださ い〓



日時:2011年10月22日(土)
13:00〜16:00


*約2時間の講演の後、質疑応答、交流会を行います。

場所:フラスコおおまち

参加費:1000円(一般)
  *MSBN会員:700円、フラスコ会員:400円




藤倉潤一郎さんの略歴

早稲田大学在学中よりNTTキャプテンシステムの
普及プロジェ クトなどに関わり、1990年にユーザー
参加型のメディアシステム開発会社 「ネクステージ」
を設立。その後、官民協働のまちづくりや多くのイン
キュベーョン施設を開設・成功させ、2007年、内閣
府から地域活性化伝 道師を拝命する。2008年、
自ら設立した「プラットフォームサービス株式会社」
と鶴ヶ島市、地元金融機関との共同出資による非営
利型ま ちづ くり会社「株式会社地域協働推進機構」
代表取締役に就任。


お申込み:
10月19日(水)までに、メールまたはファックスにて
お申し込みください。

*その際、@お名前、Aご所属(会社名・団体名など)、
B連絡先(電話、メールアドレス)、MSBN会員の方は
その旨もご記入ください)

メール:nakajima@minmin.org
FAX:022−399−6092  
担当:中島、小川


たくさんのお申し込みをお待ちしております笑顔




ちなみに、今回のチラシはこちらです。
  ↓  ↓  ↓



支援者のためのスキルアップ講座開催![2011年07月19日(Tue)]
当センター後援のセミナーのご案内です。

国際協力NGOセンター(JANIC)さん主催

災害支援者のためのスキルアップ講座
  〜ジェンダー・多様性ガイドラインの活用で、
   脆弱な状況にある方たちへのサポート力をあげよう〜


日時:2011年7月23日(土) 9:30-12:30(受付9:15より)

会場:仙台市市民活動サポートセンター

対象:被災地の現場で事業を実施中の国際協力NGOとNPOなど
    東日本大震災の支援に関わる方

参加費:無料

共催:東日本女性支援ネットワーク(Rise Together)
    国際協力NGOセンター(JANIC)

協力: 国際協力NGOオックスファム

後援: 特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター

申込み:JANIC東日本大震災広域調整事務所 
     コーディネーター 中森 
     E-mail: nakamori@janic.org 



セミナーの内容:

<プログラム:午前 ワークショップ 定員30名>
9:15− 9:30 受付

9:30 - 10:00 1)挨拶/趣旨説明、
            人道支援で用いられるジェンダー・多様性ガイドラインとは?

10:00−10:45 2)緊急救援期の活動で工夫したこと、
            課題として残ったこと(参加者より報告)

10:45−11:00 休憩

11:00−11:30 3)復興期、特に仮設住宅支援に求められる
            脆弱なグループへの弱者配慮とは?

11:30−12:00 4)地域固有の挑戦
            (国内外の過去の災害現場と今回の現場の比較など)

12:00−12:30 意見交換

*参加なさる方は、所属団体の事業内容がわかる資料をご持参ください。


午後は希望者の方に向けた個別コンサルテーションあり。(予約制)
ソーシャルビジネスセミナー無期延期のお知らせ[2011年03月15日(Tue)]

みんポー管理人です。


このたびの地震により、
今週土曜日19日に開催予定でありました、
フラスコおおまちソーシャルビジネスセミナー
は無期延期とさせていただきます。



楽しみにしてくださっていた方々には
大変申し訳ございません。



全国の皆さま、
たくさんのメッセージ、ありがたく頂戴しております。
われわれ、人間の力を信じて、
力強く明日への一歩を踏み出して参りたいと思います。




なお、せんだい・みやぎNPOセンター大町事務局は、
電話もファクスも開通しております。

元気なお声をファクスにてお知らせください!!

*ネット通信はダウンしております*
プロペラトークス無期延期のお知らせ[2011年03月15日(Tue)]

みんポー管理人です。

このたびは、日本全国多くの皆さんから
暖かい励ましの声を頂き、たくさんの勇気を
いただいております。
心より感謝いたします。

さて、今週17日に開催が予定されておりました、
「プロペラトークス」ですが、このたびの地震により
無期延期にさせて頂きたいと思います。



楽しみにしてくださっていた方々には大変申し訳
ございません。
何とぞご了承、ご理解をいただければ幸いです。

| 次へ
最新コメント
月別アーカイブ