• もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 大雨被害 支援情報 | Main | 仙台白百合女子大学インターン生取材報告ーその2− »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
仙台白百合女子大学インターン生の取材報告ーその1−[2015年09月14日(Mon)]
未来への希望と想いを灯した火

いろんな人が携わり、いろんな人が心を通わせる「みやぎ夢燈花」

2015年9月5日(土)に仙台市立南中山小学校で行われた「みやぎ夢燈花」に参加してきました。大阪府の池田小学校で起きた殺傷事件をきっかけに始まった命の大切さと子どもたちの平和を願う「いけだ夢燈花」。それに倣い、皆が想いを一つにし平和と安全の誓いを新たにする場として「みやぎ夢燈花」が開催され、今年で9年目を迎えました。
手作りのろうそくは白や青、ピンク、紫、黄色など色とりどりで、形も星や花の形をしていたりとさまざまな種類のものが並んでいました。かわいい手作りろうそくを見ていると、子どもや大人、お年寄りなどたくさんの人々がろうそくを作る楽しそうな姿や一生懸命な姿が思い浮かびました。

ろうそくの点火に私も参加させていただいたのですが、ゆらゆら揺れる小さな灯火が生きているもののように見え、愛おしさを感じました。どうして火を灯すことで誓いを新たにするのだろうと思っていたのですが、守りたくなるような小さい灯火を子どもの命に例えているからなのかなと思いました。

庄司 ろうそく.JPG

みやぎ夢燈花の協力団体の一つである聖和学園短期大学の2年生の方にお話を伺ったところ、このイベントの準備において特に大変だったこととして「周りの人たちに会の趣旨や目的を理解してもらうこと」を挙げられていました。
                      
 このイベントは、たくさんの人や団体が関わりながら協力し合うことを経て地元への愛着を育てたり、地域の人々とのつながりを作ると同時に、普段なかなか会えない人たちの再会を作る場でもあります。子どもたちのふるさとづくり、大人同士の再会、世代間の交流が楽しめるなど、大人にとっても子どもにとっても意味のあるイベントだと思います。今の子どもたちが大人になっても変わらず参加したり見に行くことができるような、ずっと長く続いていく行事であってほしいと思いました。

庄司 並んだろうそく.JPG
(仙台白百合女子大学 人間学部 心理福祉学科3年 庄子愛里)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/minmin/archive/657
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新コメント
月別アーカイブ