• もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 「住友商事ユースチャレンジ・フォーラム2015」のご案内 | Main | 宮城県内被害状況など »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
仙台白百合女子大学インターンシップ終了![2015年09月10日(Thu)]
こんにちは、大町スタッフの田口です。

 本日は、9月4日〜10日にかけて行われたインターンシップの模様をお伝えします。
参加されたのは仙台白百合女子大学の品田華蓮さんと庄司愛里さん。
このおふたりが、5日間の「NPOの世界」を体験しましたぴかぴか(新しい)

今回のインターンシップは、仙台白百合女子大学人間学部心理福祉学科3年生を対象に開設される「心理実践実習」で、インターンシップを通じてさまざまな現場へ参加し、その体験を通じて心理学が社会に生かされているか、生かされうるかについて考察するという、授業の延長です。
インターンを通じて、職業意識を高め、キャリア観を育成することも目標の一つとのこと。

さて、当センターでは各日にテーマを設け、それに沿った内容で進めました。
1日目「NPOと出会う」。NPOいろは塾を開講、NPOって?市民活動って?の「?(はてな)」を解決する一日。
2日目「NPOの取り組みに触れる」。今回は、当センターの「まち・むすび助成金」の助成先でもあるみやぎ夢燈花さんの「みやぎ夢燈花2015」へ行き、取材とともに、活動への参加。
3日目「NPOの活動を伝える」。参加・体験したことを、記事にまとめる作業。
4日目「NPOの多様性を感じる」。全国から当センターに届くニューズレターを分類整理しながら、NPOの活動分野や課題解決への行動などについて感じてもらう。
5日目「まとめ」。これまでの5日間を振り返り、社会の中でNPOが果たす役割、その存在について感じてもらう意見交換。そして、取材記事をブラッシュアップし、ブログ記事の完成るんるん手(チョキ)

shuzai.JPG
▲初めての取材。緊張しながらお話を伺います

tentou.JPG
▲皆さんのお手伝い。ちょっと肌寒い気候でした。

「こんなにも物事に熱心に取り組み、何かを吸収しようとしたのは、初めてでした。いい経験になりました。」(左・品田さん)
「文章をまとめて伝えることは難しいけれど、大学の授業のレポートと違い、作っていて楽しかったです。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。」(右・庄司さん)
gappyoukai.JPG
▲取材をもとに記事を作成、合評会での一コマ。

5日間という短い間でしたが、私たちとの出会い体験を通じ、少しでもNPOの多様性と社会的な意義について感じてもらえたらな、と思ったメンターを担当した田口でした。
さて、そんな二人が、休み時間を削ってまで作成したブログ記事。
お待たせいたしました、このあと発表です!みずみずしい感性にあふれた文章、ぜひお楽しみください。るんるん
この記事のURL
https://blog.canpan.info/minmin/archive/654
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新コメント
月別アーカイブ