CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 東日本大震災とNPO法改正:新川達郎 | Main | 「被災地での復興支援から」 理事 木村 正樹 »
<< 2016年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
フォーラム「避難所アセスメントの経験から『避難所力』の向上を考える」[2012年06月25日(Mon)]
当センターも参画している、被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ)では現在、今後の災害時に東日本大震災での経験をどう活かせるのか、の検討を行っています。その一環で、下記のフォーラムを東京で開催いたします。

「つなプロ」の経験を広く社会に開き、そこからわかったことを礎にこれから必要とされる新しい防災・減災のしくみを考えます。

自治体関係者のみなさま、防災や教育の関係者のみなさま、人材育成・地域づくりの分野で活動するNPOや、コミュニティ防災に参画する企業等の方々のご参加をお待ちしております。


―――――――――――――――――――――――――――
  ◆脱・ミクロ視点の防災・災害時対応
―避難所アセスメントの経験から『避難所力』の向上を考える― 
http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/734/41899#41899
――――――――――――――――――――――――――――

地域のつながりの希薄化、若者人口の減少、地域住民の高齢化を背景に、
セクターを超えた防災のしくみづくりは、喫緊の課題です。特に発災直後の
被災者支援において、避難所のあり方が「要(かなめ)」となります。

宮城県全域で避難所のアセスメント調査を実施した「被災者をNPOと
つないで支える合同プロジェクト(つなプロ)」の経験を礎に、これから
必要とされる防災・減災のしくみ、「避難所力」について議論します。

■基本報告  テーマ:『避難所力』とは何か
田村太郎(ダイバーシティ研究所 代表理事/つなプロ代表幹事)
川北秀人(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表者/つなプロ代表幹事)

■ラウンドテーブル 自治体、企業からの発題(調整中)

日 時:2012年8月3日(金) 13:30〜17:00
場 所:日本財団ビル(東京都港区)2階 大会議室
参加費:2,000円  定員:100人
対象者:自治体担当者、防災教育関係者、人材育成・地域づくりの分野で
    活動するNPO、コミュニティ防災に参画する企業等

メール・FAX申込み・問い合わせ先:
 被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト事務局(星野)
 氏名・ご所属・ご連絡先(メールアドレス/電話番号)・ご住所(市町村まで)を
 記入し下記メールアドレス・またはFAX番号までご送付ください。
E-Mail:tp.jimukyoku@gmail.com FAX:03-6369-3494
詳 細:http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/734/41899#41899

ウェブからの申込みもできます。
http://bit.ly/KytiQO

主催:被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト(つなプロ)事務局
共催:公益財団法人 日本財団
この記事のURL
https://blog.canpan.info/minmin/archive/532
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
最新コメント
月別アーカイブ