CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月10日

スタッフ全員が自閉症の会社


イギリスBBCニュースの記事を紹介します。
ニュースは2019年1月2日配信

記事では、従来の採用面接のやり方;相手と目を合わせて、面接官に質問されたことだけを、的確に簡潔に答えることが自閉症・発達障害の人に合わないため、まったく別の採用面接のやり方で自閉症・発達障害の人たちの採用を行っている企業が紹介されています。
そして、自閉症・発達障害の人の特性を周りが配慮すれば、自閉症・発達障害の人たちは仕事で、定型発達の人たち以上に大きな成果を上げることが書かれています。
記事は英文ですが、自動翻訳が「理解可能な」日本語に変換してくれます。

自閉症・発達障害の人たちに対応した採用面接とは、具体的にどんなものですか?という質問を、私はこれまでたくさん受けてきました。日本の公的機関が就労支援のマニュアルを公開しています。マニュアルには、「やってはいけないこと、避けるべきこと」は書かれていますが、「こうすればうまくいく」ことはほとんど書かれていません。
私が知っている、自閉症・発達障害の人たちの採用と雇用に成功している企業は、企業側が失敗と成功を積み重ねて、企業独自のノウハウを蓄積しています。そのノウハウは、従来の常識とはまったくかけ離れたものもあります。ノウハウは、自閉症・発達障害の従業員を含む職場全体のマネージメントから、個々の指示の与え方や約束の確認の仕方という細々としたものまで、多様で膨大です。このノウハウをマネージャー個人の資質と経験に依存するのではなく、マネージャー個人が交代しても引き継げるような、社内の仕組みも整備しつつあります。仕組みは企業ごとに異なります。どの企業にも共通する仕組みやマニュアルは無い、と言えます。
posted by kuniko_sakamoto at 10:23| Comment(0) | 情報