CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月07日

アパート賃貸契約のときの緊急連絡先


Aさんは施設からアパートに移ることになった。
Aさんは、施設でなく、地域で一人暮らしをすることを、ずっと望んでいた。
Aさんには家族や兄弟がいない。
アパートの申し込みで「緊急連絡先」をどうするか、Aさんと話し合った。
blog201207.jpg
私たちは今まで「緊急連絡先」がない人たちも支援してきた。
「緊急連絡先」は、福祉事務所が受けてくれる場合があった。
受けてくれない福祉事務所もあった。
福祉事務所が受けてくれなかったとき、支援を続ける福祉事業所か、アパートのあっせん会社、が一時的に「緊急連絡先」を受けてくれたことがあった。
今までは「利用者さんの顔がみえる関係者」が手弁当で集まって、関係者のなかで「緊急連絡先」をなんとかやりくりしていた。

ところが、今回のAさんの場合はちがった。
まずAさん担当のB福祉事務所に問い合わせをした。
B福祉事務所は「緊急連絡先にはなれません」の回答のあと「緊急連絡先がない方がアパート契約する場合、民間の有料サービスを勧めています」と続けた。
「民間の緊急連絡先サービスはネットで検索すれば、見つかりますよ」
そうか...
民間の有料サービスのことは知っていた。
そうか、と思ったのは、そのサービスのニーズの多さ、をあらためてそのとき感じたからだ。
もう、関係者が手弁当で集まって「緊急連絡先」をどこにするか悩まなくてもいいんだ。
というより、そのつどみんなで個別調整するのでは間に合わないほど、「緊急連絡先」を必要とする人たちが増えているのが現状なのだろう。
posted by kuniko_sakamoto at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年11月01日

精神保健福祉とオンラインのやりとり


私の仕事の分野は精神保健福祉。精神医療や保健福祉の支援者間のやりとりは電話とFAXが主流。メールもほとんど使いません。Zoomやスカイプなどのビデオ通話はまったく使いません。

10月28日の夜、自主オンライン・ミーティングに参加しました。参加者は障害者就労支援、企業、学校の関係者の方たち。ミーティング参加者の皆さんがメールはもちろん、Zoom、LINE、フェイスブックを日常的に使いこなしているのに驚きました。今回のミーティングをきっかけに、SNSやビデオ通話を日常的に、仕事でも当たり前に使い、またそのような人たちと仕事をしていく方向がみえました。

posted by kuniko_sakamoto at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年07月17日

「のりとはさみ」をご寄付いただきました


「ギャラリーツープラス」さんから「のりとはさみ」をご寄付いただきました。
寄付のりはさみ.jpg

「こころのリカバリー」が運営している事業所では「関係行政の書類は郵送」なので、のりとあて名シール用の鋏は必要なのです。
毎月の行政書類の締め切り近くでは、3人の職員が手分けして、紙書類と封筒を作成。
「書類を紙で郵送」を廃止してほしいです。
posted by kuniko_sakamoto at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年07月13日

ラジオ ご寄付いただきました


今日、コンパクトラジオのご寄付が届きました。
Radio.jpg

災害用として交流室に置きました。
昨年は東京でも洪水被害がありました。
これから台風も来ます。
停電しても緊急速報が確認できるラジオが届いてすこし安心です。
posted by kuniko_sakamoto at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年03月23日

マスク等のご寄付いただきました


今日、新たにマスクと除菌ティッシュのご寄付が届きました。

DonateMask.jpg


今日は、持病を抱えた利用者さんから「マスクがまったくない」と聞き、困っていたところです。
ご寄付頂いたマスクは「洗える」ので、早速、その方に渡します。
除菌ティッシュも、職員等が集まる部屋のトイレ・ノブの清掃に使わせていただきます。
posted by kuniko_sakamoto at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年03月20日

子供の名前


学習障害もかかえているSさん(仮名)の書類作成を手伝いました。
書類に署名をするときSさんが「小学校6年になるまで、自分の名前が書けなかったんですよ」とつぶやきながら「う〜ん、うまく書けない、あれ?書き順これでよかったかな…」と署名。

平成後半生まれのSさんの名前は二つの「凝った漢字」。生まれたとき自分につけられた「凝った漢字」で、小さい頃から今日までーー幼稚園や学校、テスト、試験のときになどに「自分の名前が書けない」ーー苦労をしてきたようです。

子供は自分の名前を選べません。Sさんのつぶやきを聞いたとき、私は小さな子でも「簡単に書ける名前」ーー正とか直とか、明などーーを親から付けてもらった人は、小さい頃に一人で初めて自分の名前が書けた時、親が一緒に喜んでくれる経験ができる、そしてこの大事な経験は、Sさんのように、誰もができるわけでない、ことに気づきました。
posted by kuniko_sakamoto at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年03月18日

中学生 手作りマスク600枚寄付


海外のニュースでこのような「子供たちの活動」はたびたび報道される。
日本の「子供たちの活動」も広く知ってほしいです。
ヤフーニュース
「中1女子がマスク手作り600枚 山梨県に提供」
posted by kuniko_sakamoto at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年03月17日

マスクとトイレットペーパー


マスクのご寄付を頂きました。
KsanMaskDnate02.jpg
新型コロナ感染予防のため、職員はマスク着用していますが、マスクの残りがわずかでした。ご寄付頂いてほっとしています。

先日はホームのトイレットペーパーが残り2ロールになり、近隣の店舗を毎日5,6件回って、すべて品切れ。職員たちは自宅のトイレットペーパーをホームに持ち寄りました。職員たちも、自宅のトイレットペーパーが残りわずかで、「自宅では、新聞紙やぼろ布で代用」の話が出始めたころです。あるケース会議のあと、支援者の方たちに窮状を訴えると、「近くの〜でさっきトイレットペーパーを売っていた」情報を頂いたり、「バイクでアウトリーチ訪問のついでに探して、見つかったら買って届けます」と申し出て頂いたり。この数日、トイレットペーパーは店頭に少しずつ見かけるようになり、ほっとしています。
posted by kuniko_sakamoto at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2020年01月02日

ゴーン事件に思うこと


元日の読売新聞のトップページと社会面一面は、保釈中の「ゴーン被告無断出国」。
記事は<日本の保釈制度の不備>に視点が当てられていました。私は、この視点は日本国内の視点だと感じました。
また、記事は、ゴーン氏がレバノンから出した声明を載せていました。その声明文「基本的人権を否定している不正な日本の司法制度の迫害から逃れた」、は氏が世界に発信したものです。

西欧世界で「基本的人権」は、生まれながらに人に備わっており、違法行為をした人であっても、失ったり、国家や法によって制限されない権利です。

日本の憲法の「基本的人権」は、「公共の福祉に反しない範囲」で「法律によって保障される」
権利です。

日本の憲法を、「不正」と決めつけて自分の違法行為を正当化する氏に、おこがましさを強く感じる日本人の私がいます。

一方で、氏が世界に発信した「自身の基本的人権」は、政治や宗教弾圧の中で、市民たちが勝ち取ってきた、西欧世界の基準であることに着目しなければなりません。

日本は自国の<保釈制度の不備>や<裁判所の判断>を議論していては、世界と視点がずれていくばかりです。

自分の国の憲法の「公共の福祉に反しない範囲」で「法律によって保障される」人権も、生まれながらに人間に備わった「基本的」な権利である、と世界に説明できてこそ、日本にも「基本的人権」がある、と主張できるのだと考えます。
posted by kuniko_sakamoto at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと

2019年10月13日

台風19号明け


今日は素晴らしい晴天です。
ホームのメンバーの部屋は窓のシャッターが開いて、ベランダに洗濯物を干しているメンバーもいます。
ホームの建物も異常がなく、浸水もありませんでした。
タグ:台風
posted by kuniko_sakamoto at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと