• もっと見る

2022年09月19日

【地域連携のコツ】受講しました


Sakamoto02.jpg
8月30日に練馬区研修センターで、40年間練馬区の保健師として活動されている林さんのお話を聴きました。

【40年前まで何もなかった】
練馬区は、40年前まで障害福祉サービス(地域資源)は何もなかった。
当事者と区民が、勉強会を重ね、行政に働きかけ、他の区民の理解を広げていきながら、作業所や活動支援センターを、一つ一つ作ってきた。
現在の練馬区には、精神障害の地域活動支援センター二つ、知的・身体・難病の地域活動支援センター二つ、相談支援事業所、就労支援事業所、作業所とグループホームはいくつもある。

【すでにある地域資源の中で考えない】
地域資源は今も発展途上。資源を利用できない市民にいつも目を向けて、すでにある資源を発展させていく。例えば、引きこもりや強度行動障害の人と家族、が利用できる資源はまだとても少ない。

【場所建物を作ることが一番の目的ではない】
市民一人一人が地域資源、の意識を持つ。

【連携のコツは三つ】
・自分の役割・やっていることを連携相手に伝える。
・連携相手の役割・やっていることを知る努力をする。
・一人で抱え込まない、引き受けない。連携相手にも考えてもらう。

私は、自分の役割に「ご本人・家族を代弁する」ことが含まれると考えています。

posted by kuniko_sakamoto at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告
この記事へのコメント
コメントを書く

この記事へのトラックバック