CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ジャンルにこだわらず、「おっ?」と思ったことや「えっ?」と思ったこと「へぇ〜」と感じたことなど…
店長「のりちゃん」のひとりごとを日々徒然に書き記します。
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
開業の決意 [2018年06月28日(Thu)]
「他人を非難する人が増えている。
このまま貧富の差が広がれば、
刃物を持って人を攻撃する人が増える。
そんな時代をあなた達に背負わせたくない」
みんなの食場は、3年前にオープンしました。
その時、私は息子達に
開業の決意をこう話しました。

経済格差によって、食べるものが違えば
お金のある人だけが、健康に。
そうでない人は、病気になる確率が高くなる。
経済が衰退して、病院にも行けなくなれば
ココロも病んできます。
ココロが病めば、人を攻撃します。
人が人を攻撃して、傷つけて
そんな世の中を子ども達の世代に背負わせて
大人は死んでしまっていいのだろうか?
だから、みんなの食場は
「子ども達が希望の持てる未来を作る」
為に、誕生しました。

地域食堂で沢山の子ども達が
また高齢者や大人の方が
「身体と心を健康にするための食事」を
食べて貰うことが
「子ども達の未来を作ること」に繋がるのです。
今は収益が出ない事業に見えるかも知れません。
でも、近年に見る攻撃的な事件を見ると
「社会の価値」って何なのか?って
伝わると思います。
それが、持続可能な社会を考える事。
その価値の重さが見えるのも
そんなに遠い未来でない。
だからこそ、「みんなの食場」は
頑張らないといけませんね。

https://diamond.jp/articles/-/173468
Posted by 株式会社Underline at 15:20
地区わカフェさんの1年 [2018年06月21日(Thu)]
先日で地区わカフェさんが
みんなの食場での活動を始めて1年に
なりました。
先日の活動を終えた時
「なんだか、お客さんの数が増えて来たよね」
と、言う話題が上がりました。
始めて1年。
シー〜ーんとした日もありました。
でも、続ける事に意味がある人差し指サイン️と。
本当に沢山の方が足を運ばれて
彼女達の努力が浸透して来たと思います。
「決まった場所で定期的に開催出来る」
これって最初のハードルです。
みんなの食場が、このハードルを少しでも
下げて、みんなの「やりたい」気持ちに
答えられるように、これからも
みんなと一緒に頑張っていきますねゴメン/お願い
これからも、皆さん応援宜しくお願いしますスピーカ

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=696963430503436&set=a.102264449973340&type=3&eid=ARDIy18cBAPvz2bkUxn25OWPJsqV7p3dQwVlRUnQwNbRwN5-Vuicw2nbraZk7vdgmqjlh9mtTB8U0Y53&__tn__=EEHH-R

ブログ用.jpg
Posted by 株式会社Underline at 15:50
今日は... [2018年06月15日(Fri)]
今日は、朝からお弁当配達弁当
午後ののんびりした時間
若い男性が一人でお食事。
必ず週に一度は、みんなの食場ご飯を
食べに来てくれます。
「1人だと食事に気を使わないから、
ここのご飯で、元気にして貰ってます」と。
うちのお店は、子どもだけでなく
この様な単身の方が、時々利用して下さいます。
「なんか、ここのご飯食べてると
幸せな気分になる」
そんな事をポツリと言って下さるのが
嬉しいですゴメン/お願い
「みんなを幸せにしたかったら、
まずは、隣の1人から。幸せは、バトンだから」
そんな事を言われた方がいました。
幸せのバトン、今日も繋ぎたいみんなの食場です。
Posted by 株式会社Underline at 16:04
確実に前へ... [2018年06月14日(Thu)]
今日、店長さんはお出掛けでした。
それでも「みんなの食場」では
若者たちが、ご飯を作って
子どもたちの夕食用意してくれていました。
そんなスタッフに感謝、感謝です。
ここまで来るのに3年。
他の飲食店では、遅いかもしれません。
でも、確実に前に進んでいる。
社会は変わって行く。
みんなの笑顔をもっと、もっと…
増やせるように
みんなの力で、みんなの食場は進みます力こぶ

ブログ用.jpg
Posted by 株式会社Underline at 20:07
今朝は旗振り当番でした [2018年06月11日(Mon)]
おはようございます!
今朝は旗振り当番の店長です。
「おはよう」
「いってらしゃい」
みんなに声を掛けても
ほとんど返事がない困り
長男から12年見て来ているが
ここ数年は、特に
挨拶する子がほとんどいない。
「知らない人とは口聞いちゃ
ダメなんだよ」
と、三男。
知らないって言っても
旗振り当番の母困り
声を掛けると、みんな怪訝な
顔して、上目遣いで見て
通り過ぎて行く。

なんだか、寂しい世の中になった
と思っていたら
最近になり、
「おはようございます」
と、満面の笑みの子ども達
「明日も本町会館行って良いですか?」
「おいで!待ってるよ」
子ども達同士で盛り上がり
ながら、学校に向かった。
地域の希薄が挨拶をなくし
地域のコミュニティがまた挨拶を
生む。
そんな事を感じた店長でしたにこにこ
Posted by 株式会社Underline at 10:18
一体、公園って... [2018年06月10日(Sun)]
おはようございます。
今日は、定休日です。
子どもの外遊びが環境問題の時代に人差し指サイン
先日もみんなの食場で話題が出ました。
公園の看板に
「騒いではいけません」
「ボールを蹴ってはいけません」
「ボールを投げてはいけません」
「バットを振ってはいけません」
「自転車で乗り入れてはいけません」
って…書いてある。
その上、
「現在、遊具は使えません」の貼り紙。
子どもたちは、ベンチでゲーム中。
一体、公園って何するところなの???

https://www.facebook.com/events/2076096656001052/
Posted by 株式会社Underline at 10:22
「アラフォー」問題 [2018年06月06日(Wed)]
おはようございます。
今日は、あいにくの雨ですね。
梅雨入りも間もなくでしょうか?

今日は、ちょっと店長が納得いかない、
世の中の不可解な話です。

先日、NHKで「アラフォー」問題について
取り上げていました。
就職氷河期時代に「非正規雇用」で生きてきた
彼等は、今70代になった親たちを抱えて
困難な時代を迎えています。
働ける世代が働けない。

アラフォーだけではなく
生活保護制度の事もそうです。
生活保護受給をしている家庭の子どもが
学校で良い成績を取り
奨学金の受給を受けると
生活保護費が減額される事があるそうです。
頑張って勉強しても報われない。

非正規雇用者が
朝の9時から夜12時まで
毎月25日以上働いて
150万稼いでも税金の徴収があります。
稼げば、稼ぐほど税金は上がります。
でも、年収1,000万以上の人の
社会保険料は、その先、いくら稼いでも上がりません。

世の中の公平って
なんなのかな?
例えば年収200万以下の人から取らないで
年収1,000万以上の人から段階的に
税金を取ってもいいんじゃないかな?
そんな頭の良い計算の出来る方いませんか?
人口比率と徴収比率から総額求めるみたいな。

計算出来ない店長は
今日も美味しいご飯作って
お届けしますねー光るハート
本日は、港北区新吉田本町会館開催でーす人差し指サイン

ブログ用.jpg
Posted by 株式会社Underline at 19:33
尊い命が無くならない社会のために... [2018年06月06日(Wed)]
おはようございます。
また、悲しい事件が起きました。
近くにみんなの食場があれば
いつでもご飯、食べさせてあげたのに…
と、悲しくて涙が溢れてきます。
なんで、こんな事が起きるのだろう。
こんな子が一人でも減って欲しい。
そんな想いで出来た「みんなの食場」

いつでも逃げて来て良いんだよ。
いつでも助けてって言って良いんだよ。
もし、ご飯を作ってあげたくない
食べさせたくない、お父さん、お母さんが
いるなら、どうぞ、みんなの食場に子どもを
置いていって貰って構いません。
殺さないであげて下さい。

こんな尊い命が無くならない社会のために
今日もみんなの食場
子どもの夕食作って、子どもたちを待っています。

https://www.asahi.com/articles/ASL663D72L66UTIL00H.html
Posted by 株式会社Underline at 10:26
新しい親子 [2018年06月01日(Fri)]
今日も新しい親子が来てくれました。
お友達に
「時々、息抜きに行く」と聞いて
みんなの食場を知ったそうです。
働く、子育て両方とも大変。
たまにはスイッチoffにしないとねにこにこ
Posted by 株式会社Underline at 13:23
ヨコハマ・イノベーションスクラム・プログラム [2018年05月16日(Wed)]
あー、もうそんなに時間が経ったのか〜〜
と、思いました。
昨年、このプログラムを受けようと
思った時、正直乗る気じゃなく
「どうしようかなぁ」と考えました。
でも、起業してからの「どう事業を形作るか?」
を学べました。
半年間は、決して短くないし、楽でもない。
その頑張りが、起業家の分かれ道。
様々な目線のメンターに
厳しーいご指摘を頂き、初めて自分の目線を知る。
ぜひ、起業して、「これから事業を大きくしたい」
と思ったら、まず立ち止まって再確認。
http://massmass.jp/event/scrum/2018/
Posted by 株式会社Underline at 10:31
プロフィール

Underlineさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/minashoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/minashoku/index2_0.xml