CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ジャンルにこだわらず、「おっ?」と思ったことや「えっ?」と思ったこと「へぇ〜」と感じたことなど…
店長「のりちゃん」のひとりごとを日々徒然に書き記します。
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
みんながHappyになったらそれでいい [2018年08月30日(Thu)]
最近、毎日のように
みんなの食場には、行政の方が
来られるようになりました。
〇〇区の子供支援課?生活支援課?地域振興課?
色々な名前があり、店長は覚えきれません。
来られる度に
「何をされるところですか?」
「誰を対象にしているのですか?」と
質問してしまいます困り
店長は、正直、役所に行くのが嫌いです。
何故かと言うと、用事があっても
それは、どこに行けば解決するか分からないからです。
来られる方に色々と質問されると
いつも答えるのが
「民間ですから、対象者は困っている人ってだけです」
と、答えます。
「でも、これって本当は行政の仕事ですよね」
と言われますが
「誰がやってもいいんじゃないですか?
お互いに重なる対象者はいても。それが協業するって
事ですよね。うちは、勝手に協業させて貰ってます顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)
ま、うちは町の雑貨屋で行政はデパートって感じかな。
それで、みんながHappyになったら
いいのではないかと。
つくづくそう感じる店長でした顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

Posted by 株式会社Underline at 01:14
この記事のURL
https://blog.canpan.info/minashoku/archive/82
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

Underlineさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/minashoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/minashoku/index2_0.xml