CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ジャンルにこだわらず、「おっ?」と思ったことや「えっ?」と思ったこと「へぇ〜」と感じたことなど…
店長「のりちゃん」のひとりごとを日々徒然に書き記します。
最新記事
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
「子ども達が希望の持てる未来を作る」 [2018年07月19日(Thu)]
昨日の本町会館に高校生が見学に来ました。
終了後に質問をさせて欲しいとの
依頼でしたので、彼女たちが作ってきた
質問にお答えしました。
「何故、子ども食堂をやるのか」
答えは、
「今後、社会保障が受けられない未来で
子どもたちが公平に健康で生きていける権利を
獲得して貰うため」
それが私達の考える
「子ども達が希望の持てる未来を作る」

貧困対策とか施すのではない。
自分の子ども達と同じ社会で
生きていく子ども達は
みんな同じように幸せになる権利がある。
幸せの物差しは、それぞれ違うかも
知れないけれど、
置かれる社会は、同じ。
それには、障害有る、無しも関係ない。
子ども達が迎える社会に
どう立ち向かえるのか?
社会課題は、まだまだ山積み。

一生懸命、話を聞いてくれた高校生。
ずーっと、ノート取ってました。
こんなきっかけが、
自分の未来を考えるきっかけになって
くれたら、有難いですね。

https://toyokeizai.net/articles/-/228480?fbclid=IwAR1jTJG0Uq5mc0SzJM2nwwHVlQJoM-Hrgf_72lswHfoffmlZcK_BhYopkBw
Posted by 株式会社Underline at 09:25
この記事のURL
https://blog.canpan.info/minashoku/archive/120
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

Underlineさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/minashoku/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/minashoku/index2_0.xml