CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 成果物 | Main | イベント告知 »
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
シーブリーズ三河湾 永田
大塚小学校第2回目 (08/01) 竹島水族館 コバヤシ
竹島小学校第2回目 (07/24)
竹水アミコン 新聞に掲載されました![2016年02月14日(Sun)]
今朝の中日新聞 東三河版に、竹島水族館さんで展示していただいているアミコンのことが掲載されました〜(^O^)

シーレンジャーの会員さんたちが、アミコン練る練るをしている様子も載っていますよ!
皆さんも、お魚満足度調査にいってみてくださいね〜

無題.png
Posted by 環境チャレンジ at 08:21 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
アミコンの水槽展示、明日からはじまりますよ〜 [2016年02月04日(Thu)]
竹島水族館さんから、昨日、事務局に連絡がありました!
「明日、水槽の掃除をしながら、アミコン入れますよ〜」
「ありがとうございます!見に行きます!」

というわけで、閉館後の竹島水族館バックヤードにやってきました(^^)v

ここが、世界初 アミコンが展示される竹島水族館の2号水槽

resize2413.jpg

そして、晴れ舞台への登場を待つアミコンと再会〜
resize2412.jpg

まずは、水槽の掃除をするために水を抜きます

resize2414.jpg

サイフォンの原理を使って、ある程度、水が抜けるまで竹島水族館さんのスタッフとおしゃべりタイム(笑)


そんなこんなをしていると、水もだいぶ抜けてきました

resize2405.jpg

そこで、今回の主役であるアミコンをバックヤードへ移動

アミコンの表面にはアミノ酸? 
白いツブツブが出てきていましたので、たわしでゴシゴシとこすって、きれいにします。
(写真では写っていませんが、事務局も一緒にゴシゴシと洗いましたよ)

resize2415.jpg

ふぅ、アミコン掃除完了〜

resize2406.jpg

アミコンの掃除が終わったら、今度は水槽の中の掃除です
桑山さんが、水槽のアクリルガラスや壁面などについている藻を、スポンジブラシなどで丁寧に掃除していきます。


resize2416.jpg

そしていよいよ、アミコン投入〜
どこへ置こうかな〜 ここにし〜よおっと!

resize2407.jpg

設置場所・置き方は、竹島水族館のスタッフ 桑山さんのセンスで決めていただきました(笑)

アミコンが設置されると、魚たちもなんだか気になるのか、チョコチョコと寄ってきます
(この時は、河豚が一番気に入ってたようでした)

resize2408.jpg

桑山さんも、竹島水族館のフェイスブックにアップする写真を撮影〜
(皆さん FBもチェックしてくださいね)

resize2411.jpg

resize2410.jpg

外(お客さん側)から見ると、こんな感じ。
上から覗き込むと、番号札が見えると思います。みんな、自分が作ったアミコンの番号、覚えているかな?

resize2409.jpg

resize2419.jpg

まだまだ水槽のお掃除は続いていますが、事務局はここでお先に失礼を。。。
明日、水槽に水がいっぱいになった状態を、また見に来ます!
楽しみ〜

竹島水族館さん、日建工学株式会社の皆さん、ありがとうございました!

Posted by 環境チャレンジ at 19:48 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】アミコン 型枠はずしました[2015年12月20日(Sun)]
先週、シーレンジャーのみんなが作成してくれた「アミコン」
しっかりと硬化しましたよ

カッターで紙コップやガムテープを裂いていくと、こんな感じに出来上がっていました

アミコン 型枠外し.jpg

紙コップやガムテープを丁寧にはがしとって、全部で11個のアミコンを竹島水族館へ搬入

アミコン竹水へ.jpg

水に一週間ほどつけておいてからでないと、水槽には入れられないので、もう少し待っていてくださいね



Posted by 環境チャレンジ at 08:58 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】DR.アミコンと学ぼう![2015年12月13日(Sun)]
皆さんは、「生命をはぐくむコンクリート」を知っていますか?
通称 アミコン
お魚大満足の、自然にやさしいコンクリートです

今回のジュニアシーレンジャーでは、Dr.アミコンこと、中西 敬先生に、三河湾の環境についてと、アミコン、さらに波の秘密を教えてもらいました。

まずは全体講義。三河湾の健康診断です。
シーレンジャーのみんなに、三河湾はどんな状態なのか知ってもらいました。

resize2380.jpg

世界中の海を知っている中西先生が診た三河湾の健康診断、結果は、「メタボだった」
けども、無理なダイエットで、栄養が足らなくなっている(海が痩せてきている)状況だということも教えてもらいました。
海の健康バランスが崩れると、赤潮や青潮が発生する原因にもなります。

そんな海で活躍するのが、新開発のコンクリート「アミコン」
なんと、アミノ酸が入ったコンクリートです。
日建工学株式会社とアジノモト、徳島大学の産学連携で開発されたもので、世界中から注目されている新素材です。

resize2381.jpg

中西先生も、Dr.アミコンに変身して、お魚満足度調査の様子を報告!

 詳しくはこちらのサイトをご覧ください
   https://www.youtube.com/watch?v=YFnemhUaGto


そしていよいよ、アミコン作り開始です
今まで工場ででしか製作されていなかったアミコン。なんと日本で始めて、シーレンジャーがワークショップで作成します!

まずは紙コップを消波ブロックの形状に組み立てます

resize2382.jpg

これがパズルのようで、なかなか難しい!
仲間と協力しあわないと、上手く形になりません。
型枠の仕上げは、保護者の方にもお手伝いいただきました。

そして、アミコン練る練る
まずはモルタルを水で溶きますが、これも結構な重労働。

resize2383.jpg

プラカップの底にあるモルタルがなかなか練ることができずに苦労する会員も。。。
プラコップの底を揉みながら練ると、スムーズに練りあがるという裏技も発見できました。
そして、アルギン酸をいれると。。。ねっとりとしていたモルタルがサラサラに変身!

しっかりと混ぜ合わせれたら、型枠に流し込みます。
シーレンジャー会員一人ひとりが「練る練る」したアミコンをつかって、班のアミコンが完成します。このまま2日間ほど完全硬化するまで置きます。

resize2386.jpg

このアミコン、完成後はなんと、竹島水族館の水槽に設置が決まっています!
藻のつき方が早いのか、みんなでチェックしに行こうね!


アミコン作りだけでなく、波の秘密についても教えてもらいました。

resize2389.jpg

resize2390.jpg

波の動きや、速さなど、大きな水槽を使った実験で、とても楽しく学ぶことがでました。
今回は、先輩シーレンジャーが中西先生の助手を務めてくれました。
こんなところでも、会員のみんなの成長がみれて、事務局も嬉しく思います

最後に、中西先生から海についてのまとめ。

resize2388.jpg

海と関る体験をたくさんすることで、いろんなことが見えてきます。
気づいたことを、行動に移すことで、海の環境はどんどん良くなっていきます。


あっという間の2時間半。
今年度最後のシーレンジャー講座は、とても内容の濃い体験をすることができました。
中西先生、日建工学株式会社の皆さん、そしてサポートしてくれた保護者の皆さん、
元気に学んでくれたシーレンジャー会員のみんなに感謝です!

resize2387.jpg

Posted by 環境チャレンジ at 19:10 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【シーレンジャー】竹島水族館バックヤードツアー[2015年11月01日(Sun)]
今日は竹島水族館の裏側探検!

浅瀬から深海、熱帯など、すんでいる環境に合わせた水槽で、たくさんの生き物を飼育している水族館の裏側はどうなっているのかな?
水族館の職員さんは、普段、どんな仕事をしているのかな?

みんなが大好きな海の生き物達のことをよく知っている、スタッフの桑山さん、竹山さんに案内をしてもらいました。

resize2355.jpg

resize2358.jpg

飼育に使う道具や、エサの上げ方、水槽の掃除の仕方など、普段は見ることのできない裏側から、水族館の秘密をいろいろ教えてもらいました。

resize2357.jpg

バックヤードから見ると、水槽は上から覗き込むかたちになります。普段とはちょっと違うみえ方でおもしろい!魚もなんだか近く(大きく)見えます〜
他にも機械や予備水槽(病気の魚などを飼育しておく水槽など)もたくさんあってびっくりしました。
(ツアー内容は、皆さん自身が参加して、確かめてみてくださいね)

resize2362.jpg

ツアー後も、職員さんにいろいろな質問をしていました
海の生き物のことで聞きたいことがあれば、いつでも来てね!との言葉をいただきました。

ツアー後は、水族館の表側(通常の展示)を見学。スタッフさんのオススメ展などを楽しみました。
Posted by 環境チャレンジ at 15:55 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】海は地球の宝物[2015年10月04日(Sun)]
今日は、ジュニアシーレンジャーの校長先生でもある
大塚耕司先生(大阪府立大学現代システム科学域 教授)の講座です。

普段のフィールド、三河湾を飛び出して、世界中の海を知っている大塚先生から、
今、地球で問題になっていることと、海の秘密を教えてもらいます

resize2334.jpg

最初に、水の大切さと海の役割について、クイズを交えて教えてもらいました
世界人口がどんどん増えている中、食料だけでなく、きれいな水に困っている人も
ものすごくたくさんいることを知りました。

私達の飲み水になる「雨」がどこからくるのか?
地球に海の水はどのくらいあるのか?

そして、シーレンジャーならキットわかる問題!?
海の水はどのくらい塩っ辛いのか?

resize2332.jpg

これは、実際に塩分濃度の違う水をなめて、当ててみます
SUPで海に落ちたときに飲んだ味、覚えているかな?


続いては、食べ物の大切さと海の役割。
「フードマイレージ」を考えると、三河湾で取れた新鮮なお魚を食べることは
地球と身体、両方にやさしいことがわかりました

更に「バーチャルウォーター」についても教えてもらいました
これは主要な食品の生産に必要な水の量のこと。
牛肉の場合、1kgのお肉をつくるために、ナント15.5tものお水が必要なんだって!!
びっくりするとともに、たくさんの食品を輸入している日本だから
真剣に環境についても考えないといけないと思いました

resize2333.jpg


更に講座は続きます
今度は気候の変化と海の役割について。
アル・ゴアさんの「不都合な真実」や陸と海の平均温度の長期変動などに加えて
2,000年かけて地球を一周する海の水の流れ「海洋大循環」を教えてもらいました。

冷たい水が沈んでく?
本当かどうか、実験してみます

色をつけた氷を水槽に入れると。。。。

resize2335.jpg

溶けた水が、底の方に沈んで広がっていきます!

resize2336.jpg


反対に、あったかい水は上にいくかも実験!
こちらは、水風船を使います。

resize2337.jpg

あったかい水の水槽、冷たい水の水槽、二つを用意して、
同じ水温にした「水風船」を入れてみると。。。

resize2338.jpg

resize2339.jpg

こんな違いがでました

水温の違いによって密度が変わるので、同じ水風船を入れても、浮いたり沈んだり。。。
保護者の方はこれと同じ現象を、昔、お風呂で経験したことがあるのでは?


最後に、未来の資源「海洋深層水」と、「ハワイの海」についても教えてもらいました
海洋深層水は、冷たく栄養をたくさん含んでいる海の水
発電や水産はもちろん、医療や農業、美容など多方面に使う研究がされているそうです


今回の講座は、大学並みの内容で盛りだくさんでした

今日の講座をまとめると
 「今、地球に起こっているいろんな問題を解決する方法を、海はもっている。海は地球の宝物」ということ

resize2340.jpg

ちょっと難しいところもあったけど、
海での活動に興味いっぱいのシーレンジャーには、是非、知ってほしい内容です。
地球の宝物である「海」を大切に守りながら、たのしみたいと思いました。


次回は11月1日、竹島水族館のバックヤードツアーですよ!
お楽しみに!


Posted by 環境チャレンジ at 17:24 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】夏の星空を観察しよう![2015年08月09日(Sun)]
海での航海、星は自分の進むべき方向を知る大事な目印になります。
8月12日未明には、ペルセウス座流星群も見られる!

ということで、ジュニアシーレンジャーでも夏の星空について学びます。

1438601584748.jpg

夏の星空といえば。。。?
シーレンジャー会員に聞くと「夏の大三角」、「白鳥座」、「さそり座」など声があがります。
そのほかにも、土星もみることができます

L3184020002517534.jpg


ところが、夏の夜空は雲が多い。。。。
気温が下がることで、空気中にあった水蒸気が冷やされて雲になるそうです

普段は「雨」の心配をする事務局ですが、今回は晴れていても雲がかかると見えない。
会員さんの期待に、雨よりも更に強いプレッシャーを感じます。。。(汗)

望遠鏡を3台セットして、浅井インタープリターから夏の星座について説明〜

KIMG1199.JPG

さあ、星空観察!と空を見上げると。。。。


   雲 くも もくもく   ・・・ (><)

シーレンジャー会員さんと保護者の皆さん、持参していただいたレジャーシートに座ったり、寝転んで雲が切れるのをまちますが、なかなか思うように観察できませんでした。残念。。。

でも、思うようにならないのが「自然」ですよね。
親子で雲の切れ間から時折みることができた星に歓声をあげる体験も、楽しい思い出です。
Posted by 環境チャレンジ at 22:51 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】SUP体験in竹島[2015年07月12日(Sun)]
愛知県からの補助を受けて実施されている「もっともっと海に学ぼう! ジュニアシーレンジャー育成事業」。今回は蒲郡の観光名所 竹島で「SUP」に挑戦です。

KIMG1066.JPG

継続会員は昨年、しっかり練習しているので、簡単に乗り方を復習〜♪
このときはまだ、潮が引いていたので、竹島にかかる橋の下からSUPに乗りました

KIMG1067.JPG

resize2314.jpg

今年からの会員については、パドルの持ち方からしっかり教えてもらいます

resize2318.jpg

ドキドキしながら、いざ海へ漕ぎ出します!

resize2319.jpg

最初は座ってパドルを漕いでいたシーレンジャーのメンバーも、しばらくするとボードの上に立って、上手にSUPを操っていました。
午前中は風も穏やかで、竹島を見ながらのSUPはとても楽しかったです!

resize2322.jpg

蒲郡SUP協会の皆さんをはじめ、多くのショップさんや仲間にご協力をいただきました。
ありがとうございました!



さらに、今日は三谷水産高校増殖部のお兄さん、お姉さんもお手伝いに来てくれました。
みんながSUPに挑戦している間に、竹島の海で生き物を探してくれました。

resize2316.jpg

あっという間にたくさんの生き物を捕まえてくれました。

resize2315.jpg

中には、こんなレアものも!

resize2321.jpg

環チャレでなかなか発見できなかった、タツノオトシゴ!
さすが三谷水産高校の皆さんですね

このタツノオトシゴはオスなんですが、おなかに卵を持っています
(タツノオトシゴはオスのおなかの中で卵をかえします)

resize2320.jpg

竹島の海に住む生き物のことも、たくさん教えてもらうことができました。
ありがとうございます。

SUPを通じて、海と更に仲良くなれた1日でした。
また、やりたいですね〜








Posted by 環境チャレンジ at 19:14 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ジュニアシーレンジャー】スナメリウォッチング[2015年06月28日(Sun)]
曇り空が続いた先週から一転、太陽が顔を出しました。
27年度ジュニアシ−レンジャー「もっともっと海に学ぼう」がスタートです。

resize2309.jpg

今回は、ニッポンチャレンジ艇のヨットに乗って、スナメリウォッチング!
のハズだったのですが。。。。

resize2311.jpg

風が強く、白波が立っています。
この状態で、シーレンジャー会員をヨットに乗せて出航するのは危険と判断。
急遽、スナメリ号に変更、親子でスナメリを探すことにしました。

resize2313.jpg

港からでると、波で船が大きく揺れることも。。。
ウォーターアトラクションのようで楽しんでいる会員も多かったですが(笑)

resize2312.jpg

航海中、永田さんからスナメリをはじめ、海の生き物についての説明を受けたり、
船や海に関するお話を聞きて勉強しました。
海から蒲郡を見ると、また新しい発見がありますね。

resize2310.jpg

今回は残念ながらスナメリを見つけることができませんでしたが、
これからのシーズン、蒲郡では朝夕に、港付近などで見られることもあります。
波の穏やかな日に、是非、探してみてくださいね!


次回は7月12日、竹島でSUP体験ですよ〜!

Posted by 環境チャレンジ at 13:37 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シーレンジャー 第一回(連絡)[2015年06月28日(Sun)]
風が強く、ヨットの出港はできません。
スナメりリ号で、湾内を少しクルーズに変更です。
Posted by 環境チャレンジ at 09:28 | フィールド学習 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

三河湾環境チャレンジ実行委員会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/mikawawan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mikawawan/index2_0.xml