CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

信州・まつもとリトリート [2021年06月25日(Fri)]
信州・まつもとリトリートの案内です。

◇ 2021 年 7 月 22 から 8 月 29 日の間で、
先着順にてご希望利用日を承ります。

◇場所 長野県松本市四賀地区にある「昭和」のお家

◇対象 福島県とその近県に住むご家族
*お子様だけのご利用はできません。

◇使用料
1人 1 泊 1,000 円 *基本的に 1 家族ずつのご利用。
ご友人家族とご一緒に利用のご希望などありましたらご相談ください。

*常駐のスタッフはおりません。
*キッチンはご自由にお使いいただけます。
調理機器完備。丁寧に作られた調味料などそろえています。
*洗濯機あります。

*交通費の補助制度あります。
*その他、詳細についてお問い合わせください。
◇お問い合わせ・お申込み◇ 電話:080-4716-2011(事務局 中野)
メール:matsumoto.relief@gmail.com *電話、
またはメールにてお申込みください。折り返しご連絡いたします。

◇主催◇ NPO 法人まつもと子ども留学基金 長野県松本市蟻ケ崎 1-3-7 安藤法律事務所内 http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/

「リトリート」とは、
日々の忙しい生活から離れ、
自分だけの時間を持ったり、
リラックスすることで疲れを
癒す方法のことをいいます。

*まつもと子ども留学基金は、感染症対策を実施し、
安心安全な運営に努めています。
信州リトリート [2021年06月16日(Wed)]
NPO法人 まつもと子ども留学基金では、
今夏のリトリートに向けて準備を進めています。

写真は宿泊施設の敷地内にある畑です。
自然農をベースした円形の畝を作っています。

DSC_1431.JPG
茶の間を開放します。 [2021年06月05日(Sat)]
松本市四賀にてNPO法人まつもと子ども留学基金が 運営する「まつもと子ども寮」1 階の茶の間を地域の皆さまにも ご利用いただけるように開放いたします。
*ご利用時間は午前 9 時から午後 5 時までです。 *ご利用料金は半日お一人 100 円です。
例えば、午前 10 時から 12 時まで 100 円。 そのまま午後までご利用の場合はさらに 100 円の合計 200 円です。
*台所(水道、ガスコンロ)も使っていただけます。
*敷地内に駐車スペースあります。
*手指用アルコール、
ハンドペーパー常備しています。 *ご利用のお申し込みはお電話にて
2 日前までにお願いいたします。 電話 080‐4716‐2011(中野)
※詳しい場所はお問い合わせ下さい。
松本市四賀五常にて、NPO 法人まつもと子ども留学基金が 運営する「まつもと子ども寮」1 階の茶の間を地域の皆さまにも ご利用いただけるように開放いたします。
*ご利用時間は午前 9 時から午後 5 時までです。 *ご利用料金は半日お一人 100 円です。
例えば、午前 10 時から 12 時まで 100 円。 そのまま午後までご利用の場合はさらに 100 円の合計 200 円です。
*台所(水道、ガスコンロ)も使っていただけます。
*敷地内に駐車スペースあります。
*手指用アルコール、
ハンドペーパー常備しています。 *ご利用のお申し込みはお電話にて
2 日前までにお願いいたします。 電話 080‐4716‐2011(中野)
※詳しい場所はお問い合わせ下さい。

Posted by 橋本 at 11:57 | この記事のURL
「手当の茶の間」開催のお知らせ [2021年06月05日(Sat)]
「手当の茶の間」
シェアスペースごじょう(まつもと子ども寮一階茶の間) にて、「手当ての茶の間」を開催します。 梅雨冷えの季節、快医学療法士の橋本俊彦さんと一緒に、 日々の生活の中で、知らず知らずのうちに身体にたまる 冷えを取り、身体をほぐしましょう。
◇日時◇2021 年6月 14 日(月)13 時~15 時
◇会場◇シェアスペースごじょう
(松本市四賀地区五常まつもと子ども寮内)
※詳しくはお問い合わせください。
◇対象◇どなたでも参加できます。事前の申込みをお願いいたします。
定員の都合上お断りすることもありますがご了承ください。
◇参加費◇ 300 円 ◇お申し込み・お問い合わせ◇
電話:080-4716-2011 (担当:中野までお申込みください。)
◇主催◇
NPO 法人まつもと子ども留学基金
(長野県松本市蟻ケ崎 1-3-7 安藤法律事務所内)
「手当の茶の間@まつもと」は、 感染症防止対策を実施して
開催します。
「赤本を読む会」と「手当て会」のお知らせ [2021年06月05日(Sat)]
7回目となる「 赤本を読む会」
開催します!
日本の家庭予防医学の手引きとして、大正〜戦前にベストセラーに
なり、一家に一冊と言われるほどに
広まった自然療法全集ともいうべき
「家庭に於ける実際的看護の秘訣予防医学」。赤いカバーから赤本とよばれました。

テーマは、「皮膚の病気」
赤本に習って学びます。
※快医学受講者のおさらい会も兼ねています。
からだの不調の見分け方と回復の方向性を探ります。
ぜひ、ご参加ください!
→ 2021年6月20日(日)
 詳細は、下記へ読み進めてください。
※こちらの勉強会はこれまで6回開催しました。
自然療法を体系化した「快医学」の2日コースの「ベーシック講座」を受講された方限定でしたが、
自然療法を広める機会にもなり得ると、関心をお持ちの皆様にもご参加いただいております。

受講料設定に、差がございますが、ご理解ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・
「#赤本を読む会」
赤本をお持ちでなくても、ご参加
いただけます。お気軽にどうぞ〜

以下、橋本先生からです。
    ↓ ↓ ↓
================

第7回テーマ 「皮膚の病気」です。
おさらいは、ライフエネルギーテスト
快医学ベーシック講座受講者へのフォローとして
「おさらい会」を不定期に実施してきましたが、名称改め、
『赤本を読む会』として再スタートしてます。
具体的には、赤本を項目ごとに読み
進めていくだけではなく、参加者の
体験、症例を持ち寄って現場のレベ
ルアップを目指していきます。
赤本とは、
『#家庭に於ける実際的看護の秘訣』の通称です。
刊行は大正14年、戦前にはどの家庭
にも一冊はあったと言われるほど広
く普及し、当時の一般家庭の健康を
一手に引き受け守っていた、と高い
評価を受け、平成の現在でも増刷さ
れている超ベストセラーです。
著者:築田多吉(つくだたきち)
元・日本海軍の衛生兵であり、多く
の傷病兵やその家族を看病・手当て
する中で、自然医療への関心を
深め、漢方や和漢薬の薬草学、
当事の様々な自然療法の情報を収
集、研究するとともに、自ら実際に
試して知識を蓄え、それらを集大成
したと言われます。
内容は
「感染症対策(特に結核について)」、
「ガンの予防と自然療法」
「脳卒中の予防法」など、
現在にも役に立つ実際的な手当て法
が多数紹介されています。
また「梅肉エキス」「卵油」作り方
なども紹介され、これらを築田多吉
自身が創案したことなど、日本の
自然療法の歴史を知る上でも
貴重な資料になっています。
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
◆とき: 2021年6月20日(日) 
     10:00〜13:00
◆ところ:
     福島県須賀川市
     銀河のほとり 
     蔵のセミナーハウス
◆講 師:橋本俊彦先生
*はしもと治療室
http://mt-hashimoto.jp/kai-care
◆参加費:
 *1000円 ベーシック講座受講者
 *2000円 一般の方(未受講者)
◆定員 8名 程度
◆申込み方法: 
次のいずれかでお願いします。
@こちらイベントページの参加ボタンを押し、蛭田あてメッセンジャー
A橋本先生あて、メールまたは電話
e-mail:info@mt-hashimoto.jp
電話1(プッシュホン) 090-3757-1998

星1参加出来ない旨のコメントは不要です。→シェアで応援いただけますとうれしいです!
アシスタント・事務局は
蛭田和代です。
  ・・・・・・・・・・・・
大丸2過去の赤本を読む会テーマ(参考)
●第1回目(2018.8/6)の内容は、
「感染症対策(特に結核について)」、
「ガンの予防と自然療法」
「脳卒中の予防法」。
それぞれについての歴史と時代背景、現代もすぐに使える対処の仕方などを学びました。
●第2回目(2018.10/13)の内容は、
「耳と鼻の病気について」
頭蓋骨調整のお手当をすることで、
症状を緩和できる方法を学びました。
●第3回目(2019.1/13)の内容は、
「感冒(かぜひき)について」
●第4回目(2019.3/10)の内容は、
「婦人科系の病気」
●第5回目(2019.11/27)
「鼻の病気」
●第6回目(2021.1/17)
「お灸」実演
================
◆14:00〜16:00
「お手当て会」です。
・温熱療法「アイロンお手当て」
・頭蓋骨〜脊柱〜仙骨の中の硬膜、くも膜の歪みをとる「頭蓋仙骨お手当て」
2つの療法の理論をお伝えし、実際に体験します。帰ってからもご家庭で使えるように技術を習得していただきます。
講師:蛭田和代
参加費:2000円
◆定員 8名 程度
◆申込み方法: 
次のいずれかでお願いします。
@こちらイベントページの参加ボタンを押し、蛭田あてメッセンジャー
A蛭田あて電話
電話1(プッシュホン)090-6450-4498(出ないときは着信があれば折り返しします。)
| 次へ
プロフィール

橋本さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/miharu1126/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miharu1126/index2_0.xml