• もっと見る
このブログは、愛知県の美浜町社会福祉協議会の活動報告や、今後の予定、募集案内等を掲載していくブログです。他にも美浜町の地域福祉活動の情報も掲載。
また災害発生時には、様々な情報をこのブログを通じて発信していく予定です。

« お米の寄付をいただきました。 | Main | 令和3年度版登録ボランティアグループ一覧表を作成しました。 »

<< 2023年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
着れなくなった消防職員の制服を変身!リメイクして「子ども消防服」が完成しました!![2021年11月08日(Mon)]
職員が退職して着られなくなった制服を、町内のボランティアがリメイクを行い、子ども用制服14着が完成したことで、令和3年10月30日(土)知多南部消防組合消防本部にて、完成お披露目会を開催しました。当日は、ボランティア家族に限定し、幼児、児童12名がリメイクした制服に袖を通しました。

消防車の前で記念写真.

知多南部消防組合では毎年子どもたちが楽しめるような行事「消防フェスティバル」を開催していますが、コロナ禍により2年続けて中止となりました。
そこで、知多南部消防組合総務課 石垣さんより「通常、退職した職員の制服は、破棄をするがもったいないと思い、何とか子ども用に出来ないか」と社会福祉協議会に相談がありました。そこで、本会、生活支援コーディネーターが、洋裁好きなボランティアを募集したところ、7名のボランティアが集まりました。
住民同士のつながりを深め、ボランティア活動を行う目的で、住民と消防組合、社協が協働で取り組みました。

開講式.

令和3年7月7日(水)知多南部消防組合にて開講式を行いました。
若い頃に通った洋裁学校で一緒だったと、50年ぶりに再会したボランティアさんもみえました。

作業風景

進み具合や、洋裁のノウハウを楽しく情報交換されていました。
また、消防服を着た女性消防職員さんも作業に参加。


自宅に持ち帰っての作業が主ですが、定期的に集まることで、ボランティア同士の絆か深くなっていくのが伝わってきました♡
コロナ禍で外出が自粛となる期間を有効に、子どもたちに着てもらう姿を想像しながら楽しく縫製されていました。

120cm、130cm、140cm子ども用制服.jpg
活動福、制服夏冬、救急服、救助服 計14着の制服が完成。

お披露目記念写真

お披露目会では、消防士になりきった子どもたちが記念撮影。

消防職員はしご登はん見学、放水体験.

消防士によるレスキュー訓練見学や放水体験等を行いました。
子どもたちからは、「水の勢いが強かったけど楽しかった」など、初めて行う体験に感動し、あこがれの消防士に変身した一日となりました。
7名のボランティアさんを始め、知多南部消防組合 水野基消防長様、石垣貴浩様、ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。

将来、消防士を目指す子どもたちが沢山増えますように。

Posted by 美浜町社協職員 at 10:36 | 事業報告(ボランティア関連事業) | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mihama-shakyo/archive/292

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
プロフィール

美浜町社会福祉協議会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/mihama-shakyo/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mihama-shakyo/index2_0.xml