CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
テーマはこんな感じ
最新の記事です
プロフィール

みえきた市民活動センターさんの画像
RSS取得
https://blog.canpan.info/miekita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miekita/index2_0.xml
QRコード
認定取得記念事業・祝賀会のご報告 [2014年09月11日(Thu)]
認定取得記念事業・祝賀会のご報告

忘れることのない、よい一日にしていただきました。支えてもらっているのを実感しました。これで、またがんばれます。ありがとうございました。

5月31日、くわなメディアライブで催した記念事業と祝賀会には、たくさんの皆様においでいただきました。また、所用で参加できない旨のご連絡やたくさんの皆様から御祝いのメッセージもたくさんいただきました。ほんとうにありがとうございました。


記念事業では、西羽先生、大塚由良美さん、近藤順子、服部則仁、細井五十鈴さん、伊藤三洋さんに、「幕末桑名藩主松平定敬」「桑名の連鶴」「北勢線とまちづくり」「市民活動応援☆きらきら基金」「福祉の店わくわく」「イヌナシの自生環境保護」という、ご自身の活動を通じた、いろいろな「まちの魅力」を語っていただきました。

ワンテーブルに座れる10名程度と思っていたのですが、スタッフを含め26名もの 皆様がお話しを聞きにおいでくださいました。また、この様子は、翌日の伊勢新聞さんの三重県内総合版でご紹介いただきました。ありがとうございました。


記念祝賀会では、52名の皆さんがおいでくださり、共に祝っていただきました。本当にありがとうございました。

冒頭、理事長の郷司より、そもそものスタートのきっかけとなった、桑名市と三重県県土整備部とによる「市民活動交流会」による平成の町割り会や、法人化後の「まちかど博物館」などのお話しもさせていただき、認定NPO法人の寄附控除についても触れさせていただきました。

また、みっくみえの松岡さんから、行政の手が届かないところに市民が関わることについて、きらきら基金運営委員の小川さんより、人口減少で地域が消えていくことについて、東員町長の水谷敏郎さんより、市民の取り組みを支えていくということについて、それぞれに大切なお話しをいただきました。

桑名市長伊藤なるたかさん、いなべ市長日沖靖さんからの応援メッセージもご披露させていただき、理事長の小笠原からはゆめはまちゃん音頭を紹介させていただき、みんなで輪になって踊りました。^^;

名古屋のNPO会計が専門分野の税理士中尾さゆりさんや、四日市のささえあい基金の金憲裕さん、熊野からは東紀州コミュニテイセンターの端無徹也さんはじめ、ご来場いただいた52名のうち35名の皆様には、心をこめたスピーチをいただきました。本当にありがとうございました。時間が足りずお話しいただけなかった皆様、ごめんなさい。m(__)m


お帰りの際に、33人の方に34個の、カエル・こぶたなどのきらきら基金募金箱をお持ちかえりいただけました。今期は更に「子熊・子こぶた・子カエル」バージョンが増えました。これまでに13個の募金箱を設置いただいています。またその後も増えて、いまでは60個以上の募金箱がこの一帯に置いてもらっています。

実はあと40個ほど、「カエル・こぶた・子熊・子こぶた・子カエル」の募金箱を用意しています。^^;

「記念会には参加できなかったけれど、募金を集めてやろう!」という方がおられましたらご連絡ください。そして、これを持って次の助成事業のときに是非おいでくださいね。ご寄附をどういう人がどのように使うかが、はっきり見ていただけると思います。


ご協賛いただきました、まちのファンクラブさん、いなべ子ども活動支援センターさん、生ごみリサイクル思考の会さん、瑞宝産業株式会社さん、ありがとうございました。

あらためて、「市民活動応援」「きらきら」という、よくわからないものを信じ、いっしょに乗ってくれて、支えていただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様からの応援を力とし糧として、今回取得した寄附控除の制度を活かし、市民活動の現場にたくさんの応援を届けていきたいと思います。





Posted by のきは at 14:19
この記事のURL
https://blog.canpan.info/miekita/archive/246