CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
テーマはこんな感じ
最新の記事です
プロフィール

みえきた市民活動センターさんの画像
RSS取得
https://blog.canpan.info/miekita/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miekita/index2_0.xml
QRコード
2012年10月16日第4回市民活動応援☆きらきら基金運営委員会 [2012年11月16日(Fri)]
第4回 市民活動応援☆きらきら基金運営委員会

 2012年10月16日 午後7時より9時過ぎまで いなべ市市民活動センター
 参加者:(15名)

○報告

1.郵便株式会社の助成に応募し、4年間、毎年40万円ずつの運営費を確保したい。
・たくさんの団体が入ったフルカラーのパンフ 20万円程度
・助成の事業費(広報・会場設営、他) 10万円程度
・諸経費(通信・諸経費・事務局人件費)10万円程度

1.三重県が条例指定の認定制度を、来年度本格的に取り組む。
・これにあわせて認定を受けるスケジュールを組むことになる。

1.全国各地で、都道府県単位のいろいろな基金が一斉にできてきている。
・岡山、沖縄、和歌山、茨城、兵庫。いわゆる京都の財団方式が主流。
・愛知でも、発起人を呼びかけ中。四日市でもできそうだ。

○基金をどうやっていくかについて(戦略)についての意見交換

・とにかく、チラシをつくって、郵便局の口座をつくって、振込用紙をつくって、それを持ってたくさんの人たちに、きらきら基金を知ってもらう。寄付箱をつくり、寄付をお願いする。
・ピークをどこに持ってくるかで迷っている。他者に寄付をお願いするのは1回しかムリ。そのタイミングをはかりかねている。
・日本一小さくてしっかりした基金をめざしたい。
・取材して、団体の紹介をしっかりやっていく。基金をつくつて団体を探すのではなく、応援したい団体があって、基金ができてくる形。

○募金をどうしていくか
・迷っているが、他者に振込用紙をわたして頼み込むのは、ちょっと待ちたい。
・現状、13万円ほどの助成原資が集まっている。30万円を目標とするとあと13万円。
・チャリティイベントをやって寄付金を集めるとすれば、どんなことがあるか。
・家にある使い損じはがきやお年玉切手を集めて寄付してもらう。交換手数料や換金の費用?
・それまでは、地道にやっていく。

○事前の投票について
・「200円で応援する」というやり方。団体の紹介チラシと共に、80円の郵便切手を一口として郵送で投票してもらう形。郵送代も負担してもらう。
・3月9日は、1分間アピールでもなんでも、できるだけたくさんの団体に出てもらう。
・出れない団体は、掲示で紹介する。
・当日もチャリティを行う。
・ひきつづき、いろいろなやり方を検討していく。

○基金のめざす姿の項目について、ひとつひとつやり方を検討する。(別表のとおり)

・いろいろな意見をもっと出して、検討をつづける。

○きらきら基金の基本の、各団体の調査をしっかり進めていく。

Posted by のきは at 10:36
この記事のURL
https://blog.canpan.info/miekita/archive/144