• もっと見る
« 2024年04月 | Main | 2024年06月 »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
サツキ[2024年05月23日(Thu)]
サツキ240522 出会いの辻 (2).JPGサツキ240522 出会いの辻 (4).JPG
おゆみの道のところどころでサツキが花盛りです。写真はおゆみの道と中の道との交 差点「出会いの辻」です。サツキは大百池公園城の台の信号側斜面が見事だったので すが、今では雑木や笹に負けてしまい惨めな状態です。おゆみの道にはツツジの仲間 3種が植えられています。ツツジの仲間はたくさんの品種、系統がありますので、 姿・形でそれを言い当てるのは素人にはとても無理なので、咲く時期で大まか判断し ています。一番早く咲くのがクルメツツジで、次にヒラドツツジ(オオムラサキ)、 最後に咲くのがサツキです。 (おゆみの道のツツジは植栽図にて確認していますので間違いありません。)サツキ は旧暦5月(皐月)のころ咲くのでこの名が付いたとされています。ずいぶん前です が、サツキの盆栽が一大ブームとなり猫も杓子も育てた時代もありましたが、今では 落ち着いているようです。「空模様あやふやにして皐月咲く(高澤良一)」
ミシシッピアカミミガメ[2024年05月22日(Wed)]
ミシシッピアカミミガメ240521大百池公園 (1).JPGミシシッピアカミミガメ240521大百池公園 (2).JPG
大百池公園Mr.MAX側遊歩道でミシシッピアカミミガメに会いました。大百池から優に 100m以上も離れているところです。頭は池の反対方向を向いていましたので、さらに 遠くを目指していたはずです。産卵に行く途中なのでしょうか。なぜだかわかりませ んが、思いのほか遠くまで出かけて産卵するようです。それでも産んだ親も、生まれ た子亀も池を戻ることが出来る能力を持っているようです。ミシシッピアカミミガメ は名前の通りアメリカ大陸原産ですが、北は北海道から南は沖縄本島まで全都道府県 にくまなく生息しており、普段見るカメはほとんどこれで在来種のイシガメは滅多に みられません。昨年、条件付き特定外来生物に指定されました。飼育することは許さ れていますが、飽きたからといて野外に放流することは違法となりました。
ウツギ[2024年05月21日(Tue)]
ウツギ240521有吉 (3).JPGウツギ240521有吉 (1).JPG
有吉公園遊具広場のベンチの脇でウツギが花盛りです。大百池公園や泉谷公園でもこ の花を見ることが出来ます。アジサイ科ウツギ属の落葉低木で道南以南の列島各地に 自生していますが、民家の生垣や畑の境界と知らない方はあまり多くないと思いま す。卯月(4月)に咲くからこの名が付いたとされています。「卯の花の匂う垣根 に・・」という歌の「匂う」は嗅覚ではなく視覚的に目立つことであることはたまに 話題になります。話は飛びますが、源氏物語の主要な登場人物に薫大将と匂宮がいま す。いずれも嗅覚の名前ですが、薫は「自然の体臭による芳香」、匂宮は「人工的は 芳香」とありました。源氏物語は読んでいませんので事の真偽は分かりませんが、古 語辞典に書かれているのですから本当なんでしょう。
エゴノキ[2024年05月20日(Mon)]
エゴノキ240519城の台1 (5).JPGエゴノキ240519城の台1 (1).JPG
大百池公園城ノ台のお花見広場でエゴノキが満開です。エゴノキはおゆみの道の途中 や泉谷公園の広場にも何本かありますが、なぜかいずれも元気がありません。エゴノ キ科エゴノキ属の落葉小高木で全国の丘陵地は雑木林に辞しえしていますが、庭木や 公園樹としても広く使われています。下向きについて白い花も魅力的ですが、秋に なって大きな種子を一つだけ付けた実が鈴なりにぶら下がっているのもまた見事で す。この実はヤマガラの好物してもよく知られています。この果皮には有毒成分を含 んでいるのですが、木の上でこれを起用にはがしている光景はバードウォッチャーに とってなじみの光景です。「えごの花虻のお尻の大きこと(高澤良一)」
花苗植え付け[2024年05月19日(Sun)]
5月18日第一花壇植付け3.jpg5月18日第二花壇植付け3.jpg
18日土曜日、有吉公園での美化活動のあとしばらく休憩し泉谷公園の2つの花壇に花 苗の植え付けを行いました。花苗は千葉市より供給されたもので、マリーゴールド、 ペチュニア、ベゴニア3種で各65株、二つの花壇で130株です。いつもは、午前中に行 いますので、家族連れの飛び入り参加もありにぎやかになっていました、しかし、こ の日は、公園内での草刈り作業もあり、公園来訪者はほぼゼロで大人ばかりの植え付 けとなりました。先週、今まで楽しませてくれた草花を取り除き、腐葉土や肥料を入 れ、十分耕してありましたので、あっという間に終わってしましました。しばらくた てば根も落ち着いて私たちを楽しませてくれるはずです、
美化活動[2024年05月19日(Sun)]
5月18日有吉公園美化活動2.jpg5月18日有吉公園美化活動5.jpg
18日土曜日、有吉公園にて美化活動を行いました。ゴミはいつもに比べればずいぶん 少なかったのですが、それでも2袋ありました。ゴミがなかったなどということは夢 のまた夢ということでしょうか。この日主力の作業は民家側遊歩道沿いの植栽の刈込 とそれらにまとわりついているクズの処理です。この場所のクズの駆除は昨年から取 り組んでいるのですが、何せ成長が早く、アメリカでは侵略的外来種として手を焼い ている植物です。1度や、2度の作業で駆除できるほどヤワではありません。息災の中 に潜り込んで、地際近くの木質化した3cmほどの茎をカットしました。気づく限りの 地上部を取り除き、とりあえずサッパリさせましたが、時間の問題かもしれません。 あきらめずに続けます。
カメムシ警報[2024年05月18日(Sat)]
チャバネカメムシ240517泉谷 (1).JPGチャバネカメムシ240517泉谷 (2).JPG
1週間ほど前、カメムシ注意報が出たそうです。定点観測で例年の7倍ものカメムシが 発生しており、ビワをはじめ果樹に相当の被害が想定されるため発せられたそうで す。大量発生の原因は温暖化により越冬個体が多かったこと、(これは納得できるの ですが)、カメムシのエサとなるスギやヒノキの実が多かったためとありました。カ メムシは果物や野菜の汁を吸う美食家と思っていたのですが、スギやヒノキの実を食 べるとは知りませんでした。いっそのこと、実ではなく花粉を飛ばす雄花を集中的に 食べてくれれば、今頃「益虫」だったのに残念なことです。写真は泉谷公園六通側外 周道路脇にあるビワの木です。お食事のあとだったのか、留守でたった1匹しか会う ことが出来ませんでした。それもどこも傷がついてない実の近くで。ほとんどの実は 被害を受け、傷つき、いびつな形になっているのにです。種類はクサギカメムシと思 います。
アゼナルコ[2024年05月17日(Fri)]
アゼナルコ240516泉谷 (2).JPGアゼナルコ240516泉谷 (4).JPG
泉谷公園下ノ池のほとりで目につく草があります。名前を調べたらアゼナルコという らしいです。カヤツリグサ科スゲ属の多年草で当方句以南の湿地に自生している在来 種とありました。カヤツリグサ科はイネ科と並ぶ大所帯で、なおお互いに似ているも のが多く識別が大変です。なかでもスゲ属は植物界で最も多くの種が属しており世界 で2千種、国内でも200種の大所帯で、識別が難しいので有名です。スゲ属の茎の断 面は3角形であり、鳴子の形をした小穂が数個たれ下がっていますのでアゼナルコは 分かりやすいです。スゲについて意外な情報をネットで見つけました。万葉集ではハ ギ、アシに次いでたくさん詠まれている植物だそうです。真偽のほどは分かりませ ん。
カモガヤ[2024年05月16日(Thu)]
カモがヤ240506おゆみの道 (2).JPGカモがヤ240506おゆみの道 (1).JPG
木々の緑も濃くなるとともに、遊歩道脇の雑草の勢いも旺盛でたくさんの花をつけて います。その多くはイネ科植物ですが、素人には見分けがつかない種が多いので厄介 といえば厄介です。その中でも比較的わかりやすい姿をしているのかカモガヤです。 明治の早い時期に牧草として持ち込まれ、オーチャ−ドグラスという名前の方が通り が良いようです。耐暑、耐陰、耐旱などの性質があり、さらに栄養価、収量などで牧 草としては価値ある植物ですが、一旦牧草地以外に出ると、どこまでも広がり在来の 植物を圧迫していますので「日本の侵略的外来生物ワースト100」に指定されていま す。さらに、花粉症の原因ともなっていますので好感を持つ人はあまりいないようで す。
シャリンバイ[2024年05月15日(Wed)]
シャリンバイ240514泉谷公園 (3).JPGシャリンバイ240514泉谷公園 (1).JPG
泉谷公園や有吉公園のところどころでシャリンバイが咲いています。バラ科シャリン バイ属の常緑低木で陽北南部以南が自生地のようです。比較的育てやすいので公園樹 としてよく使われているそうです。秋には少し粉を吹いたような黒紫色の実をびっし りつけます。これを小鳥たちが運ぶのでしょうか、植え込みの中で発芽育ったシャリ ンバイが本来の植生をしのぐほどになったところも何か所か泉谷公園の中で見られま す。
検索
検索語句
最新コメント
土江 光男
アゲハチョウ (07/08)
モクレン (04/15)
モクレン (04/15) y.
アカボシゴマダラとミスジチョウ (03/25) 土江 光男
ツバキ (02/15)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml