• もっと見る
« 2023年11月 | Main | 2024年01月 »
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
活動予定[2023年12月31日(Sun)]
活動予定2401(改).jpg活動予定2402.jpg
24年1月と24年2月の活動予定を掲載いたします。
ツグミ[2023年12月30日(Sat)]
ツグミ231229南生実 (1).JPGツグミ231229南生実a (1).JPG
大百池公園のすぐ脇の空き地でツグミがエサを探していました。ツグミはシベリア地 方が繁殖地で越冬のため日本にわたってきます。その多くは、日本海をダイレクトに 山陰や北陸にわたり、その後太平洋岸に散らばるようです。渡りの途中、カスミ網で 捕獲された鳥は毎年数百万羽ともいわれています。戦後まもなくツグミは狩猟鳥から 外され、カスミ網猟も禁止されましたが、カスミ網自体の製造、販売は禁止されませ んでしたので半ば公然と密猟が続きました。70年代に行った野鳥の会の調査では岐阜 県だけでも1000カ所もの「トヤバ」が見つかったそうです。今では、販売も禁止され ましたが、今なお、密猟の話を聞くことがあります。ツグミの俳句を検索すると、網 にかかったツグミ、食べられるツグミが数多く詠まれています。「あはれ鶫(つぐ み)時雨の網に嘴を垂れ(水原秋櫻子)」
カキノキ[2023年12月29日(Fri)]
カキノキ231228泉谷 (1).JPGカキノキ231228泉谷公園 (2).JPG
泉谷公園こやつ口近くのカキノキがたわわに実をつけています。あまり太い木ではな いのですがひょろ高く、高いところに実をつけていますので、普通に歩いていたら気 が付きません。ヒヨドリやツグミそしてメジロなどが入れ替わり立ち代わりせわしな く熟した実をつついているのですが、うまく彼らの姿をとらえることが出来ませんで した。今年はほかのエサとなる実が豊富なのか、まだてつかずの柿の実がたくさん 残っていますので、しばらくは野鳥の食事場としてにぎわいそうです。
オオバン[2023年12月28日(Thu)]
オオバン31220大百池公園 (1).JPGオオバン31220大百池公園 (2).JPG
今年もたくさんのオオバンが大百池にやってきています。個体数ではカルガモとトッ プを争っています。このところ全国的にもその数を増やしていますが、その原因はよ く分かっていないようです。まっくろな体とオデコの白い模様が特徴で見間違えるこ とはありません。まっ黒な羽根を持つ鳥はカラスやツルなどがありますが、よく見る と2種類あるそうです。カラスの羽は黒いのですが、太陽光を反射し熱吸収が少ない ので夏でも大丈夫とありました。一方高地や北の方に住むツルなどは熱吸収しやすい ように反射しない黒とありました。しかし、平地に棲むオオバンが熱吸収しやすい黒 なのはよくわからないとありました。見慣れた鳥ですが、わからないことが多い鳥の ようです。
オナガガモ[2023年12月27日(Wed)]
オナガガモ231224 大百池(3).JPGオナガガモ231224 大百池(1).JPG
今年も大百池にオナガガモがやってきました。カモの中ではすらりとしており端正で 美しいと思います。このところ毎年たった1羽だけやってくるのですが、同一個体か どうかは分かりません。寒帯やのツンドラ地域が繁殖地で越冬のため温帯地方にやっ てくるのですが、個体数が多く珍しい部類ではないようです。繁殖地がほぼ人が住ま ない地域で人を見たことがないので、人を怖れないで近づいてくるとありました。人 を見たことないので、近づいてこないという考えもあるようにおもいますが、サント リ―「鳥百科」に書いてありますので本当のことと思います。
ムクドリ[2023年12月26日(Tue)]
ムクドリ231221おゆみの道.JPGムクドリ231225おゆみの道 (4).JPG
おゆみの道のナンキンハゼの実をムクドリが群れになって食べていました。ムクドリ は全国の人里近くに生息しています。その食性は雑食性ですが1年に百万匹以上の虫 をとらえるそうで農薬がない時代の農家にとって、とても役に立つ野鳥でした。しか し、宅地開発などでその生息域を奪われ都市部に進出したムクドリは大群になっての ねぐら入りの騒音やフン害で立場が一転してしまいました。もっとも、群れになって おしゃべりしているさまを嫌ったのは昔からのようです。「椋鳥と人に呼ばるる寒さ かな(一茶)」。一茶の時代、地方から出てきた出稼ぎものをムクドリと呼び蔑んだ そうです。仲間内でかたまり(江戸っ子にとって)下品な言葉をしゃべっているさま をなぞらえたのです。東京に出てきたころ名古屋弁をずいぶん馬鹿にされたことを思 い出しました。
クサギカメムシ[2023年12月25日(Mon)]
クサギカメムシ231216城の台.JPG
大百池公園城の台の森の中で大きなカメムシに会いました。似た外来種もいるようで すが、在来種のクサギカメムシと思います。(写真写りがあまり良くなくて自信はな いのですが・・・。)クサギに付くカメムシとしてこの名が付きました。しかし、そ れに限らず多くの種類の植物につきますが、農業分野では豆類と果樹の害虫として重 要視されているそうです。夏に孵化した幼虫は成虫となり、その形で越冬し、夏ごろ までにその一生を終えるそうです。越冬の場所は朽ち木の隙間や樹皮の下などです が、時に人家の中にも侵入することがあるようです。特有の汚臭を発しますし、分泌 物は皮膚炎を起こすともいわれていますので、不快害虫でもあり衛生害虫でもありま す。人にとっては厄介な生きものですが、生態系の中ではそれなりの役割を果してい るものと思われます。
トベラ[2023年12月24日(Sun)]
トベラ231221泉谷 (3).JPGトベラ231221泉谷 (1).JPG
泉谷公園の入り口あたりでトベラが赤い実をつけています。実が熟して果皮が3つに 分かれ中から粘液に包まれた赤い種子が露出しています。ヒヨドリなどのクチバシに 付着してその分布を広げているそうです。トベラはトベラ科トベラ属の常緑小高木で 東北以南の海岸近くが自生地ですが、公園樹、街路樹そして生け垣などに広く利用さ れています。この木全体に臭気があるためヒイラギの代わりに節分などに厄除けとし て使う地方もあるそうです。名前の由来は、これを厄除けとして扉に挿したので「扉 の木」と呼ばれていたのが、トビラ⇒トベラになったとありました。学名は Pittosporum tobiraでまさに扉そのものです。
カワセミ[2023年12月23日(Sat)]
カワセミ231220大百池公園 (2).JPGカワセミ231220大百池公園 (4).JPG
このところカワセミによく会います。この写真は大百池ですが、泉谷公園やその途中 のおゆみの道の水路脇などでも会うことができます。しかしその中でも大百池が一番 あえるチャンスが多いように思います。池のふちのサクラや中の島の雑木そしてヒメ ガマなどにとまって水面を眺めています。移動するときにはチーー!と鳴き声を上げ ますのでその方向をながめれば見つけられます。カワセミは渓流の宝石ともてはやさ れることもありますが、その生息域は意外に人里近くにまで広がっているようです。 カワセミの雄雌はクチバシで見分けることができます。写真のくちばしは黒いのでオ スです、メスはクチバシの下が赤です。
カクレミノ[2023年12月22日(Fri)]
カクレミノ231220 (1).JPGカクレミノ231220 (2).JPGカクレミノ231220 (5).JPG
大百池のふちでカクレミノが実をつけています。ウコギ科カクレミノ属の常緑小高木 で関東地方以西が自生地だそうです。これの葉を「天狗の隠れ蓑」に見立ててこの名 が付いたとあります。普通、植物の葉の形は同じ種類であれば大きさはともかく形は 基本的にはあまり変わりません。1本のカクレミノの木の下に落ちている葉は拾って 並べてみました。3裂した葉から丸っこい葉まで様々です。ものの本によれば、若い 樹木では3〜5裂の葉がおおく、成木になるにつれ2〜3裂の葉になりさらには卵型から 円形まで様々な形の葉になるとありました。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
土江 光男
ツバキ (02/15) 土江
稲穂 (07/27) 葛西行彦
ルリビタキ (02/24)
美化活動その後 (01/28) 大川多香子
美化活動 (01/22)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml