• もっと見る
« 2023年06月 | Main | 2023年08月 »
<< 2023年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
活動予定[2023年07月31日(Mon)]
8月と9月の活動予定を掲載いたします。明日よりキツネノカミソリ観賞旬間としてあ りますが、7月31日現在まだ咲いていません。週末ごろには咲き始め、月遅れお盆の 頃が盛りと思われますので、そのころにお越し下さい。参考までに昨年の開花状況調 査の結果を添付します。
ウバユリ[2023年07月30日(Sun)]
ウバユリ2307230城の台 (1).JPGウバユリ2307230城の台 (3).JPG
大百池公園城の台でウバユリが咲き始めました。トイレのすぐ隣です。ウバユリはユ リの仲間で日本固有種とされています。関東以西の山野でよく見られ、鱗茎は食用に されていたそうですので、あまり珍しい植物ではなかったようです。しかし、残念な がら御多分に漏れず減少しており、千葉市レッドブックでは最重要保護生物に指定し ています。ヤマユリと同じように地下に鱗茎(球根)を持っており、タネから花を咲 かせるまで育つには数年を要するといわれています。ヤマユリと違うのは一度花を咲 かせると元の鱗茎はなくなり、新しく小さな鱗茎をいくつかつくることです。双六の 降り出しに戻った感じでまた数年間栄養をたくわえなければなりません。ここのウバ ユリは3本蕾をつけていますが、来年見られるかどうかは全くわかりません。一見の 価値はあると思いますので、暑いなかですが、お出かけください。
花壇への水やり[2023年07月30日(Sun)]
アジサイロード灌水230729大百池公園 (4).JPGアジサイロード灌水230729大百池公園 (5).JPG
このところ暑い日が続きます。気象庁の記録を見ると7月1日の最高気温は27.9℃だっ たのですがそれ以降はほぼ30℃以上の日が続き、30℃を割ったのはたった1日だけ、 猛暑日は4日もありました。 (この暑さ続きでたった4日だけ?と思いたくなりますが・・・)たまに夕立でもあ れば涼しくなるのですが、雨もさっぱりです、気象庁の記録では21日に3.5mm降った ことになっていますが、おゆみ野には降りませんでしたので、7月6日以来もう3週間 もありません。前置きが長くなりましたが、そんなわけで公園の草原も街路樹もかな り被害が出てきています。わたしたちが管理している花壇などには気が付くたび灌水 しているのですが、とても追いついていませんので、29日大掛かりな灌水作業を行い ました。泉谷公園の2つの花壇はポンプで揚水、泉谷公園圃場と大百池公園アジサイ ロードは給水所から運び込みましたが、いずれも炎天下の作業で水は意外に重くずい ぶん汗をかきました。これで少しは延命したと思いますが、さていつまで持つのや ら、と云う感じです。この作業には9名が参加しました。
サルスベリ[2023年07月29日(Sat)]
P1000004.jpgサルスベリ230728泉橋下 (1).JPG
大百池公園駐車場脇でサルスベリが咲いています(写真A)。奇妙なことに右半分に 花が集中し左半分はほとんど見られません。サルスベリは中国原産ですが、花が少な い暑い時期に長い間花を咲かせますので、家庭樹、公園樹、街路樹として人気のある 樹木です。有吉のバス通りは何種類ものサルスベリが競うように花をつけています。 おゆみの道では泉谷公園の手前泉谷小学校の斜面にこれが数本あり、毎年花を楽しま せてくれているのですが、今年はさっぱりです(写真B)。近づいて眺めてみてもツ ボミらしきものも見当たりません。例年ほかの樹木より遅れて咲いていたかどうか記 憶がありませんが、多少心配です。
クモ[2023年07月28日(Fri)]
カニグモ?230727城の台 (1).JPGカニグモ?230727城の台 (2).JPG
大百池公園城ノ台のトイレの中で1pに満たない小さなクモに会いました。ぷっくり としたお腹が特徴的なのですぐ分かると思い、図鑑であれこれ御調べました。似たよ うな雲はあるのですが、決め手になるものがありません。たどり着いたのが、カニグ モの仲間かな?という程度ですが、それも定かではありません。クモの世界も難しい です。
稲穂[2023年07月27日(Thu)]
稲穂230726南生実 (2).JPG稲穂230726南生実 (1).JPG
大百池公園隣の田んぼの稲がたわわに稔っています。いつもより田植えが早かったの で、稔るのが早くても不思議ではありませんが、この分では(素人で分かりません が)月遅れお盆前に稲刈りとなるのかもしれません。高知や沖縄では年に2回稲を栽 培収穫する二期作が行われていたと子どもの頃学校で習いました。温暖化が進行した 今では、この辺りでも二期作ができるのではと思います。世界的には食糧危機で穀物 の増産は急務の課題ですが、コメ離れが進行し、一定量のコメの輸入を約束している 日本の農政当局にしてはこれ以上のコメの生産は飛んでもない話と考えているようで す。何かおかしいと思います。
草原の生きもの調べ?[2023年07月26日(Wed)]
できるだけ多くの生きものと共存できる環境を守り続けるため、公園の草原の全面一 斉刈り取りをやめ一部を刈り残すことを公園事務所に提案し、実験的に実施していた だいたことは既に報告しましたが、今回2回目の生きもの調べを行いました。日照り が続いていますので、刈り取った区域、刈り残した区域とも一部裸地になっていると ころが目立ちます。さらに刈り残したところは広い範囲でハルジオン群落の枯れこみ が目立つようになっています。それらに棲む生き物はまだ刈り残したところが多いで すが、その差は少なくなっています。刈り残したところがバッタなどの生きものに とって避難場所になったと考えたいのですが、いかがでしょうか。
クサギ[2023年07月25日(Tue)]
クサギ230724泉谷 (1).JPGクサギ230724泉谷 (3).JPG
泉谷公園上ノ池のフェンス向こうでクサギが花盛りです。クサギはシソ科クサギ属の 落葉低木で全国の明るい山野に自生しています。名前の通り、茎や葉は不快臭を発し ていますが、湯掻けば取れますので山菜として利用する地方もあるようです。この時 期になると葉から出る匂いはあまり気が付かなくなりますし、花からは甘い芳香を発 して多くの昆虫をひきつけています。人にとっての不快臭も甘い芳香もクサギにとっ てはわかりやすい生存戦略です。
アオモンイトトンボ[2023年07月25日(Tue)]
アオモンイトトンボ230722泉谷 (2).JPGアオモンイトトンボ230722泉谷.JPG
泉谷公園下ノ池のオオガハスの葉っぱの上でイトトンボが休んでいました。体長3p ほどでアオモンイトトンボと思います。全国の人里近くの水辺で最も普通にみられる イトトンボだそうです。したがって、というわけではありませんが、泉谷公園や大百 池公園の水際でよく見られます。しかし飛翔能力が強いとは思えませんので、岸辺の 環境が大きく変わると住み続けることができなくなってしまいます。ごく普通の生き ものがごく当たり前に観察できる環境を保っていくことは大事なことだと思います。
アオモンイトトンボ[2023年07月24日(Mon)]
アオモンイトトンボ230722泉谷 (2).JPGアオモンイトトンボ230722泉谷.JPG
泉谷公園下ノ池のオオガハスの葉っぱの上でイトトンボが休んでいました。体長3p ほどでアオモンイトトンボと思います。全国の人里近くの水辺で最も普通にみられる イトトンボだそうです。したがって、というわけではありませんが、泉谷公園や大百 池公園の水際でよく見られます。しかし飛翔能力が強いとは思えませんので、岸辺の 環境が大きく変わると住み続けることができなくなってしまいます。ごく普通の生き ものがごく当たり前に観察できる環境を保っていくことは大事なことだと思います。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント

モクレン (04/15)
モクレン (04/15) y.
アカボシゴマダラとミスジチョウ (03/25) 土江 光男
ツバキ (02/15) 土江
稲穂 (07/27)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml