CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年08月 | Main | 2021年10月 »
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
十月と十一月の活動予定[2021年09月30日(Thu)]
十月と十一月の活動予定を掲載します。
ヒメジョオン[2021年09月29日(Wed)]
ヒメジョオン210929おゆみの道 (3).JPGヒメジョオン210929おゆみの道 (2).JPG
おゆみの道の城ノ台への登り口近くでヒメジョオンが咲いています。他の場所でも 所々で見られます。キク科植物で明治のころ観賞用として持ち込まれましたが、たち どころに雑草として全国に広がったそうです。1株で種子を4万個以上もつけ、その 寿命は30年以上といいます。またその生活型も1年草、2年草さらに多年草と環境に柔 軟に対応できるようです。別名はたくさんあり面白いです。ゴイシングサ(御維新 草)、メイジグサ(明治草)、テツドウグサ(鉄道草)は明治維新のころ渡来し、西 洋文明の広がりとともに生息域を拡大したことからの命名と思われます。ビンボウグ サ(貧乏草)は手入れもできない庭にはびこっているさまでしょうし、カイコンソウ (開墾草)は開墾したやせ地でも真っ先に生えてくるからでしょうか。センソウクサ (戦争草)ハイセンソウ(敗戦草)、シュウセンソウ(終戦草)は空襲で焼け野原に なったところでも目立っていたものと思われます。これらの名前は必ずしもヒメジョ オンだけをさすのではなく、ほかの植物をさすこともあります。
オオスズメバチ[2021年09月28日(Tue)]
オオスズメバチ210928泉谷 (4).JPGオオスズメバチ210928泉谷 (3).JPGオオスズメバチ210928泉谷 (1).JPG
泉谷公園すずかげ口から降りてきた途中左側の樹木の根元付近にスズメバチが6匹樹 液を吸っていました。大きさや体の模様からしてオオスズメバチと思われます。日本 全国に分布し、世界最でおそらく最強のスズメバチとされています。非常に攻撃的な 性格で我が国における最も危険な生きものとされています。特に今からのシーズンは 徐々にエサが少なくなってきますので一番危ない時期です。通路からすぐ近くなの で、「スズメバチ危険」の標識を立てましたので注意して通ってください。
こまったもの[2021年09月28日(Tue)]
水仙花壇草取り210927 (9).JPG
扇田小学校御横の水路にチラシが散らばっていました。新聞紙は1枚でイオンのおな じチラシが10数枚です。わざわざここまで同じチラシをもってきてばらまく動機は何 なのでしょうか。あるいは運搬途上に何かの過失でここで落ちたのでしょうか。落ち ているゴミにもいろいろなものがありますが、発生した状況が想定しにくいものもま まあります。
水仙花壇の草取り[2021年09月27日(Mon)]
水仙花壇草取り210927 (8).JPG水仙花壇草取り210927 (10).JPG
27日、中学校体育館の向かいにある水仙花壇3か所と扇田小脇にある水仙ロードの草 取りを行いました。スイセンはもうそろそろ芽をだし寒い時期な長い間花を咲かせ楽 しませてくれます。雑草やさしの中に埋まっていたのではせっかくの花が楽しめませ んので、急遽思い立って草刈りを行いました。すでに気が早いスイセンは10pほども 葉を伸ばしていますので、そうしたところは手作業で丁寧に、その他のところはバッ テリー式刈り払い機でさっぱりさせました。この日の作業には8名が参加しました。
自然観察会[2021年09月26日(Sun)]
25日土曜日、自然観察会「秋の虫と仲良くなろう!」を泉谷公園にて開催しました。 この日はいつものメンバーのほか親子連れ、小学生など24名が参加しにぎやかに行 われました。水辺、くさはら、森の中と環境が異なる場所ごとに虫を探し、お互いに 名前を教えあいしましたが、小学生の昆虫博士が物知りで案内人もたじたじでした。 この日の観察会はどんな環境にどんな虫がいて、それぞれがほかの生きものとどのよ うな関係にあるのかを知るきっかけになることを願って行いました。チョウやバッタ そしてトンボなど日ごろ見慣れた虫たちでもたくさんの種類があることを知りまし た。ピラカンサにたかるガの幼虫(毛虫)や森の中に仕掛けたトラップの中の腐肉に 集まる虫たちなどに顔をしかめたり、鼻をつまみながら観察し、それぞれが環境の中 で果たしている役割の一端を観察することができました。
ツマグロヒョウモン[2021年09月25日(Sat)]
ツマグロヒョウモン210919南生実.JPG
南生実の畑でツマグロヒョウモンにあいました。濃い豹紋柄の翅の先が黒くその中に 白い線がある美しい蝶です。翅の先が黒いのが名前のいわれとされていますが、これ はメスの特徴でオスには白黒の紋様はないそうです。メスの特徴が種の名前になって いるのは珍しいように思います。(乏しい知識の中での思いですので確かではありま せん。)このチョウの幼虫はスミレの仲間を食草としますので泉谷公園やおゆみの道 でも会うことがあります。本来の生息地は本州南西部ですが、北上を続けていること でも有名です。環境省の「生きものみっけ2017」によりますとすでに新潟県から 南東北にまで北上していると記載されています。その原因は温暖化説が有力ですが、 園芸ブームでパンジー(スミレの仲間)の苗について北上したとの説もあるそうで す。
こまったこと2例[2021年09月24日(Fri)]
210923泉谷駐車場.JPG210923ギンナン.JPG
写真Aは泉谷公園の駐車場です。駐車場の脇に石というか岩の小さいのというのかわ かりませんが、たくさん並べてあります。中にはガラスや陶器の欠片もありました。 家の庭にあって邪魔になったからここに持ち込んだのでしょうか。どうするべきか考 え込んでいます。写真Bは大百池公園イチョウの実の果皮です。果実から種を取った 果皮を所々にまとめてはあるのですが放置してあります。このため辺り一面汚臭が 漂っています。せっかく実りの秋の恵みを受け取るのであれば、あとかたづけぐらい はしっかりして、公園利用者の迷惑にならないようにいてほしいものです。
アレチヌスビトハギ[2021年09月23日(Thu)]
アレチヌスビトハギ210922有吉 (1).JPGアレチヌスビトハギ210922有吉 (2).JPG
有吉公園民家側遊歩道の脇でアレチヌスビトハギが花盛りです。ハギに似て紅紫色の 小さな花をたくさんつけています。北米原産のマメ科植物で、在来種のヌスビトハギ の仲間です。ヌスビトハギの果実は扁平でちょうどメガネの様に二つの節にくびれて いますが、此方は3〜6ぐらいまでにくびれます。これは容易な識別ポインドです。 国立環境研究所の侵入情報によりますと、1965年に大阪で確認されたとあり、北 関東、東北など一部の県を除きほぼ全国に広がっているそうです。この植物はセイタ カアワダチソウと同じように他の植物の成長を抑制する物質を放出する作用(アレロ パシー)を持つようです。そのせいなのか、年々勢いが良くなっているように思われ ます。クチナシが負けてしまうとおもいますので、対策が必要かもしれません。
ザリガニ駆除[2021年09月22日(Wed)]
ザリガニ駆除210920泉谷 (1).JPG
20日、今年初めて泉谷公園ビオトープでアメリカザリガニ駆除を行いました。ずい ぶんさぼっていましたので、上から見ても赤い大きなザリガニが何匹も見られるほど になってしまいました。戦果は67匹で好成績とは言えませんでした。この日は休日 で、親子でザリガニ釣りをする姿が何組か見かけられました。そのうちお父さんと子 供二人のグループに赤くて大きいザリガニ4匹をプレゼントしました。お父さんには ザリガニが死ぬまで飼い続けていただくとの約束をしていただきました。次の日、ビ オトープを覗いたら、赤いザリガニが数匹見られました。駆除も思い付きではなく切 れ間なく実施する必要があることを知りました。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
土江
コバネイナゴ (09/16) 土江
稲刈り (09/03) 土江 
カルガモ親子 (06/27) 土江
クズ (06/15) 土江
クズ (06/14)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml