CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年07月 | Main | 2020年09月 »
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
9月、10月の活動予定[2020年08月31日(Mon)]
活動予定2009.jpg活動予定2010.jpg
9月、10月の活動予定を掲載いたします。予定は諸事情により変更することがありま すので、最新情報は本ブログあるいはホームページでご確認ください。
ホテイアオイ[2020年08月30日(Sun)]
ホテイアオイ200821.JPGホテイアオイ200827おゆみの道 (2).JPG
おゆみの道扇田小脇水路の中でホテイアオイが咲いていました。その何日か前、語ら いの池の堰にホテイアオイが2株ほど引っかかっているのが見られました(写真 A)。これより上流にはホテイアオイがある池はありませんので「誰か捨てたな。」 と思いましたがそのままにしておきました。その後夕立か降ったのでしょう。水かさ が増しここまで流れ着いたようです。ちょうど花が咲くタイミングだったのでしょう か、ここで開花しました(写真B)。ホテイアオイは葉っぱの途中が球のようになっ ている水草で金魚鉢や家庭の池などに浮かべて育てられています。南アメリカ原産で 観賞用に持ち込まれましたが、野外に逸出、あるいは放棄されたものが異常繁茂して 水質悪化の原因として問題となっています。成長が早く栄養状態が良ければどんどん 成長し30cm以上に成長(1m以上とも!)します。富栄養化した池や沼の浄化のため これを計画的に育てる試みも行われていましたが、寒さに弱いため回収しないと冬に 腐敗しかえって水質悪化の原因になってしまいます。冬に寒さで全滅するのではなく 一部は越冬し、翌年大繁殖しますので、継続的に回収処分が出来ないで挫折したとこ ろが多いと聞きます。
「午後の紅茶」の不思議[2020年08月29日(Sat)]
200827ゴミ泉谷 (1).JPG200827ゴミ泉谷 (2).JPG
やはりゴミの話です。泉谷公園六通側の道路から5mほどの植え込みに「午後の紅茶」 の空きペットボトルガいつも投げ込まれています。ほかのペットボトルが混じること もあるのですが、ほぼ間違いなく毎回「午後の紅茶」はあります。不思議なのはいつ も飲みきってないのです。この日も2本転がっていましたが、2本とも1/4以上の中 味が残っていました。ブランドにたいするこだわりはあるのですが、飲みきれないの で捨てるのか、放り投げるときに残っていた方が遠くに投げられる為なのでしょう か。この場所はいちじバイクの部品や消耗品がたびたび投げ込まれた場所で、禁止看 板を立てました。しかし、看板は何度も抜かれて遠くに投げられましたがその都度立 て直す、というバトルを行った因縁の場所です。ペットボトル投げ込み禁止の看板を 新しくたて、新たなバトルを準備する必要があるのかも知れません。
誰が?[2020年08月29日(Sat)]
大百池公園ゴミ@.JPG大百池公園ゴミA.JPG
26日朝の7時頃の大百池公園遊具のある広場の写真です。役員の1人より連絡があ りました。「パン粉やモヤシがばらまかれ、ケチャップ、マヨネーズ、卵の容器が多 数散乱し、下着まで落ちている状態」だったそうです。カラスの仕業に見えなくもな いですが、カラスは中味の入ったビンを立てたりしませんので、やはりここで大騒ぎ でもした馬鹿者の仕業でしょうか。困ったものです。
コブシ[2020年08月28日(Fri)]
コブシ200825大百池 (3).JPGコブシ200825大百池 (3).JPG
コブシの実が色づいてきました。大百池公園京成線ガード下にあるこの木は、日照が 良い所為なのかほかの木より色づきが早いようです。名前の由来はこのごつごつした 実の形が子供の拳に見えるからと思い込んでいましたが、定説ではないとありまし た。何れもが拳なのですが、ツボミのかたち、咲く前、開花の様子などがあるようで す。どのように見ればツボミが拳に見えるのか不思議といえば不思議です。モクレン の仲間ですが、こちらは日本在来種で北海道から九州までの人が住む里山に多く自生 しているようです。どこにでもあり珍しくないこと、春サクラに先駆け咲きますので (近頃ここおゆみ野ではそうでもないようですが・・・)農作業の開始を促す植物と して親しまれてきたそうです。この実、おいしそうに見えますが、しばらくすると裂 け糸を引いた黒い種子がこぼれ落ちます。
アオスジアゲハ[2020年08月27日(Thu)]
アオスジアゲハ200819おゆみの道 (1).JPGアオスジアゲハ200819おゆみの道 (3).JPG
おゆみの道の泉谷中学校下あたりでアオスジアゲハが滲みだし水を吸っていました。 人目にはほとんど水は見えませんので、もっとたっぷりある水路で吸ったらどうかと も思うのですが、そうしないのはそれなりの理由があると思いますが分かりません。 ひょっとするとミネラル分が豊富なのかも知れません。黒いハネに青白い模様が入っ たきれいなアゲハチョウです。飛んでいるときは意外に素早いのですが、地上におり 水を飲んでいるときでなければ写真を撮ることはまず不可能です。この幼虫の食草は クスノキやその仲間タブやシロダモなどです。これらは泉谷公園から大百池公園まで に多く見られますので、ほぼいつでも見られるチョウチョです。
ジンジャー[2020年08月26日(Wed)]
ジンジャー200825大百池 (2).JPGジンジャー200825大百池 (3).JPGジンジャー200825大百池 (1).JPG
昨日の午前中、大百池脇の遊歩道である人と自転車ですれ違いました。(顔はわかる のですが、名前もどこに住んでいるのかも知らない人です。)そのひとの前かごに白 い花がチラッと見えましたので、盗ったな、と思いましたがそのまま忘れてしましま した。午後に別の用事で大百池公園にいきましたので、思い出してジンジャーが咲き 始めた場所(駐車場脇トイレの裏あたり)に行ってみました。案の定、切り取られた 痕がありました。それ以上に驚いたのは公園事務所の看板?が2箇所にもあったこと です。それも写真付きできれいにつくってありました。まさか、この日午前中の切り 取りの通報で午後一番に立てたのでしょうか。そうだとすればお役所らしくない早業 には脱帽です。ジンジャーはインド原産の園芸植物で夏の終わりから秋にかけて、次 から次ぎに白い花を咲かせあたりには良い香りを漂わせます。強健で植えっぱなしに しても咲き続けますので楽と言えば楽ですから、無精者の庭にはうってつけです。し かし、日当たりがよい広い庭が必要ですので今時で難しいかも知れません。
ダイサギ[2020年08月25日(Tue)]
ダイサギ200825大百池 (1).JPGダイサギ200825大百池 (3).JPG
大百池にダイサギが戻ってきました。どのかのサギヤマで無事子育てを終えかえって きたのでしょうか。アオサギとオナくらいが、少し小さく見えます。シラサギの中で はもっとも大きいのですが、全身が白いサギはダイサギ、チュウサギ、コサギと3種 類あります。しかし厄介なのは、ダイサギの亜種として夏に南方から渡ってくるチュ ウダイサギと大陸で繁殖し冬日本にやってくるダイダイサギがあるそうです。目の前 にいるダイサギのそのいずれかに該当するのかは全くわかりません。まあ並のダイサ ギであろうと思っていますが、曖昧さを許さない方は調べて教えて下さい。
サトキマダラヒカゲ[2020年08月24日(Mon)]
サトヤママダラヒカゲ200819泉谷 (1).JPGサトキマダラヒカゲ200821泉谷 (4).JPG
サトキマダラヒカゲ チョウチョは明るい場所が似合うと思っていたのですが、森の中にもたくさんのチョ ウチョが飛んでいました。飛んでいるときは気がつくのですが、とまると周囲の枯れ 葉などにとけ込みカメラで対象を捕まえるのに苦労しました。中型のチョウで名前は サトキマダラヒカゲ(里-黄-斑-日陰)、名前の通り暗いところを好み、全国の里に 近い林や森のなかで珍しくもないチョウチョのようです。この幼虫の食草はササやタ ケだということです。タケやササをエサにするチョウチョがいることもはじめて知り ました。
美化活動[2020年08月23日(Sun)]
200822美化活動有吉 (2).JPGP1011738.JPG
昨日、有吉公園に美化活動をおこないました。長梅雨のあと8月に入ってからは一転 カラカラ天気続きで雨はたった1mmしか降っていません(それも気象台の記録で確認 するとそうなっていますが、本当かい?という感じですが・・・)。この日は、朝方 日が陰っており楽かとも思ったのですが、やはりじりじりする暑さの中で、園路・水 路の清掃、通路にせり出しているオカメザサや雑木の剪定そして側溝に溜まっている ヘドロのすくい上げなどを行いました。この日の作業には新型コロナ感染症と猛暑続 きでの熱中症を気遣った方が多かったのでしょうか、参加者は17名とこのところで は最少人数でした。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
土江
南生実2題 (09/18) 村瀬 克行
千葉市政出前講座 (09/17) 村瀬 克行
サルスベリ (09/15) 土江
イチョウ (09/13) 村瀬 克行
どんな人物? (09/13)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml