CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2019年10月 | Main | 2019年12月 »
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
センリョウ[2019年11月29日(Fri)]
センリョウ191124泉谷 (1).JPGセンリョウ191124泉谷.JPG
泉谷公園小谷口(こやつぐち)近くでセンリョウが赤い実を付けています。センリョ ウは常緑性の低木で、花が乏しい冬に赤い実を付けますのでマンリョウやヤブコウジ などとともに正月の縁起物として飾られています。地下茎で広がると書かれていまし たが、辺りにはこの個体のほか見あたりませんでした。泉谷公園ではマンリョウは至 る所に生えているのですが、センリョウはあまり見られません。センリョウ(千両) の名のいわれは、「千蓼花(せんりょうか)」が縁起をかついで千両になったとかか れていました。
ヤツデ[2019年11月28日(Thu)]
ヤツデ♀191124泉谷 .JPGヤツデ♂191124泉谷 .JPGヤツデ191124泉谷 (4).JPG
大百池公園や泉谷公園の森の中でヤツデの花が咲いており、小さな虫たちが集まって います。ヤツデは暗い森の中でも良く育つように上部の葉は小さく、下にいくほど葉 柄がのび葉も大きくなり、光をもれなく受け取れるようになっています。そのため林 床に太陽光が届かなくなるのであまり増えすぎるのも困ったものです。ヤツデの花は 球状のかたちをしています。よく見るとオシベ・メシベのある両性花、オシベだけの 雄性花があり、同時にこれらが成熟するのではなく、先にオシベのある優性期があ り、これが落ちるとメシベが成熟し、自家受粉を避ける仕組みになっているそうで す。自家受粉を避けるのは種の中での多様性を高めるためと考えられています。その 方法はいろいろあります。イチョウやキンモクセイでは雄株、雌株とはっきり分かれ ています。同じ個体でオバナ、メバナと違った花をつける植物は多いですが、その成 熟時期をずらして自家受粉を避けているそうです。同一個体のオシベ、メシベでは受 粉が成立しない自家不和合性をもつ植物は被子植物のおよそ半分といわれています が、逆に言えばそうでないものが半分ということですから、植物の繁殖戦略も複雑だ ということでしょうか。
たんぽぽ[2019年11月27日(Wed)]
セイヨウタンポポ191124 (1).JPGセイヨウタンポポ191124.JPG
泉谷公園駐車場でタンポポが咲いていました。紅葉に季節だというのに葉も花もみず みすしく元気です。花のガクのような部分(総苞片)をみると反り返っていますの で、セイヨウタンポポと思われます。セイヨウタンポポは名前の通りヨーロッパ原産 で、単為生殖で増えますから花粉が必要ありません。そのせいかどうか判りませんが 花粉を媒介する虫がいない時期でも花をつけています。繁殖力が旺盛のため人工的環 境ガ多い土地ではほとんどがセイヨウタンポポです。今までは総苞片が反り返ってい なければ在来種、反り返っていればセイヨウタンポポで終わりでしたが、最近はそん な簡単でないことが判ってきたらしいです。セイヨウタンポポはひとつの種ではなく たくさんの種があるらしいことや、外観はセイヨウタンポポですが、在来種との交雑 種も多く確認されており、遺伝子汚染が心配されるようになってきました。
泉谷公園の紅葉[2019年11月26日(Tue)]
191125泉谷紅葉 (1).JPG191125泉谷紅葉.JPG
今年は3度にわたる台風により公園の樹木もずいぶん痛めつけられました。倒れた木 や枝を折られた樹木は数え切れないほどですし、そこまでいかないまでも、葉っぱを 吹き飛ばされ丸裸になった樹木も多くありました。また暖かい日あり、寒い日あり、 天気も定まらず、今年の紅葉は期待できないなあ、と思っていました。しかし、自然 をあまくみるのではないよ、とばかり泉谷公園の紅葉が見頃を迎えています。まだ、 一望紅葉とまではなっていませんが、これから冷え込みが強くなりそうですので、晴 れた日には素晴らしい紅葉スポットが公園の随所で見られることと思われます。
文化祭ふつか目[2019年11月25日(Mon)]
191124文化祭 (1).JPG191124文化祭.JPG
文化祭ふつか目が始まるころには雨は上がっていましたが、その後も少しぱらつくな どはっきりしない天気でした。それでも初日より多くの方にきていただき、トントゥ つくりやドングリ工作を楽しんでいただきました。
おゆみ野文化祭[2019年11月24日(Sun)]
191123文化祭 (20).JPG191123文化祭.JPG191123文化祭 (17).JPG
文化祭が始まりました。昨日は朝からつめたい雨が降り続きましたので鎌取コミセン に足を運ぶひとは少なかったです。本会は活動展示、ネイチャークラフトとしてドン グリ工作、トントゥ制作を準備し準備万端整えて待ったのですが、いささか拍子抜け しました。それでもおよそ100人の方に来ていただき、約50人の方にドングリ工 作などを楽しんでいただきました。手慣れた様子でどんどん組み立てるひと、ためら いながら始めたのですが、だんだん楽しくなって時間超過する方などさまざまでした が、みなさん力作をものにして満足していただけたと思います。今日は10時より始 めますが、材料だけがほしいという方にも対応いたしますので、みなさんコミセンに 足を運んで下さい。
文化祭に参加します[2019年11月23日(Sat)]
ネイチャークラフト.JPGネイチャークラフトa.JPG
今日と明日、鎌取コミセンで行われる文化祭に参加します。文化祭には毎年参加して いますが、今年の呼び物はネイチャークラフトです。台風で被害にあった倒木の枝が かわいらしいトントゥに変身します。また、ドングリをはじめ木の実や枯れ枝、つる などにより自分だけのアートを実現します。23,24日の両日とも10時から15 時まで30分ごとの予約制にて実施します。(ただし、12時、12時30分は行い ません。)参加費は無料です。早めに自分都合がよい時間の整理券をゲットし、それ まで展示を眺めたり、余所の団体の催しで楽しんで下さい。
緑区地域活性化支援事業中間報告会[2019年11月22日(Fri)]
なんとも長い名前ですが、要は緑区から助成を受けている団体の中間報告会で19団 体が参加しました。本会は「泉谷公園のヤマユリを復活させるプロジェクトT」で助 成金をいただいていますので、これに出席しプロジェクトの現況を説明しました。説 明内容は添付PDFファイルをご覧下さい。各団体の説明のあと、おたがいに気になる 参加団体のパネルに感想や質問を張り付け、これに答えるというかたちで団体交流が 行われました。本会のパネルには「誰かがやらないと滅びる。素晴らしい活動だと感 動しました」など多くの激励の言葉を書き込んでいただきました。この団体交流の進 行をつとめた先生からは「若い親子を呼び込むような工夫が必要」との指摘をいただ きましたが、これがなんとも難しいことです。一年で僅かしか成長しないヤマユリを 花が咲くまで5年間も興味を持続させる手は本当にあるのかしら、幼児ではタネを蒔 いて花が咲くまで3、4ヶ月の朝顔が精一杯のような気がします。つい愚痴になりま したが、何か良い知恵をご教示下さい。
ドバト[2019年11月21日(Thu)]
ドバト191119有吉 (9).JPGドバト191119有吉 (11).JPG
有吉公園遊具広場や谷先橋下あたりにはたくさんのドバトが居着いていて、人の気配 がすると降り立ってきます。ひとの餌やりに期待して集まってくるのですが、なにも しないでいると「こりゃ、駄目だ」とばかり飛び去っていきます。ドバトはヨーロッ パや中央アジア原産のカワラバトが食用や伝令用に改良され家禽化されたものが、野 生化したものです。日本には飛鳥時代に持ち込まれ、鎌倉時代にはすでに野生化して いたとの記録があると何かの本で読んだ記憶があります。このハト繁殖力が旺盛で年 に5,6回産卵し、独特のピジョンミルクで雛を育てます。人になれやすいため、餌 を与えるひとがあとを絶たす、都会ではずいぶん増えました。あまり増えすぎ、糞 害、臭いだけでなく伝染病媒介や建造物に対する被害などが目立つようになり、餌や りを禁止しているエリアはたくさんあります。ここ有吉公園では、餌を与えるひとが あとをたたず、ある時間に近づくと、ドバトが集まってくるほどになっています。餌 を与えないようにお願いしても、全く聞く耳を持たずと言う有様です。何かいい知恵 はありませんでしょうか。
コカマキリ[2019年11月20日(Wed)]
DSC09630.JPG
大百池公園観賞の池辺りのしげみでコカマキリにあいました。文字通り「小カマキ リ」で小型のカマキリです。小さいとは言えカマキリですから昆虫やミミズなどを捕 食する肉食性昆虫です。この辺りでも珍しいカマキリではないそうですが、なかなか 見つけにくいカマキリです。体色は茶褐色が普通ですが、たまに緑色をした個体もい るそうです。鎌状の前足(前脚)の内側に白黒斑が見えますがこれがこの種の特徴と 書かれていました。カマキリはタマゴで越冬しますので、この個体の寿命もあと僅か のはずですが、なかなか元気で草むらでの写真を撮ろうと放したら、アッという間に 逃げられました。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
村瀬克行
フタリシズカ (05/29) 村瀬
ナイス ジョブ (05/27) 村瀬
斜面林伐採 (05/22) 村瀬
ヤマユリの花芽 (05/22) 村瀬
ウツギ (05/19)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml