• もっと見る
« 2023年11月 | Main | 2024年01月 »
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
泉谷公園の紅葉[2023年12月04日(Mon)]
環境整備231202泉谷 (3).JPG環境整備231202泉谷 (4).JPG
泉谷公園の紅葉がピークを迎えつつあります。ケヤキやイヌシデなどはすでに丸裸に なっていますが、なんといってもメタセコイアとイロハカエデの紅葉が陽に輝いて圧 巻といえます。土曜日は風もなく穏やかでしたので多く方がそれぞれの方法で楽しん でいました。紅葉は葉っぱの老化現象ですが、そのメカニズムは次のように説明され ています。葉の役割は光合成によりグルコースをつくることですが、その主役は葉緑 体(クロロフィル)です。葉が老化し効率が悪くなると、クロロフィルなどを分解・ 回収し根や芽に蓄えるようにし、葉柄の根元に離層をつくります。これが第1段階。 葉にはもともとクロロフィルとともにカロテノイドという黄色の色素を持っています が、分解速度が遅いのでクロロフィルが消滅した後も残り、黄色に見えます。一方、 離層形成後の葉に残ったグルコースはアントシアニン(赤色の色素)をつくります。 これら、残ったクロロフィル(緑色)、カロテノイド(黄色)、アントシアニン(赤 色)の残留割合により葉の色が決まります。カロテノイドもアントシアニンも時間が たてば分解されますので、もともと葉に含まれていたタンニンだけが残り、茶褐色の 枯れ葉になり紅葉(黄葉)は終わるということです。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
土江 光男
ツバキ (02/15) 土江
稲穂 (07/27) 葛西行彦
ルリビタキ (02/24)
美化活動その後 (01/28) 大川多香子
美化活動 (01/22)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml