• もっと見る
« 2022年10月 | Main | 2022年12月 »
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
カラスウリ[2022年11月28日(Mon)]
カラスウリ221123南生実 (1).JPGカラスウリ221123南生実 (2).JPG
大百池公園すぐ近くの電波塔のフェンスにカラスウリの実が2個ぶら下がっていまし た。すでに茎や葉は枯れていますので赤い実が目立っています。カラスウリはウリ科 のツル性多年草で自生地は本州以南の林縁や薮地です。長いツルでそれらを覆いつく し枯らしてしまうので「枯らす・瓜⇒カラスウリ」から名がついたという説もあるそ うですが、どうでしょう。ウリ科植物は雌雄異花の種(同一個体に雄花、雌花が付 く)が多いのですが、カラスウリは雌雄異株(オス株とメス株がある)です。被子植 物の70%はオシベ、メシベを同時に持つ両性花だそうです。残りは雌雄異花同株と雌 雄異株ということになります。しかし、雄株に両性花をつけるもの、メス株に両性花 をつけるものもあり、植物の性分化の問題はなかなか難しそうです。きわめて単純化 すると、両性花植物⇒雌雄異花同株⇒雌雄異株が進化の方向だという説もあります。 してみると、カラスウリは進化の先頭ということになります。「ぶらさがってゐる烏 瓜は二つ(種田山頭火)」。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント

美化活動その後 (01/28) 大川多香子
美化活動 (01/22)
美化活動 (01/22) 土江 光男
ツワブキ (11/07) 村P克行
千葉市政出前講座 (06/25)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml