CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 調査報告 | Main | こまったもの »
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
斜面林伐採[2020年05月22日(Fri)]
200517南生実 (2).JPG200518南生実 (2).JPG
大百池公園の先の谷地をつぶしての住宅地造成がほぼ終わり、ぽつぽつ住宅建築も始 まっており、すでに住まわれている方もあります。この住宅地の西側一段高いところ に道路があり、道路に沿ってもう一段高い台地の斜面林が続いています。この斜面林 は当然のことながら新設の造成地に覆い被さるように生えていますので、大丈夫かな と思っていました。昨年の台風では1,2本住宅地側に倒れました。これでは斜面側 の宅地は売れないだろうな、との声も聞きました。何日か前からこの斜面林の伐採が 始まりました。聞くところによりますとこの斜面林のおよそ150mを伐採し、コンク リートブロックによる「石垣」を組むそうです。どの程度まで伐採するのかよくわか りません。この斜面林と台地の上にはケヤキやエノキの大木がありそこに寄生してい るヤドリギにヒレンジャクという美しい野鳥がやってくることがありました。これら も伐採されれば、もうそれも見られなくなりそうです。
ヤマユリの花芽[2020年05月21日(Thu)]
19-16A13(M).jpgヤマユリ200519 (Y).JPG
何日か前、ヤマユリをタネから育てていただいているTさんより、花芽らしきものが 見られるようになってきたとの連絡がありました。昨日はやはりヤマユリサポーター Mさんより写真付きで同じ報告がありました(写真A)。文献によると「ヤマユリは 発芽直後に花芽分化を開始する」とあります。60cm程度まで育った苗であれば、花芽 らしきものが見られるようになったとしても不思議では無いように思います。昨年は じめて咲いた15年産個体ではもうはっきり蕾とわかる状態まで育っています(写真 B)。今年は「19−16A○○」すなわち16年秋に種子を採取し、翌17年春に 種まきした群のなかで育ちがよいものが花をつけるはずです。ヤマユリサポーターの みなさん花が咲いたら是非ご一報下さい。
立入禁止看板[2020年04月29日(Wed)]
200428上の池看板.JPG200428上の池 (1).JPG
コロナ騒ぎ(?)で感覚が少し変わったのか、今までなんとも思わなかった見慣れた 看板をみてオヤッ?と思いました。泉谷公園上の池の生垣沿いに立てられた看板で す。「キケンなので、ここからはいらないで!」とあります。おや、ここから入らな ければ、入って良いのかな?と感じる人はひねくれ者なのでしょうか。ちょうど、生 垣の内に入って魚釣りをしていた中学生らしき二人がいましたので、ここに入っては だめだよ、と注意したところ、池の流入口にある柵を越えてこちらに戻ってきまし た。してみると、この二人は看板の場所から入ったのではないので「セーフ?」。 て、なわけないですよな。
倒木[2020年03月16日(Mon)]
200315倒木泉谷 (1).JPG200315倒木泉谷.JPG
泉谷公園菖蒲田脇の通路に枯れ木が倒れ込みました。すぐ脇のある階段途中近くに地 上1mほどのところで折れている枯れ木がありますので、これが風で倒れたものと思 われます。倒れたのはおそらく夜と思われますので人的被害はなくて良かったです。 これは片づけましたが、枯れ枝が上の方で引っかかったままの木も何本かあるとのこ とですので、風が強いときは上を見ながら注した方が良さそうです。
手作り看板その2[2020年02月15日(Sat)]
200215手作り看板.JPG
手作り看板が別のところにもありました。グレース保育園すぐわきの街路灯に貼られ ていました。ここは、裏返しにされ土木事務所の警告書が下に貼られていました。そ れによると昨年の12月11日までに撤去しないと市が処分するよ、という内容で す。してみると、これが貼られたのはそれ以前ということになります。ある人の情報 では他にもこのような看板が貼られているのを見たと言うことですから、何カ所にも 貼ったのでしょうか。裏返しになっていたのを無理矢理表にし撮ったのが貼付の写真 です。「右側歩いて走ってね」とあります。この口調では子供たちの気ままな歩き方 が随分気になっているようです。ここはコープシティ脇の園路と違いひろい遊歩道で す。ここを小学生が一列になって右側通行していたら違和感を越して恐怖を感じませ んか。どうにも目的がわかりませんが、看板は元(裏返し)に戻しておきました。そ れにしても撤去期限を明示しておきながら2ヶ月経っても放置しているお役所もお役 所ですな。
手作り看板[2020年02月15日(Sat)]
200214有吉.JPG
有吉公園コープシティ脇の細い遊歩道の入り口付近の立木に「人は右側通行」の手作 り看板が掛けられていました。「人は右、車は左」というのが我が国の常識ですか ら、ことさらそれを看板に掲げ通行人に注意を呼びかける目的あるいは動機はなんな のでしょうか。ここはコンクリート舗装面だけでは人がすれ違うのがやっとの幅しか ありませんので、整列して歩きなさいと言うことでしょうか。あるいは自転車で通る のに邪魔だから人は一列で歩けと言うことでしょうか。なんとも意図をはかりかねる 看板です。ちなみに、おゆみの道全体は自転車の通行禁止ですが、通勤、通学、お買 い物などでの利用者は数え切れません。厳しく取り締まって、これらの自転車がすべ て車道に出たら起きる問題は多いと思います。しかし、このコープシティ脇の細い道 は自転車の通行を自粛するような呼びかけの方が判りやすいと思います。
大百池、地名のいわれ[2020年01月30日(Thu)]
200129大百池公園案内板.JPG200129大百池公園案内板 (1).JPG
大百池公園の入り口付近にある千葉市教育委員会が立てた案内看板です。いわく「古 代、この地域は麻績(おみ)氏が開発し、麻布を生産するため、この池で布をさらし たことから、この池の名前が付いたといわれています。」これでは麻を曝すことが何 故大百池になったのかの説明になっていません。他の資料を当たると、麻をさらす池 を「麻潤池(ヲホドイケ)」と呼んだことから「大百池(オオドイケ)」になったと 書かれています.ここを省略してしまったので訳の分からない案内看板になって しまったようです。しかし、麻潤池を「おおどいけ」と読める人は少ないと思います が、何故「大百池」の字をあてたのでしょうか。「百」は「ひゃく」、「びゃ く」、「もも」と読むのが普通で、「ど」と読むこともありますが、稀です。「オオ ドイケ」であれば「大戸池」でも「大土池」でもよかったように思います。この南生 実地域には江戸時代初期に大百池村のほか百亀喜(どうみき)村があったことが文献 で確認できるそうです。何か「百」にこだわる教養人がこの地域にいたのでしょう か。 話は看板に戻りますが、説明文のなかで一字だけ不自然に消えている字がありま す。よく見ると「釣」という字です。この看板が立てられた1993年頃は自由に魚釣り ができる珍しい公園だったようです。
サギのハガキ?[2020年01月22日(Wed)]
サギ?ハガキ200120.jpg
緑とせせらぎの会には全く関係ない話題ですが、我が家にこんなハガキが届きまし た。貯金もないけど、借金もない我が家に支払いの督促です。中を読むと、具体的な ことは書かれておらず、とにかく電話しろということです。これで例のサギを仕組む 道具と判断しました。一時は、競売だ、仮差し押さえだなど脅しめいた文言で不安に させる手口だったのを、ややソクト路線もとり入れるようにしたのでしょうか。この 会社をネットで調べると「法務省の「債権管理回収業務の営業を許可した株式会社一 覧」に記載がなく、架空請求の可能性がある」と書かれていました。もちろんこの番 号には電話せず、千葉市消費生活センターに電話しました。この段階では他からの連 絡はないとのことでした.。充分注意しましょう。
あけましておめでとうございます[2020年01月01日(Wed)]
2020年始.jpg
新年あけましておめでとうございます。本会が「おゆみの道の水辺を守る会」として 発足したのが2009年ですから、今年は11年目となります。この10年のあいだ活動 を続けることができましたことは多くの方やサークル、自治組織そして行政のご協力 や応援の賜物と本当に感謝いたしております。清掃活動から始まった活動内容も花壇 の管理、自然観察会の開催、生きもの調査・環境調査そして生物多様性の保護・環境 整備の作業まで逐次その内容を充実させてきました。そして15年から取り組んでい るヤマユリプロジェクトはかってのヤマユリが咲き乱れる雑木林の光景を復元し、次 世代につなごうという構想で取り組んでおり、今年は育てた球根を山に返すことが出 来る記念すべき年でもあります。活動内容は多様化していますが、私たちの出発点は 泉谷公園から大百池公園までのおゆみの道を心なごむ空間とするための清掃活動であ ることを忘れずに活動を続けて参ります。引き続き、知恵ある方は知恵を、汗をかけ る方は汗を、知恵も汗もないという方はにぎわいのための話題を本会の活動に提供し ていただくようお願いしたします。
倉庫[2019年11月16日(Sat)]
191115倉庫 (1).JPG191115倉庫.JPG
公園事務所よりお借りしている本会倉庫の修繕がやっと終わりました。台風15号に より屋根の明かり取り用の透明波板が吹き飛ばされ、扉も引きちぎられてしまい、雨 漏りなんて言う状態ではなく雨が直接吹き込んでいました。すぐにでも修繕していた だきたかったのですが、3度の台風で公園緑地の被害は甚大でしたので、無理も言え ずじっと我慢していました。やっと直りましたので、本会もブルーシート生活から解 放されることになりました。一般の方にはあまり関係ない話題でごめんなさい。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
村瀬克行
フタリシズカ (05/29) 村瀬
ナイス ジョブ (05/27) 村瀬
斜面林伐採 (05/22) 村瀬
ヤマユリの花芽 (05/22) 村瀬
ウツギ (05/19)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml