• もっと見る
« キマダラカメムシ | Main | ヤマモモ »
<< 2024年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ナツツバキ[2024年06月20日(Thu)]
ナツツバキ240615大百池公園 (4).JPGナツツバキ240615大百池公園 (2).JPG
大百池公園駐車場脇のトイレの裏あたりでナツツバキが咲いています。もうそろそろ 終わり加減かもしれません。ツバキ科ナツツバキ属の落葉中高木で東北地方南部以南 の山地が自生地とありました。花はツバキに似ていますが、葉っぱや幹の状態などほ とんど似ていません。ナツツバキの名前についての話その1。学名は S.pseudocamelliaですが、pseudoは「にせの、偽りの」などの意味、Camelliaは「ツ バキ」。少しかわいそうな命名。その2。シャラノキ、シャラ、サラとも呼ばれてい ます。平家物語の冒頭の一節に出てくる「沙羅双樹の花の色」は誰もが良く知ってい ます。本物のシャラノキは菩提樹などとともに仏教では聖なる木とされていますがフ タバガキ科の植物でナツツバキとは違います。釈迦が最期を迎えるとき2本のシャラ ノキ(沙羅双樹)の下に横たわると白い花を咲かせ降り注いだそうです。日本にはこ の木はありませんので、似た花を咲かせるナツツバキをシャラノキとして寺院に植え たという説と本物と思い込んで植えた説が紹介されていました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/3192
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
土江 光男
アゲハチョウ (07/08)
モクレン (04/15)
モクレン (04/15) y.
アカボシゴマダラとミスジチョウ (03/25) 土江 光男
ツバキ (02/15)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml