• もっと見る
« 千葉市長とのティーミーティング | Main | ヒヨドリバナ »
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
冬羽・夏羽[2022年10月28日(Fri)]
ハシビロガモ221027大百池 (1).JPGハシビロガモ221027大百池 (4).JPG
このところ気温もずいぶん下がってきています。大百池にはコガモ、マガモ、オオバ ンなどの冬鳥が徐々に戻ってきています。アップの写真はハシビロガモのオスです が、鮮やかな繁殖期の羽根に変わりつつある途中と思われます。ネコやイヌは季節に より毛が生え変わりますが、野鳥も同様に羽が生え変わり外観が変化する種が多いよ うです。一般に繁殖期の羽を夏羽(生殖羽または繁殖羽)、非繁殖期の羽を冬羽とい います。しかし、カモの仲間の多くは今の時期から徐々に繁殖羽になりますので、冬 の時期に「夏羽」で、夏の時期に「冬羽」というおかしなことになります。東京ズー ネットには「エクリプス(非繁殖期の羽:報告者注)から冬羽に生まれ変わった羽は 美しく・・・」とありますので、ここでは「繁殖期の羽=夏羽」という基準にとらわ れていないようです。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/2507
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
y.
アカボシゴマダラとミスジチョウ (03/25) 土江 光男
ツバキ (02/15) 土江
稲穂 (07/27) 葛西行彦
ルリビタキ (02/24)
美化活動その後 (01/28)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml