• もっと見る
« 自然観察会 | Main | 駐車場のゴミ »
<< 2023年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
虫こぶ[2022年10月24日(Mon)]
虫こぶ(シラカシハクボミフシ)221022泉谷 (1).JPG虫こぶ(シラカシハクボミフシ)221022泉谷 (6).JPG
泉谷公園第1花壇あたりから森へ入る石橋の両脇にあるシラカシの葉が異常です。小 さなぶつぶつがたくさんあり、中には芋虫状になっている葉もあります。これは多く の植物にできる虫こぶです。虫こぶはとは「ダニ、アブラムシ、タマバエの幼虫な ど、さまざまな虫が、植物に寄生することでできる部分(樹木図鑑)」を言います。 これはおそらくシラカシハクボミフシと思います。虫こぶには命名ルールがあり、 「植物名+形成場所+形などの特長+フシ」だそうです。すると、シラカシ+葉+窪 み+フシで納得です。シラカシの虫こぶはカシハイボフシも図鑑に載っていますので こちらかもしれませんが、葉裏がくぼんでいるのでシラカシハクボミフシとしまし た。虫こぶの見た目も良くありませんし、植物の茎、葉、果実などにできすので、農 作物被害は少なくないようですが、反対に染料原料として利用もされているそうで す。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/2504
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
葛西行彦
ルリビタキ (02/24)
美化活動その後 (01/28) 大川多香子
美化活動 (01/22)
美化活動 (01/22) 土江 光男
ツワブキ (11/07)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml