CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« バイクのタイヤ4本 | Main | キンエノコロ »
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
カキ[2021年10月12日(Tue)]
カキノキ211008おゆみの道 (3).JPGカキノキ211008おゆみの道 (1).JPG
おゆみの道の四阿前でカキノキの実が実っています。中学校の体育館のあたりです。 カキは果実のこと、植物の名前はカキノキです。植物で〇〇ノキと名付けられたもの はたくさんあります。たとえば、エゴノキ、クスノキ、タラノキ、イボタノキ、ゴム ノキなどです。しかし、なじみの果物では、クリ、ナシ、イチジク、リンゴ(正式に はセイヨウリンゴ)、ミカン(同ウンシュウミカン)いずれも果実も木の名前も同じ です。なぜカキだけ区別するようにしたのでしょうか。不思議です。(根拠の数字は ありませんが)カキノキは日本では最も親しまれている果樹と思います。北海道や東 北北部の寒さが厳しい地方では栽培が難しいようですが、それより南のほとんどの地 方で栽培され、カキノキが植えられていない集落はないと思われるほどです。農山村 の晩秋の景色でカキノキは必須アイテムです。都市部でも家庭の庭に植えられている カキノキは珍しくありません。「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざが あります。柿が滋養豊富で皆健康になると思っていましたが、柿の実が赤く色づく頃 は気候も良いので病人が減って医者が困るということらしいです。おゆみの道のカキ は残念ながら渋柿です。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/2049
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
土江
コバネイナゴ (09/16) 土江
稲刈り (09/03) 土江 
カルガモ親子 (06/27) 土江
クズ (06/15) 土江
クズ (06/14)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml