CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ヤマユリ観賞週間 | Main | 7月活動案内および緑・せせらぎ通信118号を発行します »
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
モンシロチョウ[2021年07月07日(Wed)]
モンシロチョウ210706南生実 (1).JPGモンシロチョウ210706南生実 (2).JPG
モンシロチョウがキュウリの花の蜜を吸っています。人が住んでいるあたりでは普通 にみられ、簡単に捕まえることもできますので一番なじみの蝶々です。都市部と農村 部でこのチョウの評価は180度です。都市部では親しみを込めて眺められています が、農村部では害虫として駆除の対象です。家庭菜園を行っている方もこれに手を焼 いているはずです。このチョウの幼虫の食草はナノハナ、ハクサイ、キャベツなどア ブラナ科植物です。これらはすべて栽培植物ですので、モンシロチョウもこれらを栽 培する農耕文化の伝来とともにやってきた史前渡来生物といわれていたように記憶し ていたのですが、奈良時代に大根の渡来とともにやってきたという記述がいくつかあ りました。奈良時代であれば史前ではありませんので、やや意外でした。ある小学校 ではモンシロチョウを観察するためブロッコリーを栽培しています。当然のことなが ら青虫がいっぱい発生しブロッコリーは筋だらけになっています。たくさんの青虫の 中で黒くなって死んでしまうものもあります。寄生バチのアオムシコマユバチが卵を 産み付けたためです。子供たちは死んだ青虫が可哀そうだとお墓をつくっていまし た。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/1937
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
志位和夫
千葉市政出前講座 (06/25) 村P克行
千葉市政出前講座 (06/25) 土江 光男
いちばん腹立たしきもの (02/16) まっちゃん
臨時作業 (01/31) 土江
ウメノキゴケ (01/18)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml