CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 緑・せせらぎ通信108号および9月活動案内を発行いたします | Main | どんな人物? »
<< 2020年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
イチョウ[2020年09月11日(Fri)]
イチョウ200907大百池公園 (2).JPGイチョウ200907大百池公園 (1).JPG
大百池公園のイチョウの実が色づきはじめました。神社やお寺や街路樹ではよく見か けるのですが、泉谷公園から大百池公園までのおゆみの道ではこの木1本だけと思わ れます。この実はまだ青いので目立ちませんが、下から見上げると鈴なりについてい る枝も見られます。これから強風が吹くと下に落ち歩行者に踏みつけられます。ま た、実から種子だけをとり果肉を捨てていく人も珍しくありません。そのためつぶれ た果肉があたり一面に異臭を漂わせています。そんな時期はここを遠回りして歩きま す。イチョウはジュラ紀(2億年前〜1.45億年前)に大繁栄し世界中でこの化石が産 出するようですが、その後衰退しました、しかし、中国大陸の一部で現代まで生きな がらえましたので、世界最古の現生植種といわれています。イチョウに関し日本に関 するトピックスが2つあります。ひとつは1712年オランダ商館の医師ケルペンが日本 の生きたイチョウを化石しか存在しなかったヨーロッパ社会にはじめて紹介したこ と。そして1895年平瀬作五郎が種子植物としてははじめて精子を発見したことです。 この精子を発見したイチョウの木は今も小石川植物園にあるそうです。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/1604
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
雄・雌の木の判別は今一分かりません。
ただ、銀杏の実がなる木はある程度大きくなれば、毎年実がなります。しかし実がならない木は何年たっても、実は付かないようです。
街路樹は実が落ちると、道路が汚れたり臭いがきついので植え付けしない様注意をしてるようです。面白いことに、非常にまれですが木の上部で2又に分かれた木では、実の付かない枝と実を付ける枝に分かれた木を見た事が有ります。
Posted by:土江  at 2020年09月13日(Sun) 15:48

土江さん
@幹回り3mは大木ですね
A実が付くのは♀株、♂株は近くの街路樹ですか?
B東京大学のイチョウも、銀杏が取れる?
Posted by:村瀬 克行  at 2020年09月13日(Sun) 03:49

旧家に銀杏の木がありました。
幹回り3m程度、大木でした。毎年9月末ごろから実が落ちるので収穫し、外皮を取り除き中身を小川で水洗いし、綺麗になった実を天日干しをして保存します。落ちた実の体積より処理後は3分の1程度になります。実を外皮から取り出す際は、悪臭と手の荒れやかゆみとの戦いです。銀杏になった実の量は10〜15ℓ位は有ったと記憶してます。近所や親戚に配り、我が家は4ℓ強保管して毎日食してました。
銀杏の木は、雄・雌の木?有るようで実の付かない木が街路樹等に使用されてます。また葉の肉厚が厚く程々大きいので寺院本堂の防火対策として周囲に植樹されてるケースが多く見られました。
Posted by:土江  at 2020年09月12日(Sat) 08:32

検索
検索語句
最新コメント
土江
アケビ (10/17) 土江
イシガイ (10/08) 村瀬 克行
キンモクセイ (10/04) 土江
キンモクセイ (10/03) 土江
南生実2題 (09/30)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml