CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ヤマユリ情報 | Main | 本日の環境整備作業は中止します »
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
野良タケ駆除[2020年07月03日(Fri)]
野良タケ200702泉谷.JPG野良タケ200702泉谷 (1).JPG野良タケ200702泉谷 (4).JPG
「野良タケ」ってご存じですか。隣の竹藪から侵入してくるタケのことです。泉谷公 園千葉銀側の斜面には毎年数え切れないほど大小さまざまなタケノコが発生していま す。これを放置すると数年後には竹藪になってしまい、貴重な山野草は消滅してしま います。私たちが活動を始めた頃、生態園のあたりは既に竹藪になりかかっていまし た。これらのタケを伐採し、その後生えてくる竹の子を刈り取っていますが、全く減 る気配はありません。タケは地下茎で繋がっていますので、これらを殲滅しない限 り、エンドレスで新しいタケノコを刈り取り続けるしか、斜面の山野草を守ることは 出来ません。侵入防止の遮蔽板を境界に埋め込むよう千葉銀に要請することも考えな ければならないのかも知れません。今日は今年8回目の野良竹駆除を行いました。今 まで、刈り取った野良タケを数えたことありませんでしたが、数えてみました。大小 なんと98本でした。写真Aは侵入し地上に出た地下茎。切断しました。写真Bは細 いタケの発生状況。細いタケノコ3本見えますか。すぐ脇には蕾を持ったヤマユリ が。写真Cは太さ12cmほどの太いタケを地上1m位のところでカットした状態。根元 で切るより、この方が地下茎に与えるダメージが大きいと、ある農業誌にありました ので、試してみました。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/1517
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
土江さん、竹の駆除方法、興味深く読みました。7/1〜スーパーのレジ袋が有料になりましたが、プラスチックに25%以上の「竹の繊維等」が入ったものは除外との音です。既に製品が出ているらしいです。
Posted by:村瀬  at 2020年07月04日(Sat) 05:07

竹の駆除方法を思い出しました。直径10cm程度の竹なら地面より10〜15cm程度で切断し、手斧で残った竹を十字もしくは更に細かく地面をめがけて割れを刻む。半年から2年後に割れを入れた竹籤が枯れて来たのを鎌等で分解し取り除く。(駆除したい範囲を)
結構効果が良く出て、3〜5年で処理した範囲の竹林がほぼ消滅します。
竹林で困った田舎では、昔良くやってました。
Posted by:土江  at 2020年07月03日(Fri) 21:40

たけのこ処理お疲れ様でした。声を掛けて頂けたら自分も参加しましたのに。
おっしゃる通り地下茎で勢力を拡散しますので、拡散防止はスコップで掘り起しが大変です。大木の根張防止に比べ土の掘り起こしは少ないので、種類にもよりますが30〜40CM深さで処理すれば相当の効果があるはずです。全て掘り起こししなくても、切断するだけでも効果はあったように記憶してます。
Posted by:土江  at 2020年07月03日(Fri) 09:45

検索
検索語句
最新コメント
村瀬克行
水質検査 (08/01) 村瀬克行
おわび (07/31) 村瀬
読売新聞その2 (07/30) 村瀬
読売新聞 (07/29) 村瀬
ナナフシモドキ (07/27)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml