CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« タマムシ | Main | ハンゲショウ »
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ネジバナ[2020年06月19日(Fri)]
ネジバナ200617おゆみの道 (1).JPGネジバナ200617おゆみの道.JPG
泉谷公園、おゆみの道、大百池公園の草はらでネジバナが咲いています。ネジバナは ランの仲間で在来種ですが、珍しく外国産の雑草の中でもたくましく育っており、毎 年花を咲かせてくれます。とはいうもののやはりランの仲間で,菌類と共生していま すので、掘りあげて家に持ち帰っても、ほとんどの場合うまく育ちません。小さな花 が螺旋状に付いていますが、右巻き、左巻き、直線上のものなどいろいろあります。 この巻き方は遺伝的なものでないと書かれていました。しかし花の付き方を決める要 因は何かまでは書かれていませんでした。是非知りたいところです。ネジバナの別名 は「モジズリ」と言うそうです。俳句や短歌の世界ではこのほうがとおりが良いよう です。百人一首にこんな歌があります。「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れ 初めにし 我ならなくに(源融)」「しのぶもぢずり」は現在の福島信夫地方の織物 「信夫文字摺」のことで、織物のよじれた模様がネジバナに似ているのでこの名が付 いたそうです。
この記事のURL
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/archive/1501
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
[小さな花 が螺旋状に付いていますが、右巻き、左巻き、直線上のものなどいろいろあります。 この巻き方は遺伝的なものでないと書かれていました。しかし花の付き方を決める要 因は何かまでは書かれていませんでした]
「四つ葉のクローバー」は遺伝か?
Posted by:村瀬  at 2020年06月20日(Sat) 02:44

検索
検索語句
最新コメント
村瀬
7月、8月の活動予定 (06/30) 村瀬
ヤマユリ育成状況調査報告(締め切り前) (06/29) 村瀬
誰の仕業? (06/27) 村瀬
ヤマモモ (06/22) 村瀬
ネジバナ (06/20)
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml