CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
寒い年末 [2019年12月27日(Fri)]
12月下旬となり、平穏な時間が訪れるかと思えばさにあらず。最後まであたふたとした一年であった。しかーも、来年はさらにあたふたすることがすでに確定している今日この頃である...。

豚舎では実験・試験がてんこ盛りで、まぁ、ちょっとした行列ができそうな勢いだ。
IMG_3315.jpg
とある試験が終われば、あっという間に次の試験が始まります。
試験ごとに豚房のセットを変えて、リニューアル中。

IMG_3265.jpg
豚さんも満タンで、放牧を活用してなんとか回しています。
初めて放牧地に出る子豚?の群れ。

2つの子豚群を混ぜて放牧すると...
IMG_3270.jpg
最初は新天地でテンションが上がって、仲良くうろうろ。

IMG_3275.jpg
やがてふと我にかえり「ん、そーいえば誰だてめぇ?」
昭和のヤンキー中高生のような権力闘争が始まる。

「ちょっとやめなさいよ、あなたたち!」
昭和の学級委員女子のようにケンカを止める子豚も...。

IMG_3308.jpg
順位さえ決まれば、もぐもぐぶひぶひ語り合い。
「小さいのになかなかやるじゃねえか...」
「いや、先輩さすがっす...」
「まったく、もう...(学級委員)」

すぐに平和な学園ドラマがくりひろげられるのだ。
(あくまでも専門家の厳正な観察による妄想です...。)


さて、前回の夜中の逃走劇を受けて、再発防止策を検討した我々中年職員たちが選んだ手段は、現代の王道、グループLINEだ。これがすこぶる便利で、情報共有と迅速な対応に役立っている。

「乳牛40番、分娩しました(介助なし)」←昨夜の案件。
IMG_3327.jpg
ぶさかわパンダみたいな♀がうまれた。

「和牛舎南脱柵、ヘルプ!」←本日の案件。
IMG_3331.jpg
さくっと人が集まり、瞬く間に捕獲である。
というか、場内の柵は大々的な補修が必要であろうね...。


さてさて、これまで酒を飲んでも得るものは頭痛と吐気、失うものはもともと少ない人望や記憶、翌日の勤労意欲など、さんざんな状態でしたが、今年の畜産草地科学科教員忘年会では、もとサーフィン部のGon先生や、波乗りにハマり始めて3カ月というAn先生と話が弾み、みんなで海に行くという収穫がありました。

とはいえ、時間も限られ、日の出前の朝6時半に集合です。
An先生、ウエットスーツのまま早朝のコンビニをうろついてます。宮崎ならではのゆるゆるな風景。気合入ってるなぁ...。

IMG_3285.jpg
もやもやした海。海水温はまだ暖かいです。

その後、学科のサーフィン部学生なども合流し、楽しい時間を過ごしました。みんな上手。一方こちらは唯一、ほぼ溺死寸前な感じでしたが、朝飯前にこんなことできる宮崎は最高ですな。

夜は懲りずに別の学生と河原で忘年会。北海道からタラバガニ、久米島からクルマエビや地鶏、都井岬のシイタケなど豪華メニューが最高においしかったですが、いかんせん寒い...。
IMG_3290.jpg
最後は眠気に襲われ、寝たらガチで死にそうな感じで迎えを要請しました。このくらいの気温では、ウシでもブタでもあまり寒そうに見えませんが、ヒトはなぜこんなに寒がりなのでしょうか?人間は、生後1か月の子豚並みの寒がりなのかも...。

家に帰ればタイミングよく風呂場の給湯機が故障しており、それから数日間の水風呂修行...。お湯が再開した日の感動は果てしないものです。お湯さえあれば、苦しい人生も、何とか乗り越えられるのではないでしょうか?お湯最高!と強く思う年末です。
Posted by 鎌田 at 22:06
年の瀬なのに [2019年12月19日(Thu)]
このところの宮崎では気温が20度を超え、Tシャツでも過ごせそうな暖かい日が続いていた。

IMG_3258.jpg
強めの風が吹き、ようやくイチョウの葉が散りました。

10日まで、先々週から続くICEプロの家畜登録審査実習。
11日はグローバル人材プロのPractice for livestock farming。
12日はJA道東あさひ西春別支部のGAP研修。
13日は適正家畜生産規範学補講で、東海大学からのご来場。

そして、企業や他大学などの試験研究利用が混んでいた。
あたふた右往左往するのがお約束な時期である。

IMG_3127.jpg
そして、14日の牧場開放は2千人以上のご来場がありました。
暖かい晴天に恵まれて、よかったです。

週明け16日の月曜日は産業動物講習会。

IMG_3253.jpg
そして、同じく16日からの場内遺跡発掘調査。
縄文の遺跡を探して、何も見つからなかった...。

IMG_0787s-.jpg
そして、圃場でのゴミ燃やし事件。
夜中に採草地でゴミを燃やすのはやめてほしい...。
警察に通報して、パトロールを強化してもらった。


そして17日の夜中の脱走(場内だけだけど)事件。
18日の深夜0時に警備員さんから連絡があった。
IMG_3430.jpg
「和牛舎南側のウシが全頭逃げてます...」わーお!
明け方を待ち、収拾した。

IMG_3427.jpg
ウシは勝手にも自分たちで飼料タンクを開けて、パーティーして盛り上がってたようだ。賢いウシがいるものだ。


IMG_3178.jpg
18日の都井岬では、さざんかがきれいに散っていた。
寒い野山をうろつくと、とてもとても癒されるのです。

忘年会の多い時期だが、空きの夜はYouTubeでアイヌ昔話や神謡を山ほどみるのが最近のプチブームとなっている。私の育てた子グマ、60のゆりかご、カラスの会話、スズメの恩返し、犬をそまつにあつかった嫁、空き家の化け物、オタコチャンチャン、などなどたくさんの奇抜な物語で脳みそがあふれてしまう。

IMG_3262 (1).jpg
岬馬監視員のおっちゃんに、昔話が作れそうなシイタケをたくさん頂いた。このところの暖かさで、爆発的にとれるそうだ。いつもありがとうございます。おしまい。
Posted by 鎌田 at 22:49
フィールド開放イベント近し! [2019年12月09日(Mon)]
先週も相変わらずに、実習、実験、入試(畜産別科)と書類。
すぐに12月の第一週も終わってしまったのである。

そして今週末はいよいよ住吉フィールド開放イベントだ。
しかし、今週も先週同様...。準備大丈夫かな...。

本日は毎週おなじみ獣医学科産業動物臨床繁殖学(りんぱん)、先週から引き続きICEプロの家畜登録審査実習、そして今日から神戸大学のICT実験、とある企業のセンサー実験、その他...。

まぁ、そんなこといっても所詮は住吉牧場である。
IMG_3067.jpg
日々是ひなたぼっこ。

IMG_3076.jpg
外食・ピクニックを楽しむウシさんたち...。


とはいえ、時には緊迫感が漂うこともある。
IMG_2928.jpg
むむ、初めて産むおでぶな牛のおなかの中の子牛が、どうみてもでかすぎるのでうまく産めそうもない感じ...。

IMG_2929.jpg
「どうみても初産過肥牛の胎子過大です。難産ですよ、これは」

IMG_2935.jpg
夜まで待って、待ちきれずに引っ張った。今年最重量の48キロ超級の子牛だったけど、親の骨盤も大きかったので、幸い軽めの難産で済みました。母子ともに健康でなによりです。

IMG_2936 (1).jpg
「なんかこの汁おいしいかも...」
産んだ本人は至ってのんびりである。

IMG_2939.jpg
「わたし、きれいかも...」
生まれた子牛のことは全く気にならないようだ。


IMG_3049.jpg
そして快晴の下、ひなたで遊びまくるブタさんたち。

IMG_3055.jpg
「かみつきたいからこっちきてあそぼ...」と、目で訴えてくる。

IMG_3063.jpg
趣味は泥浴エステと庭いじり。見事に耕すものです。


とはいえ、そんなのどかな日常に忍び寄る危機があるのだ。
IMG_2958.jpg
放牧豚の柵の外を、獲物を狙ったプチハイエナがうろついているではないか...。まさかどこかから漂流してきたのだろうか...。

IMG_2962.jpg
よくみると、疥癬(寄生虫)でボロボロになった子ダヌキだ。
余計な知識が現実を曲解させるのだ。

しかし、不思議と毎年発生する疥癬タヌキの謎...。
困難な身の上を嘆くこともなく、やぶの中に消えていった。


そして毎度の都井岬。めっきり寒いが...
IMG_2897.jpg
レインボー都井岬。

IMG_3034.jpg
サンセット都井岬。

IMG_3043.jpg
ムーンライト都井岬。

割安ホテル名のようなラインアップだ...
しかし、美しい風景は、毎朝毎晩、どこにでもあるのです。
それをみる目と心の余裕がないだけなんでしょうねぇ...


そして、今週末は住吉フィールド開放イベントとなります。
図3.jpg
ご来場、お待ちしております!
Posted by 鎌田 at 23:11
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
https://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml