CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
もうすぐ11月 [2019年10月28日(Mon)]
あっという間に10月も終了!

22日(火)は、ミャンマーさくらサイエンス組と高千穂へ。
PA221977.jpg
天岩戸神社の天安河原(あまのやすがわら)。
三途の川も、だいぶ近づいてきた気がする...。

最近、いい天気だ。かなり涼しくなってきた。
IMG_2122.jpg
宮崎は最高だなぁ、とつくづく思う瞬間だ。

23日(水)は畜魂祭その他。
最近ようやく、行事日程にゆとりが出てきた。

25日(金)はOPU研修会とか、ブタの音声認識試験の機器設置とか、草地生態研究室の調査とか、とある企業の飛び込み撮影会とか、宮崎農業高校の研修の下見とか、その他ちらほら。

この土日は当番だった。
IMG_2135 (1).jpg
日曜日は、朝の搾乳後に、ブタの交配。
その後に子牛の下痢治療。

ゆとりがあったので、草刈りとか、クモの巣とりとかする。
IMG_2138.jpg
そろそろ人間が捕まってもおかしくないぐらいのクモの巣だ。
誰かが捕まる前に、全て取り去ることにした。

昼休みにハラビロカマキリがマイカーに乗車してきた。
IMG_2145.jpg
カマキリはインドネシア語で Belalang sembah というらしい。
意味は、「お祈りするバッタ」とのこと。
いわれてみると、お祈りしているように見えなくもない。

午後はなぜか放牧地のブタが、奥の放牧地に脱走したという...
IMG_2147.jpg
そのまま奥の放牧地も開放することにした。
楽しそうに走り回るブタさん達を見るのはとても楽しい。

その後は、牛の一般管理とか、肥育牛の肺炎治療とか。
そして夕方搾乳して、夜の見回り。
IMG_2169.jpg
子守が忙しくて寝れない?

PA272009.jpg
発情している若雌牛。乗られてるほう。
乗ってる方も♀ですが...。

PA272004.jpg
人知れず、キンモクセイが咲いている。
ふとふと、夜来香が頭の中をリフレインしてしまう。

朝から夜まで、牛→豚→牛→豚→牛と移動した。牧場では、ウシとブタを同日に触る場合は、シャワーを浴びてから移動するルールだ。4回もシャワーを浴びる羽目になり、いつもよりさっぱりすっかりすーすーしている。


さて、日曜はこんな日だったが、世の中には、いろんな人がいるのだ。最近、とある波乗りユーチューバーに注目している。わかりやすいし、うまいし、おもしろい。すなわちすばらしい。

何と宮崎大学の学生だという。意外とみんな知ってたけど...。
学長表彰どころか、県知事に表彰されてもいいのでは?と思うくらいに、宮崎大学と宮崎県の好感度アップに貢献している。

同じ日曜日の、10/27にアップされたのがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=wTwaNGZMqws
ちなみに、登場する後輩のうち、落ち着いているほうの彼は牧場研究室の3年生だ。波乗りの日々を過ごしているようだ。

何回もみてしまうのがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=GxQQUMwHP1c
みるたびに、心の中で何かを叫ばざるを得ない。

永遠の初心者ながら、かなり遠ざかっているサーフィンであるが、俄然、やる気に満ち溢れてしまった。下手なパドリングやドルフィンスルーを、夜な夜な、畳の上で練習する日々である...。

この申請書が...とか、あの予算が...とか言ってるうちに、人生は終わってしまうのだ。とりあえず、もうちょいしたら、何とかしたい...。
Posted by 鎌田 at 01:28
最近の出来事 [2019年10月16日(Wed)]
IMG_1889 (1).jpg
新たな台風が過ぎて、さらなる秋が来た。

IMG_1920 (1).jpg
10/5〜6は、都井岬の馬追い。例年通りに満喫した。

IMG_1934 (1).jpg
10/7、朝からブタ出荷。

IMG_1935 (1).jpg
運命を、知ってか知らずか、声だけを残して運ばれていった。

IMG_1955.jpg
10/8〜10、牧場実習U。皆さん上達している。
他、多くの実験や実習を適度に(または適当に)やりすごす。

10日の夜から関西に移動。11日に神戸で所用を済ませたのち、12〜14日まで、秋といえばの一人旅である。

ディスカバー じゃぱん。知らないことが多すぎるのだ。
一人旅は寂しいので、大学院時代の人々と再会した。
PA131926.jpg
場所は滋賀県の近江八幡である。続けて来た台風の風雨の中、なぜかワンちゃんの歯石除去+歯槽膿漏抜歯オペの麻酔医となり、見返りとしてか?夜はイケてるイタ飯をごちになった。

PA131903.jpg
琵琶湖周辺の水郷をめぐって、歴史他いろんな勉強になった。
いろんなことをほとんど何も知らない。当たり前かもだけど。

PA131895.jpg
それから京都に移動した。駅の設計がすごくて感心する。

PA131889.jpg
マニアにははずせない京都水族館。
ペンギンの家系図など、様々な工夫に見入ってしまう。
ちょっとしたことなんですが、大きな違いとなりますね。

PA131874.jpg
京都は荘厳な神社仏閣のオンパレードでテンションが上がった。
昔は全く興味なかったことですが...。

PA141939.jpg
京都の一人旅も寂しいので、定年退職後のM田先生と再会。
多数の神社仏閣を、その無尽蔵な博識で案内してもらった。

PA141945.jpg
少しのことにも先達は...兼好法師の教えは今でも変わらない。

PA141951.jpg
撫牛の頭をなでて、その効果を期待している。

PA141955.jpg
ここでも美味をごちになる。

PA141960.jpg
〆は路地奥の、やんごとなき方々が愛好するという鰻屋さんだ。まったくもって、お世話になりっぱなしである。

20191016_宮崎日日新聞_南九州産業動物育成センター記事.jpg
帰ってくればこんなニュースが...。
全ての出来事は時が解決してくれるであろう。

IMG_2027 (1).jpg
今日の午前は豚舎でいろいろ。牛舎では獣医の参加型臨床実習も。豚舎はちょっと距離があるので、ラップサイレージ収納中のトラクターをヒッチハイクした。

IMG_2046 (1).jpg
午後はまたまた都井岬でウンチ拾いである。強風が楽しい。
6時過ぎには暗くなって、タヌキ、アナグマ、ノウサギ、そして御崎馬が闊歩する闇となった。ナイトサファリみたいな感じ。

何にしろ、時間もお金も圧倒的に足りないような気がするけれど、人生あっという間はあるさ、と竹原ピストルが言っている。まったくもってその通りだ。
Posted by 鎌田 at 23:15
まだちょっと暑いかも [2019年10月04日(Fri)]
毎年恒例、どんだけ毎日実習やっとるんかーい、の9月も終了し、若干平和な10月が訪れてもよさそなものですが、そんな10月がいなくなってから早や数年が経っています...。

本日の住吉牧場でも、鹿大獣医と宮大獣医衛生の肺胞洗浄試験部隊、工学部のドローン部隊や画像解析ICT部隊、畜産草地のアカネズミ部隊など、多数の研究グループが暗躍していた。北海道へ研修に行っていた職員3名も無事帰還した模様である。

さて、10/1は、獣医学科参加型臨床実習(養豚)
最近のブタに関するニュースといえばやはりこちらであろう。
IMG_1854.jpg
牧場の豚舎で実験に取り組むA君が、第1回 宮大ビジネスコンテストのグランプリを獲得した。すごいぞおめでとう。

その数日前、彼が実験用につないでいた水道ホースが外れて、オガコ豚房の仔豚たちが水害のなかで水泳を楽しんでいたことは、黙っておこうと思う。

そして、ちょっと前にはこんなニュースも。
IMG_1645.jpg
AIといっても、人工授精じゃないほうのやつだ。グーグル翻訳の言語リスト欄で、ブタ語を選択できるようになる日も近いだろう。できたあかつきにはブタにいろいろ相談してみたい。

IMG_1678.jpg
「貴様のくだらん相談などお断りだ!」

10/2は、NOSAI新任獣医師研修と獣医の参加型臨床実習(牛)
10/3は、ガジャマダ大学の若手教員と留学生、あわせて3名のイ国人研修として、宮崎県畜産共進会を見学した。

PA030220.jpg
畜産王国宮崎のアツい気合がすさまじい。

PA030223.jpg
芸術的な牛が、多数出品されていた。
インドネシア人もびっくりの世界だ。

PA030214.jpg
会場では、焼肉サービスで黒毛和牛150gが500円だった。
我々は皆、欲張って300gづつ食べてから、とろーんとなる。

本日10/4は、全国和牛ハイスクールサミットでGAP研修講師。
とはいえ、ほぼ丸投げして謙虚な外野に徹するのである。
超音波診断講師の育種T先生とともに、昨日と同じ会場へ。
PA040225.jpg
昨日の喧騒が嘘みたいに片付けられており、さらにびっくり。
全国の畜産高校生のやる気に接して、軽い敗北感を味わう。

件の豚コレラとアフリカ豚コレラはどんどん広がり、収束の気配もない。世界中のブタとイノシシで、何かが変動している気配がある。世界の熱帯雨林が燃え尽きそうな今、人間は乙事主様の意見をもっと真剣に聞くべきであろう。まじで...。
Posted by 鎌田 at 19:43
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
https://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml