• もっと見る
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
迷走のガンジス [2024年04月13日(Sat)]
ようやく娑婆に復活...

数年前の獣医学生T君が「人類みな受けるべき...」と大絶賛していたブッダガヤの瞑想センターで、4/2〜4/12まで修業していました

T君のキャラゆえか、なんとなくゆるい研修のようなものを想像していた10日間コースのスケジュールはこちら...

40881449.jpg
がち修行じゃん...
朝4時半から夜9時までほぼ瞑想

P4110061.jpg
スマホ、パスポート、財布まで一切を金庫に預けた参加者は男女別で(それぞれ100名弱、8割インド人?)読書も音楽も、さらに会話も一切禁止。食事も菜食、午後ほぼ絶食(バナナ1本とレモン水のみ)で、瞑想あるのみです

P4110057.jpg
最初の3日はひたすら座禅して呼吸に意識を集中する瞑想...
肢、膝、腰、背、肩、首が、痛いどころではありません

P4110068.jpg
座布団を重ねる人も増え、日が経つほどに笑点状態へ
夕方、宿舎屋上から眺める、塀の外の風景が癒しでした

ちょうど小麦の収穫時期でした。農家のおばさんたちが、地面を這うように手鎌で刈り取っていきます
F256EDEA-.jpg
刈り取った畑には、ウシ、水牛、ヤギなどを放します
動画その1その2
糞が肥料となり、乳が栄養となる畜産本来の姿でした

そして長く長く実り多き苦行もついに無事終了
一部は牧場実習に応用できるのかも...

0B720A0D.jpg
そして次は、ヒンズー教の聖地バラナシへと向かいます
列車で向かうガンジス川

B1A2B032.jpg
車窓から眺めるインドの小麦大平原
これを手鎌で... 悠久を感じます


駅からバイタクで喧騒の街に向かい、ぼったくられつつ、大渋滞のよくわからない場所で降車
CFB2FB7A-F7D3.jpg
久々にネットなし環境。予約してた宿を、昔ながらになんとなく歩いて探します

E8839761-.jpg
「ご案内しましょうか?」

あっち方向に1時間ぐらい歩けば着くらしい
夜になっちゃったし。地図もないけど、まぁ仕方ない

3C32B48A.jpg
ディズニーランドみたい
特異なキャラクター数ははるかに多いです

6BFBF8D8.jpg
それにしてもインドの街中は自由な家畜の宝庫です
家畜好きにはたまらない。動物福祉レベルも世界最高?

7882EC93.jpg
こんな場所でも大丈夫

ABF5E92F.jpg
迷路のような道を迷いつつ

BB4A5AFD.jpg
しばしのら犬とたたずむガンジス河畔
その辺でいろいろ燃やしています

3B088858.jpg
寝ているのら犬を跨ぎ越え、ようやく宿に着きました

低栄養でへろへろさまようインドが楽しすぎです
Posted by 鎌田 at 13:48
4月になりました [2024年04月01日(Mon)]
とにかく暑いインドに来てます
F90CC310.jpg
後ろの建設現場の竹足場がゆるくていい感じ...

旅人業界では「とりあえず行っとけ」的な扱いのインド。いつでも行けるから後回し...と思っているうちに齢を重ね、今回ようやくとりあえず到着しました
9EF626CF.jpg
今回は休暇かつ初回ということで、ステレオタイプなこてこてインドでまったりする予定です

人口で中国を抜いたインド。激動激変の世界ですが、思ってた以上にまだまだインドっぽい景色が残っています
9A0C3F77.jpg
出店に立ち寄り何かを飲むオスのコブウシ
お店の人も隣の床屋さんもだれもなにも気にしません

04837A2E.jpg
まちの散歩も車、バイク、人々とぶつからないように、しかも足元にあるいろんなもの(各種ウンチとか)を踏まないように、リアルゲーム感覚で楽しめます

01286D4F.jpg
世界第2位のウシ飼養頭数を誇り、しかもその飼養目的がいまいち謎であるインドに行かずして、家畜を語ることなかれ...みたいなのもちょっとあり

2DB15CFF.jpg
水牛の飼養頭数は世界一(1億頭以上)
世界の水牛の半分以上はインドにいます

300781C3.jpg
ヤギさんの飼養頭数も1億頭以上
中国に次ぎ世界第2位の飼養頭数です

インドはゴミだらけの場所も多いです
E6561B04.jpg
でも一人当たりのゴミ産出量は日本の方が多いはず。集めて埋めるか集めてないかの違いなだけかもしれません

58FADDFF.jpg
痩せてるように見える牛も多いです。エネルギーをじゃぶじゃぶ使いまくる生活と、生きてくぎりぎりのエネルギーしか使わない生活。どちらがエコでSDGs的なのか、エアコンの部屋でダイエットに取り組みながら検討するのもいいのではないでしょうか...

さて、インドに来てしまった実際の動機は不明ですが、一番しっくりした理由はトキソプラズマ操縦説です
257EF191.jpg

沖縄の食肉衛生検査所で働いてた頃、トキソプラズマの抗体陽性でした。ヤギ刺し食いすぎだ

7E27410E.jpg
最近、家で飼ってるネコが異常にかわいいのです... また、トキソプラズマに感染すると、危険を恐れずネコ科動物に捕食されやすい行動をとるようになるそうです

ネズミの例とハイエナの例とオオカミの例

要するに、そろそろトラとかヒョウとかインドライオンに食べられなさいという指令が出ている状態。ネコ好きやインド好きやアフリカ好きには、意外とそんなヒトが多いのでは?

430D126A.jpg
ヒトの行動をプログラムする遺伝子の中に、人間以外由来のものも多いことが明らかになってきました。生物は皆、多種生物の複合体としてしか存在できないのに、確固たる自己や自我があるという幻想と共に生きているのだ...

さてさて、インドといっても巨大すぎてよくわかりません
とりあえずの今回は仏教の聖地ブッダガヤに来てみました
2EF4D0D6.jpg
世界遺産のマハーボーディ寺院(大菩提寺)

せっかくなのでネコ科動物に捕食される前に、明日から修行に取り組んでみる予定です
Posted by 鎌田 at 10:28
そしていよいよ3月下旬 [2024年03月27日(Wed)]
3/22卒業式
149DEC05.jpg
やっぱ皆さん牛とか好きなようだ

3/24都井岬
今年の冬は雨が多かったような
F3F47713.jpg
雨の中では立ったままうとうと寝る馬が多いような

2B75E81B.jpg
調子の悪い子牛さん

6A83FFA0.jpg
調子の悪くないジャージーさん

3/25〜27、農場管理専門獣医師研修(乳牛編)
BB2E0CB9.jpg
乳牛を上手に飼うのは簡単ではないです

一方こちらの3月下旬は
935DEB10.jpg
相も変わらず樹木伐採であった

家畜(特にウシ)の健康と福祉を追求した結果、病気の治療ではなく予防のための飼養管理、その一環としての放牧地管理、それは樹木伐採と牧柵管理へとつながるのだ
151718BA.jpg
先祖伝来の遺伝子に染み付いた樹木伐採と開拓への欲求
なんだかんだ言って単純に危険で目の前の伐採に集中できる時間が楽しいです

0768703D.jpg
神々しいような樹を伐ろうとすると、樹の精ともいうべき植物体は危機を察して伐採者の害となる呪いの何かを発するような気配が...

D392B8E4.jpg
そして山の神への尊敬と木魂への感謝の呪文は、その有害物質を減らす効果があるのかも。現状では非科学的なような話も、将来は科学的に検証されるのではないかなぁ...

それにしても、チェンソーの威力はすごすぎです



7FF4F4F2.jpg
そしてとある日、なぜか肥育舎の飼槽に弱ったハツカネズミ(子ネズミ?)が落ちていました

同じ哺乳類でも数万倍の体重差...

547B61BD.jpg
哺乳類が一生のうちにどきどきする心拍数は、どの動物でも大差ないという説があります。なんでもドキドキしちゃう緊張しやすいヒトの寿命は短くなるのかもしれません

そして最近、危険全般への警戒心が、どんどん薄れてきているように感じています。その理由にもまた、心当たりがあるのですが...

そして、3月も今年度も終わりが近い中、明日からまたお休みををもらって、ついにあの目的地へと向かう予定です
Posted by 鎌田 at 21:48
3月中旬終了 [2024年03月20日(Wed)]
先の土日はウシ当番でした
牧場の朝は乳牛の搾乳から始まります

472C326D.jpg
タイパ改善?のため、人手の少ない当番の日はちょっと早めに来て、乳牛の搾乳前に和牛の放牧したりするのですが...

放牧した後に、リンパン学生の実験があることを思い出し
121FE6D4.jpg
牛舎に戻りたがらない和牛さん達を、犬ころのように走り回って収牧することに。朝の搾乳前から二度手間で疲弊し、要領の悪さに感動しました

この土日は、今年の海外協力隊でセネガルに赴く宮崎家保の獣医師も研修に来ていました

05F67187.jpg
「いいから早よエサくれいよ」

780B8C6B.jpg
乳牛は自動給餌機にも慣れて行列も

日曜には子牛も生まれてきました
5D67C0A1.jpg
「胎盤うまいよ」
ラーメンみたいなコシがあるのでしょうか

セネガル、グリオ、吟遊詩人... いいなぁ...
フランス語とか現地の言葉とか

アフリカの水を飲んだものは、またアフリカに戻ってゆく、と言われております。まあ、行きたいときに行くべきだよなと、竹原ピストルの「それじゃただの大人だろ」を聴きながら... ただの大人になれるのもすごいのですが...


さて、バンブーデビルとの戦いも一段落した3月中旬
B12E9F4B.jpg
今年の目標である、とある放牧地の整備として
いよいよ本丸の樹木伐採に取り組んでいる

3A5EA3E7.jpg
自分より年長の樹木(プチ巨木?)

CEF90B6A.jpg
倒れるときは木魂の悲鳴のようなきしむ音と
地響きのような轟音がします。とても危険

近年の研究により、植物たちも伝達物質で高度に会話?していることが明らかになってきました。おそらく多分、植物たちも知性や痛覚を持つことが明らかになるかも

そして動物福祉のみならず、植物福祉という考えが出てくるのだ。いかに苦痛を与えずに伐採するのか?麻酔薬も開発せねばなるまいか...

その時、ヒトは家畜に対して植物への虐待を止めるよう行動を起こすのか...

49B33453.jpg
「まじでか?...」

41FC15C3.jpg
「びっくりしてアゴ外れちゃう...」

46375035.jpg
「あ、はずれちゃった...」

「冗談だよ...」
C1182748.jpg
「おい、そこのぼーっとした棒人間!」
「まじめにうんこ拾え!」

ばれてたんかぃ...

今日の都井岬には、久々に日南に入港したクルーズ船から大型バスで大勢の欧米観光客が来ていました。安くなった日本にとって、やはりインバウンド経済の影響は大きいのかも

15AFF31D.jpg
そして毎年、田植えも終わりが近づくこの季節の宮崎に、とてつもない自由を感じてしまいます。その理由もまた、昔の記憶によるものなのですが...
Posted by 鎌田 at 22:14
3月上旬終了 [2024年03月12日(Tue)]
牧場の職員室から眺める牛さんたち
23DEC628.jpg
贅沢な職場です...

最近もっぱらのメイン業務は
3EE2DC2C.jpg
巨大なバンブーデビルとの戦いである

切っても切っても減らない竹の森
放牧地を維持する上で無視はできない
257BA69E.jpg
ノコギリと粘りで築く竹の山だ

B5BDDE7E.jpg
チビデビルのようなナナフシのこども?

07749495.jpg
生態保全もあり、バンブーは小悪魔風に変身させ休戦した


別日、ぐるりと伸びた雄の牙
3F800A45.jpg
歯茎に刺さる問題があり、ベテランF職員に切ってもらった

49763858 __.jpg
雄ブタは発情メスとの本交時ならば何も嫌がらない
不思議な?ブタの習性ですね...


そして3/2と3/6で、今年の目標の一つであった、フォークリフトの技能講習を修了しました
7004EE1E.jpg
思いのほか試験の難易度が高くて、久々に知能と運動の全力を振り絞り、どうにか合格ちとうれしい

そして3/9から日向で、全国で活躍する産業動物臨床繁殖学研究室関係者の集う大リンパン会に参加し、久々のメンツと昨今の業界情勢等について。変化が激しい時代です...

3/10はそのまま都井岬
夜までウンチ拾いをしながら撮影も

IMGP9418_.jpg
実写無加工でこんな景色の季節です
沖の漁船と空のシリウスがまぶしい丘の上だ

3/11、昨日は
B0977912-6A9C.jpg
シンガポール親善協会御一行様のご来場

9805F28B.jpg
場内の桜も楽しんでもらえた模様
本物「和牛」等の消費拡大も、よろしくお願い致します!


3/12、本日午前は久々の後期試験監督でした

午後は以前実習に来ていた岡理大の学生が道すがら来場
おいしいどら焼きありがとう

そして明日は獣医師国家試験の発表日とのことです

それから調子の悪い牛さんを診察しました
EDB467C5.jpg
21歳で現役バリバリの頑張り屋おばあさん牛だ

そんなこんなの3月上旬でした
何がどうあれもう春です
Posted by 鎌田 at 21:35
2月29日 [2024年02月29日(Thu)]
今年の2月もおしまいとなる日

IMG_1180.jpg
2月下旬の3日間は農場管理専門獣医師研修(肉牛編)

今年は雨が多いのですが、
合間をぬって場内整備
IMG_1189.jpg
電気牧柵などを急ぎ拡充してます

IMG_1199.jpg
2/26に生まれたホル♂子牛

前回生まれたホル♂は平成31年3月24日でしたので
令和6年目にしてようやく令和初の記念ホル♂です

本日2/29
IMG_1230.jpg
また生まれてきてます

母牛は初産だけど太めの子牛の肢...
むむむ...

待ちかねて頃合いを見て引っ張り出しました
IMG_1236.jpg
元気出るようにみんなでこすりまくって...

IMG_1239.jpg
顔でつっかえていたのでちょっと腫れてますね
無事で何よりのまたもやホル♂でした

IMG_1141.jpg
最近はずっと性判別精液で♀ばかり生まれてましたが、今回のホル♂2頭は性判別精液を使ってなかったとのことです

うるう年うるう日うまれのうるう牛
ホル♂なので、激安でしかうれないうるう牛だ

IMG_1212 - frame.jpg
カラスの巣作りも始まってるみたいです
ウシの毛の巣は、ほかほかで最高間違いなしでしょう...
Posted by 鎌田 at 22:55
めっきりぬるくなっています [2024年02月22日(Thu)]
草木が伸び始める前に片付けたいこと多いけど間に合わん...

CCE196F4.jpg
倒した竹の笹を味見する和牛たち

本日22日の午前はGAP事業等の打合せ、午後は豚熱ワクチン接種、それから直腸検査実習も兼ねたウシの人工授精など

昨日21日は岩手大H田先生による「ウシ体外受精胚生産技術を学ぶ研修会」等がありました

IMG_1053_1.jpg
スローで見るとおもしろい食べ方の乳牛

2/19〜20は所用で久しぶりに福岡でした
165289CD.jpg
福岡の街は大好きですが、関東育ちなので、博多県という県は無いこと、福岡は博多県の県庁所在地ではないということを、宮崎で大学生になった後に知りました...

2/20の帰り道、これまた久しぶりで出水に寄りました
IMGP3677.jpg
遥か遠い昔、鶴を眺めていた鳥図鑑が本棚にまだあります

378C1C71.jpg
無料の双眼鏡や電気自動車を借りて、保護区内を探索しました。案内の方々も親切で、至れり尽くせりがすごい

IMGP3597.jpg
着いたらいきなり珍鳥のヘラサギがいました
もうすぐどこに渡っていくのかな

福岡で聞いた話がとても興味深かったです

2018年、サシバエに寄生するキャメロンコガネコバチという小さなハチが見つかりました。九州大学を中心に、この寄生蜂を使って、サシバエをコントロールできないかという研究が行われています

サシバエ対策はなかなか簡単ではない
兵庫「The Fly Project」の一例

サシバエは畜産業界では悪名高い害虫で、いろんな病気を運んだりもします。出水のツルもですが、渡り鳥全般もいろいろ運んでいるようです

IMGP3639.jpg
アムール川流域に帰るマナヅル
昔はおいしく食べられていたそうだ

IMGP3605.jpg
もうすぐ中国ロシアの奥地に帰るナベヅル
世界中のナベヅルの8割がここで越冬するらしい

興味深い自然の生き物たちですが、
寄生蜂だけでももはや無限のような世界

生きものの半分近くが寄生虫という説も...

IMGP3680.jpg
カナダに帰るのかカナダヅル

63B847AC.jpg
鳥フル対策で車輛消毒等が行われていました

超複雑な生態系の一部である無数の病原体に対して、消毒薬という名の毒薬で立ち向かう人類に勝算はあるのでしょうか。彼を知り己を知ればなんとやら...

2/21朝に生まれたウシ
6167DF59.jpg
ウシの寄生世界も未だに謎が多いのです
槍形吸虫に関する最近の発見
この槍形吸虫は、宿主のアリを操るらしい

近頃よく話題になってるハリガネムシも、宿主であるカマキリやカマドウマを操って、入水させるという説があります。怖いですね...

寄生とか生態系の話は笑えるくらいの底なしです

IMGP3691.jpg
夕暮れに飛び交い渡り去る鶴の姿を眺めていると、こちらも無性にどこかへ旅立ちたくなりました。その理由は恐らく、何者かに行動を操られているからなのかもしれません...
Posted by 鎌田 at 22:12
2月も半ばとなりました [2024年02月12日(Mon)]
s-41BF83FF.jpg
宮崎では梅も桜も咲き始め
県南では田植えの準備も進んでいます

1/28、都井岬で野焼きがありました
学生ボランティアとともに参加
s-93E03033.jpg
焼くことで芽が出る種もあるのだ

s-F24F1841.jpg
火遊びは危なくて楽しいのだ
(炎上しすぎて鎮火にてこずりました)

2/1〜2、ウシ肉質超音波診断技術講習会
s-ED7AE978.jpg
例年通りの大盛況

2/2、CADIC特別セミナー「獣医師を楽にする牛のためのお産」そして2/3の乳牛飼養管理講習会、講師はいまだに恐ろしく若い北海道のI井みつを先生だ
s-62E5936A.jpg
釧路地区NOSAI時代はウマのことなど教えていただいたり、朝野球でノックされたりしてました。「おっさんになったね〜、昔は新人だったのにね〜」と感嘆されました...

2/5(月)、SEミートさんの国内最大級ハラル食肉処理施設で竣工式と内覧会に参加させて頂きました
s-38EEBBE5.jpg
世界人口の4人に一人はイスラム教徒なのです
世界全人口の給料の一部が、日々産油国に流れていくのです
和牛の輸出と需要拡大へのチャレンジがすばらしいですね

s-36E72DCF.jpg
2/6(火)、宮崎家保 豚熱ワクチンの免疫付与状況確認検査

午後は木花キャンパスでCADIC特別セミナーに参加
「感染症診断へのデジタル技術活用〜VRを用いた寄生虫診断学習とAIによる寄生虫卵鑑別〜」でした
s-1A534762.jpg

もうね、仮想現実(VR)が凄すぎて、信じられません。近い将来の人類は、培養液に浸かって横たわりながら、VR世界で幸せに暮らす生き物になるのではないでしょうか?


そして2/7〜9、今年の目標の一つだった、伐木・チェンソー作業従事者特別教育に参加しました。
s-313598B3.jpg
巨大な肥育牛の何倍・何十倍もある樹木が、伐採時には折れたり跳ねたり弾けたり飛んだり降ってきたりするようです。危険はんぱない...

先週は時間の許す限り、世界中の樹木伐採風景をYouTubeで視ていました。技法とか事故例とかとても勉強になります

s-EE552769.jpg
旧乳牛舎横の巨大なクスノキも

s-69AA3AD4.jpg
チェンソーがあればすぐに伐採だ
(2/7より伐採。建物が破壊されるので)

s-4590E7C1.jpg
もちろんプロの業者さんにやってもらいました

放牧地管理のため、死なない程度に伐採したい...


s-71F10735.jpg
2/10、牧場ウシ当番

s-IMGP9357.jpg
2/11、都井岬調査

2/12、卒論予演など学生発表の準備とか
2/13、動物環境管理学実験(家畜行動観察)とか
2/14、卒論発表会と歓送迎会とか
油断してるともう3月だ

豚熱・アフリカ豚熱のリスクが迫っているので、感染源として重要であるイノシシの行動調査(動画)とかにも力を入れていこうかと思っています
s-IMAG0547 - f.jpg
Posted by 鎌田 at 23:33
1月下旬 [2024年01月25日(Thu)]
暖冬と寒波が行ったり来たりで
1月終了間近となってます

s-IMG_E0373.jpg
平均したら普通なんじゃね?...

s-IMG_E0177.jpg
いいからエサちょうだいぶぅ

s-716C65E3.jpg
寒い日もあれば暑い日もあるでしょ
今日はめちゃめちゃ寒いけど...


さて、今年の目標の一つ。自然観察の一環として、夕景・夜景・薄暗い景色の撮影に、はまってます

s-1EADB06E.jpg
昔は超絶難しかったことが、今では誰もが何でも簡単にできてしまう時代だ。たいていはスマホさん等が勝手に調整してきれいに写してくれる...

とはいえ、YouTubeみてるといろんな裏技・職人技が解説されてるので、ついついヤフオクメルカリで型落ち格安のカメラやレンズをポチして練習してます。中古市場は宝の山だ...

s-IMGP9047.jpg
やっぱ一眼レフで撮った写真はきれいかも

s-IMGP9087.jpg
マニュアル設定がおもしろいです

IMGP9146s.jpg
いろいろ調整できますがむずい

s-IMGP9251.jpg
星空はやはりさらにむずいかも

s-IMGP9283.jpg
今宵の月を望遠で

でもやっぱ目で見たほうが、これよりず〜っときれいなんです。目とカメラの仕組みは結構似てるようですが、動物の視覚って本当によくできててすごい。あるいは妄想で景色が曲解されているのかも...

今宵の月と近所のカラスのねぐら(動画)
こんなのもごく近所にあって、まじで嬉しい生活環境だ

今年は満天の銀河系とか、ホタルの群舞とか、撮れるように頑張ります

昨日の大荒れの幸島付近海域
s-EFF2A11E.jpg
THE BLUE HEARTSに「星をください」という歌があるのですが、そんな気持ちだった大昔に目標としていた、海と星のある場所に暮らせている現実がじわえもい今年の1月でした
Posted by 鎌田 at 23:47
そして2024年へ [2024年01月05日(Fri)]
は〜るば〜る来たぜ2024年♪...
まだ生きてます

IMG_0130.jpg
管理棟と宿泊施設の改修工事は予定通り?の進展
すでに国内外他大学から工事終了後の実習問合せが...

そして今年もあっぱれ晴天元旦で
IMG_0159.jpg
最高の草刈りまさお君初め日和でした
飛び出したバッタやネズミをカラスがぱくぱく...

2日はブタさん当番
IMG_0207 - 2s.jpg
オス豚に水飲ませるだけで超絶に楽しい(動画)
実はちょっと問題あるので処置の準備中です
(動画見て気づく人は観察力すばらしい)

IMG_0169.jpg
12月30日に生まれた子豚の昼寝(動画)
元気に育ってください!

つられて眠くなったので外の木漏れ日で昼寝
IMG_0200.jpg
めざといカラスどもに見つかり、激論が...(動画)
「お〜い!ニンゲンがたおれてるぞ〜」
「まじ?死んでんじゃね?つっつきにいこうぜ」
「だまされるな!わなだ!死んだふりだ!」

ひるねです... 
うるさくて寝れないんですけど...


最近、小学生の時以来、久々の探鳥にはまってます
240105_2.jpg
見た目はノスリ、動きと鳴き声はハチクマ...
どっちなんだ...(都井岬にて)

240105_1.jpg
ウミウとカワウの違いはそこそこ微妙です
(これも都井岬)

D2E7C050.jpg
フクロウっぽくない。コミミズク?
そしてオリオン座(これも都井岬からの帰り道)

IMG_0067.jpg
年末の月夜のひょっこりひょうたん島
(これも帰り道)

IMG_0050.jpg
そして月夜のミサキウマ

240105_4.jpg
途中の山道のニホンザル

そして3日はウシ当番
IMG_0239.jpg
乳牛って、搾乳さえしなければピカピカですよね...

なかなかの年始となりましたが、加齢とともに精神年齢がさらに低下して、最近は小学生レベルな気もします。当時も野っ原で鳥とか虫を見てるだけで超楽しかったような...

さて、去年もとても良い年でした。今年も目標をたくさん立ててしまったので、できるだけクリアしながら、いい年になるように過ごしていきたいと思います!
Posted by 鎌田 at 21:39
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
https://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml