CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2021年01月 | Main | 2021年03月 »

検索
検索語句
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
ジャマール・カショギ氏殺害に関する米国国家情報局要約版報告書公開[2021年02月27日(Sat)]
2月26日、米国国家情報局(ODNI)は、2018年10月2日にトルコのサウジ領事館内で殺害された、ワシントンポストのコラムニストで著名なサウジ人ジャーナリストであったジャマール・カショギ氏をサウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン(MBS)が、同人を「捕捉するか殺害する」ことを目的としたトルコのイスタンブールにおける作戦を承諾していたと分析評価した報告書の4頁の要約版を公開した。
(主要点)
• カショギ殺害の時点で、皇太子は、側近たちが託された職務を果たすことに失敗した場合、解雇されるか、逮捕されるかもしれないとの恐怖を利用したものとみられる。これは、側近たちが、MBSの命令に逆らったり、彼の了承なしに機微な行動をとることは出来そうにもないことを示している。
• 2018年10月2日、15名で構成されるサウジのチームは、イスタンブールに到着した。チームには、王宮のサウジ調査・メディア問題センター(CSMARC)で勤務し、あるいは関連する役人が含まれていた。作戦時、CSMARCは、MBSの身近な側近であったサウード・カハタニが長を務めていた。カハタニ氏は、2018年央時点で、皇太子の承諾がなければ、決定を下すことができないと公に述べていた
• チームには、サウジ王宮府護衛隊の一部である急速介入部隊(RIF)として知られるMBSのエリート護衛部隊メンバー7名が含まれていた。この部隊は、MBSのみに従い、王国内外での反逆者を抑圧するための早くからの作戦に、皇太子の指示で直接関与していた。我々は、RIFのメンバーは、MBSの承諾なしにはカショギ作戦に参加できなかったと判断する。
皇太子は、カショギを王国への脅威とみなした。彼を黙らせるために必要であれば、暴力的な手法をとることを広く支持した。サウジの役人たちがカショギに対する作戦を事前に練っていたものとみられるものの、どれくらい前から彼らが彼を傷つけようとしていたのかはわからない。
• 我々は、以下の人物が、MBSに代わってカショギ殺害に関与し、命令され、責任を有することに高い確信を有している。我々は、これらの人物が作戦がカショギの死に至ることを事前に承知していたのかについてはわからない。
@ サウード・カハタニ(元王宮府顧問)
A マーヘル・ムトリブ(チーム代表格。カショギと在英大使館同僚)
B ナーイフ・アルアリーフィ
C ムハンマド・アルザハラーニ
D バドル・アルウタイバ
E アブドルアジーズ・アルハウサーウィ
F ワリード・アブドッラー・アルシヒリー
G ハーリド・アルオタイバ
H サアル・アルハラビィ
I ファハド・シハーブ・アルバラウィ
J メシュアル・アルブスターニ
K トルキー・アルシヒリー
L ムスタファ・アルマダニー(殺害当日カショギに変装)
M サイフ・サアド・アルカハタニ
N アフマド・ザイド・アッシーリ(元情報部副長官)
O サラーハ・アルトゥバィギ(法医学者)
P ムハンマド・アルオタイバ

(コメント)ヘインズ国家情報長官は、上院のヒアリングで、2019年に議会で可決された法律を遵守し、カショギ殺害に関する報告書を公開することを約束していた。報告書は、サウジ王室と緊密な関係を共有し、サウジを米国の対中東戦略の中心に据えたトランプ政権によって、1年以上にわたって公の場から遮断されていた。2月25日、バイデン大統領はMBSの父親サルマン国王と電話会談して、報告書を公表する旨通報した。サウジ外務省は報告書の内容を虚偽であり、その評価を完全に拒否するとしたうえで、王国は、その指導者、主権、および司法制度の独立性を侵害するいかなる措置も拒否する、と補足した。ブリンケン国務長官は、この報告書の評価にもかかわらず、MBS皇太子自身に対しては、制裁を科さないことを明言した。一方、アッシーリ元情報部副長官と「タイガー部隊」として知られる組織としてのRIFが財務省の制裁リストに追加された。
https://www.axios.com/khashoggi-report-365166be-7092-483c-b739-411193a91d2a.html
国家情報局https://www.dni.gov/files/ODNI/documents/assessments/Assessment-Saudi-Gov-Role-in-JK-Death-20210226v2.pdf
https://www.middleeasteye.net/news/khashoggi-murder-advocates-decry-us-failure-impose-sanctions-mbs
https://home.treasury.gov/policy-issues/financial-sanctions/recent-actions/20210226

Posted by 八木 at 15:56 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

サウジの女性活動家ルジャイン・アルハスルールの解放確認[2021年02月11日(Thu)]
2月11日、サウジ人の女性活動家ルジャイン・アルハスルールが1001日ぶりにサウジの刑務所から釈放され、自宅に帰還したことが確認された。2020年12月28日、リヤドの特別刑事裁判所は彼女に有罪判決を下し、刑期の半分を停止して5年8か月の禁固刑を言い渡していた。これをうけて、バイデン米大統領をはじめ世界の政治家、人権活動家が歓迎のメッセージを発出。但し、彼女の家族によれば、彼女は、未だに保護観察中で、旅行を禁止され、控訴プロセスの知らせを待っている状態で、完全に「自由」になったわけではないとのこと。
(アルハスルールについて)
@サウジアラビア国内で最も活発な女性の権利活動家の1人。 その活動は、サウジ国家の制限的な男性保護制度の廃止、女性の運転の許可、家庭内暴力の犠牲者のための避難所の設立を含む3つの分野に焦点をあてたものであった。
A国家治安部隊は2018年5月15日にハスルールを逮捕し、以後、彼女は、拘束され続けていた。彼女は、刑務所で拷問・虐待を受けていたと主張している。
https://www.middleeasteye.net/news/saudi-arabia-loujain-hathloul-activist-returns-home-prison

(参考1)バイデン大統領釈放歓迎コメント(米時間2月10日、国防総省)
はじめに、サウジアラビア政府が著名な人権活動家であるルジャイン・ハズルー− -loul −、l-o-u-l −を刑務所から釈放したという歓迎のニュースがある。 彼女は女性の権利を擁護する強力な人物であり、彼女を釈放したことは正しいことである
Before I begin, I have some welcome news that the Saudi government has released a prominent human rights activist, Loujain al-Hathlou − -loul − excuse me, l-o-u-l − from prison. She’s a powerful advocate women’s rights, and releasing her was the right thing to do.
https://twitter.com/i/status/1359600888902516743
(参考2)国務省コメント(米時間2月10日 プライス報道官)
QUESTION: And last one on Saudi Arabia, the release of Loujain al-Hathloul – do you have any comment on her release?
MR PRICE: Well, we have – we have seen those reports. And certainly her release would be a very welcome development. What I can say is that promoting and advocating for women’s rights and other human rights should never be criminalized. We have watched this case very closely. And certainly as we continue to monitor developments there, her release would be a very welcome development.

Posted by 八木 at 09:59 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)