• もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2024年01月 | Main | 2024年03月 »

検索
検索語句
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
中東の資源国UAEとグローバルサウス中心国のひとつインドとの関係強化[2024年02月14日(Wed)]
2024年2月13日、UAE訪問中のモディ首相は、インド対外省のプレスリリースによれば、ムハンマド・ビン・ザーイド(通称:MBZ)UAE大統領との会談の機会をとらえて、以下の覚書を交した。モディ首相は、2023年7月15日UAEを公式訪問していた。

@電力相互接続および貿易分野における協力に関する覚書:これにより、エネルギー安全保障やエネルギー貿易を含む、エネルギー分野における協力の新たな分野が開かれる。

Aインド・中東・欧州を結ぶ新経済回廊の強化と運営のための協力に関する政府間枠組み協定:この件に関するこれまでの理解と協力を基礎とし、地域の連結性を促進するインドとUAEの協力を促進する。

Bデジタルインフラプロジェクトにおける協力に関する覚書:デジタルインフラ分野における投資協力を含む幅広い協力の枠組みを構築するとともに、技術的知識、スキル、専門知識の共有を促進する。

CUAE国立図書館・公文書館とインド国立公文書館との間の協力議定書:この議定書は、アーカイブ資料の修復と保存を含む、この分野における広範な二国間協力を形成する。

D国家海洋遺産複合施設(NMHC)の開発に関する覚書:グジャラート州ロタールの海洋遺産複合施設の支援を目的とした両国間の関与を促進する。

E即時決済プラットフォームの相互リンクに関する合意 - UPI (インド) と AANI (UAE) : これにより、両国間のシームレスな国境を越えた取引が促進される。 これは、23年7月のモディ首相のアブダビ訪問中に署名された決済システムとメッセージングシステムの相互リンクに関する覚書に続くものである。

F国内デビット/クレジット カードの相互リンクに関する合意 - RuPay (インド) と JAYWAN (UAE) : 金融セクターの協力関係を構築する上で重要なステップであり、これにより UAE 全体で RuPay の普遍的な受け入れが強化される。首相は、デジタル RuPay クレジットカードとデビットカードをベースにした UAE の国内カード JAYWAN の発行についてシェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領に祝意を表した。 両首脳は、JAYWANカードを使用して行われた取引を目撃した。

Gエネルギーパートナーシップの強化:両首脳は、UAEがインドにとって原油とLPGの最大供給源の一つであることに加え、インドが現在LNGの長期契約を結んでいることを評価した。

H港湾関係協力:訪問に先立ち、RITES Limitedはアブダビ港湾会社と、グジャラート海事委員会はアブダビ港湾会社と協定を締結した。 これらは港湾インフラの構築に役立ち、両国間の接続をさらに強化するとみられている。

Iヒンドゥー寺院のアブダビ開設:モディ首相は、ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン大統領の個人的な支援と、アブダビのBAPS寺院建設のための土地の供与に対する寛大なご厚情に感謝の意を表した。 双方は、BAPS寺院がUAEとインドの友好関係、深く根付いた文化的絆を祝うものであり、調和、寛容、平和共存に対するUAEの世界的な取り組みを体現するものであることに留意した。

(コメント)モディ首相の2023年7月以来のUAE訪問が実施され、UAE・インド関係の強化が改めて印象付けられた。両国は、2022年2月に包括的経済連携協定(いわゆる自由貿易協定)を締結しており、貿易関係を拡大している。UAEの総人口は約1千万人であるが、うち350万人がインド系といわれ、貿易量の拡大に加えて、取引の現地通貨使用や、新決済システムの導入、インド系住民が簡単に母国通貨との関係で容易に使用できるクレジット・カード使用が拡大された。さらに、ガザ危機で、見通しがたたなくなっていたインドからアラビア半島を通じて、イスラエル、欧州を結ぶ新経済回廊準備に向けた覚書も交わされた。2024年4月または5月に実施予定のインド総選挙で勝利し、首相3期目を目指すモディ首相は、再選を期して、内外で着実に実績を積み重ねている。今回のUAE訪問で交わされた覚書の一部について注目点を挙げれば次のとおり。
@の貿易拡大右矢印12022年2月18日、UAEとインドは二国間の包括的経済連携協定(CEPA)を締結した。両国の物品に関する貿易額は21年の600億ドル(約6兆9000億円)だが、5年後に1000億ドルまで引き上げることをめざすとのこと。
Aのインド・中東・欧州を結ぶ新経済回廊:新回廊構想は、2023年9月のインドG20開催の機会に米国、インド、サウジ、UAE、欧州諸国との間で合意文書が署名された。しかし、23年10月7日に発生したガザ危機で、サウジは、対イスラエル関係の見直しを強いられた。直前の2023年9月22日、国連総会でネタニヤフ・イスラエル首相はサウジアラビアとの和平が間近であると演説、MBS皇太子は23年9月FOXニュースとのインタビューで、イスラエルとの合意に「日に日に近づいている」と述べていたが、パレスチナ問題はリヤドにとって「非常に重要」であるとも主張した。「私たちはその部分を解決する必要がある。パレスチナ人の生活を楽にする必要がある」と彼は語っていた。10月7日にハマス・イスラエル戦争勃発し、10月14日、サウジは関係正常化協議中断を米国に通報した。これによって、新経済回廊構想は、延期を余儀なくされたが、イスラエルとの関係を正常化しているUAEは、ガザ情勢にもかかわらず、インドとの間で、新回廊の準備は続けていくことを確認し、新経済回廊構想は死に絶えていないことをアピールした。
E、Fについて:インド政府は2023年8月14日UAEとの二国間貿易の決済を自国通貨で始めたと明らかにした。インド石油公社(IOC)はUAE産原油100万バレルの決済をルピーで行い、IOCはアブダビ国営石油会社(ADNOC)に支払った。インドは23年7月、UAEとの間で、ドルではなくルピーで決済する合意をUAEとの間で締結し、ドルとルピーの換金を経由せず、コストを削減する取り組みを強化した。インドのモディ首相がUAEを訪問した際、両国間での国境を越えた送金をより簡単にするために、即時決済システムを導入することで合意していた。モディ首相とUAEのMBZ大統領はで24年2月13日、アブダビでUPIとRuPayカードサービスを導入した。これにより、両国間のシームレスな国境を越えた取引が容易になった。 これは、23年7月の首相のアブダビ訪問中に署名された、決済システムとメッセージングシステムの相互リンクに関する覚書に続くものとなる。さらに、この動きは、ロシアやイランがBRICSや上海協力機構(SCO)のメンバー間で導入をすすめている取引の脱ドル化、新決済システムの導入、運用の動きと相通ずるものと考えられる。
➉について:モディ首相は、インドの総人口の8割を占めるヒンドゥー教徒にアピールするため、24年1月22日には、1992年にヒンドゥー教至上主義者によって破壊されたバブリーモスクの跡地に建設されたアヨーディヤ・ヒンドゥー教「ラーマ」寺院の開所式典で自らの功績をアピールした。そして、アブダビでは、UAEが土地を提供し、BAPSヒンドゥー寺院開設を支援した。
アブダビでは、2023年3月1日、宗教間の融和を謳い、3大一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教の宗教施設を統合した通称「アブラハム・ファミリー・ハウス」が公開されており、MBZ大統領は、アブダビを多宗教の信者に開かれた場所であることをアピールしている。
https://www.mea.gov.in/press-releases.htm?dtl/37620/Prime_Ministers_meeting_with_President_of_the_UAE

Posted by 八木 at 15:09 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)