• もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2023年07月 | Main | 2023年09月 »

検索
検索語句
<< 2023年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
サウジアラビアのサッカー・クラブへの大物スター選手移籍の背景 [2023年08月16日(Wed)]
2023年8月15日、サウジアラビアのサッカー1部リーグのアル・ヒラールは2025年までに2年契約でパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWネイマール(現在31歳)を獲得したことを発表した。

サウジアラビアとアジアで最も成功したクラブのひとつであるアル・ヒラールは66のトロフィーを獲得し、リーグ優勝18回、アジアチャンピオンズリーグ優勝4回の記録を保持している。サウジの政府系ファンドである公的投資基金(PIF)は、2023年6月にリーグチャンピオンのアル・イティハド、アル・アハリー、アル・ナスル、アル・ヒラールが関与するスポーツクラブへの投資・民営化計画を発表して以来、リヤドに本拠を置くサッカー・クラブにとってチーム戦力の強化は優先事項となっている。サウジプロリーグのシーズンは、5億ドル近くを費やして欧州のチームから多くの有力選手やコーチを招聘し、11日に開幕した。

ポルトガル代表フォワードのクリスティアーノ・ロナウドは昨シーズン、カタール・ワールドカップ直後にアル・ナスルに加入し、一方アル・イティハドはレアル・マドリードから仏人ストライカーのカリム・ベンゼマと契約した。欧州サッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ優勝者のリヤド・マフレズ、エドゥアール・メンディ、ロベルト・フィルミーノがアル・アハリーと契約した。

ネイマールは2017年、世界最高額となる2億2200万ユーロでバルセロナからカタールの政府系ファンドが所有するパリ・サンジェルマン(PSG)へと加入。通算173試合で118ゴールを記録し、5度のリーグ優勝などのタイトル獲得に貢献してきた。しかし先般、ルイス・エンリケ新監督から戦力外通知を受けたとされる。移籍金額は、公式には発表されていないものの、3億ドルが保証されているとされる。

なお、サウジの有力選手獲得は失敗した事例もあり、バルセロナとPSGでネイマールの長年のチームメイトであるアルゼンチン代表のメッシは、アル・ヒラールを訪問し、サウジアラビア訪問でPSGから出場停止処分を受けた後、一説によれば3億ドルのサウジプロリーグとの大型契約を回避し、本年6月に米国のデビッド・ベッカム率いるMLSクラブのインテル・マイアミへの加入を決めた。アル・ヒラールはエムバペにも史上最高額の7億7,500万ドルの1年契約を提示したが、獲得を逃したとされる。

(解説)サウジの実質的指導者ムハンマド・ビン・サルマン(通称MBS)皇太子が2016年に立ち上げた国家開発計画「ビジョン2030」((計画発表当時は副皇太子)に向け、サウジアラビアは、経済・財政の脱石油、経済構造の多角化・多様化を推進し、若者や女性に雇用や娯楽を提供し、政権への長期にわたる国民の支持を得ようとしている。そのなかで、スポーツも国民の支持と世界の注目を集めるうえでの重要なツールとなっている。サウジアラビアは、2030年の「ビジョン2030」達成の記念行事をいくつも考えていると思われ、例えば、2029年に砂漠の国サウジで、人工雪を降らせて、アジア冬季スポーツ大会をメガプロジェクトNEOM(新未来の意味)領域内トロイェナで開催ホストすることが既に決まっている。そして、2030年にはFIFAワールドカップのホスト国のひとつになることも狙っている。2022年11月、MBS皇太子は、訪日の観測もあった中で、カタールでのFIFAワールドカップ・ドーハ大会の開幕式に駆け付け、インファンティーノFIFA会長と親しく懇談した。サウジは、2021年英国内でも反対意見が強かったサッカーのイングランド・プレミアリーグに所属するニューカッスル・ユナイテッドの買収を完了した。買収額は3億500万ポンドとされる。これらの関連資金拠出は、サウジの石油売却資金がベースとなる公的投資基金PIFのファンドから実施されている。サウジの財政均衡石油価格は、IMFの2023年の予測で80.9ドルと推測されている。すなわち、サウジのスポーツ分野を含む巨大プロジェクトを動かしていくには、バレル80ドル以上の石油価格を維持する必要があり、そのため、様々な欧米首脳からのアプローチにかかわらず、サウジはOPECプラスの枠内で、減産調整を維持し、石油価格の維持に努めている。
https://jp.reuters.com/article/soccer-saudi-alh-neymar-idCAKBN2ZQ1E1
https://www.forbes.com/sites/brianbushard/2023/08/15/neymar-joins-saudi-club-al-hilal-with-record-300-million-contract-report-says/?sh=715c2a051575

Posted by 八木 at 10:50 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)