• もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2022年01月 | Main | 2022年03月 »

検索
検索語句
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
フーシー派のアブダビ攻撃で強まるUAE・イスラエル軍事協力[2022年02月03日(Thu)]
1月17日、24日、31日にイエメンの反政府武装組織フーシー派は、UAEのアブダビ、ドバイに向け、ドローン、ミサイル攻撃を実行した(フーシー派作戦名:イエメンのサイクロン作戦第1号、2号、3号)。17日の攻撃では、アブダビの石油施設付近のダンクローリー車3台とアブダビ空港が狙われ、外国人労働者3名が死亡した。2回目、3回目の攻撃では、UAE側がミサイル等迎撃に成功したとされている。こうした中、注目されるのが、UAEとイスラエルのUAE防衛のための軍事協力の強化である。フーシー派のアブダビ攻撃と現地の受け止め方については、アブダビ在住の本田圭さんの現地報告「アブダビより:フーシー派が主張するアブダビ攻撃を受けて」(2022年1月24日付)をお読みいただきたい。
http://meis.or.jp/products/millitary_terrorism/TheAttackFromHouthiToAbuDhabi.php
(参考1)1月17日のアブダビ攻撃を受けてのイスラエルの反応: 1月18日イスラエルのナフタリ・ベネット首相が、UAEの実質的指導者アブダビのムハンマド・ビン・ザーイド・アルナヒヤーン皇太子にメッセージを送り、1月17日に3名が死亡したアブダビの施設を標的とした攻撃を強く非難した。ベネット首相は、「イスラエルはUAEシェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド皇太子と共に立っている。世界はテロに反対しなければならない」と述べた。彼はMBZに宛てて、「イスラエルは中東の過激派との継続的な闘いにおいてあなたがたと協力することを約束している。私たちはあなたと団結して私たちの共通の敵と協力し続ける」と述べた。そして、「UAEを同様の攻撃から保護するための情報とセキュリティ支援を提供し、関心があれば、UAEのカウンターパートに必要な支援を提供するようにイスラエルのセキュリティサービスに指示する」準備ができていると宣言した(イスラエルニュース24による)。
(参考2)UAEのイスラエル防空最新レーダー購入の動き:UAEは、イスラエルのアロー・システムの一部であるグリーンパインレーダーの高度なバージョンELM-2080Sを求めている。これは、複数の弾道ミサイルを同時に迎撃できるよう設計されており、イスラエルが同意すれば、それは両国間の最初の主要な軍事技術の取引となる。売却が承認された場合、レーダーはUAEによって購入され、イスラエルでの短いトレーニングセッションの後に、UAE部隊が自ら操作する。 イスラエルの企業は過去にサイバーシステムと国防装備をUAEに販売してきたが、高度なレーダーシステムの売却は両国の軍事協力が別のレベルに移ったことを意味する。
(参考3)フーシー派の反応:2月1日、アンサールッラー運動(フーシー派)の指導者であるアブドル・マーリク・アル・フーシーは、部族の代表団(ジャウフ県とマーリブ県)との会談で、「我々の義務は団結し、国家が外部の脅威にさらされないように努力することであるとして要旨次のとおり述べた。
●我々は、ジャウフ県において、同胞たちの間で相互理解を促進し、安全と安定確立することに熱心でなければならない。
米国人とイスラエル人はイスラム教徒の真の敵であり、彼らは彼らの目標を達成するために国内の問題を利用しようとしている
イスラエルとその支持者(注:UAEを指すとみられる)はイエメンの人々からは共通の敵と見なされている。2日前に敵国のトップ(注:イスラエルのアイザック・ヘルツォーク大統領は1月30日、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビを訪問し、ムハンマド・ビン・ザーイド・アブダビ首長国皇太子と会談を行った。)がUAEを訪問し、サウジアラビアは搭乗機に空域を開いたが、我が人民は、自国の空域でさえ飛行することを禁じられている。
●数日前に、国連ほかが刑務所の場所について知っていたにもかかわらず、敵はサーダ県の刑務所を故意に襲撃し虐殺を行った。わが国民への封鎖措置は、国民に大きな苦痛を与えており、彼らは、免許を取得して船でさえ、臨検している。
●我々の義務は団結して立ち、国家が外部の脅威にさらされないようにすべての人が努力することである。
(コメント)UAEとイスラエルは、2020年8月13日の国交正常化宣言以来、関係を強化しており、政治面では、ベネット首相が2021年12月13日、イスラエルの首相としては、初のUAE公式訪問を果たした。首相は、アブダビの同皇太子の私邸で約2時間半、UAEの実質的指導者であるムハンマド・ビン・ザーイド・アブダビ皇太子とテタテ会談を行い、自由貿易協定の締結促進などの経済関係のほか、軍事・治安面での協議を行ったとされる。UAEは世界有数の産油国で、ADIAやムバーダラなどのオイルマネーを原資とした巨大なソブリンウエルスファンドを運用する。一方、イスラエルは、サイバー、サイバー・セキュリティやAIを活用した新産業分野で世界有数の開発力を有している。いわば、UAEの資金力とイスラエルの技術力を組み合わせれば、少なくとも中東地域では、経済的にも軍事的にも他国を圧倒する地位を築くことができると考えている。こうした中で、イエメンのフーシー派は、ハーディ政権を支えるサウジアラビアに対しては、幾度もミサイル、ドローン攻撃を実施してきたが、UAEに対しては、同国がサウジ連合軍の主力から一歩距離を置いていたこともあり、目立った攻撃を控えてきていた。この攻撃の背景には、UAEが支援する「ジャイアント部隊」とよばれるイエメン政府傘下の部隊が、シャブア県でフーシー派を押し返し、マーリブ県でも攻勢を強め、それに危機感を覚えたフーシー派が、UAEの動きを抑制するために警告を発したものとみられている。UAEとイスラエルの軍事・治安面での協力は、すでにソコトラ島などで噂されていたが、フーシー派からのUAE防衛という「大義」を掲げ、実質的な協力が進もうとしている。

(イスラエル・UAE軍事協力関係)https://www.almayadeen.net/news/politics/%D8%A3%D9%85%D9%8A%D8%B1-%D8%B9%D8%A8%D8%AF-%D8%A7%D9%84%D9%84%D9%87%D9%8A%D8%A7%D9%86-%D9%84%D9%86%D8%B8%D9%8A%D8%B1%D9%87-%D8%A7%D9%84%D8%A5%D9%85%D8%A7%D8%B1%D8%A7%D8%AA%D9%8A:-%D9%84%D8%A7-%D9%85%D8%B5%D9%84%D8%AD%D8%A9-%D9%84%D8%A3%D8%AD%D8%AF-%D9%81%D9%8A-%D8%A7%D8%B3%D8%AA%D9%85%D8%B1%D8%A7%D8%B1 https://breakingdefense.com/2022/02/uae-reeling-from-houthi-attacks-seeking-israeli-advanced-radar-sources/?utm_campaign=Breaking%20Defense%20Land&utm_medium=email&_hsmi=202697337&_hsenc=p2ANqtz-87wf3t9jxuN_Yqp4XBA9cMwtFqKZ61--bGOAyHI48zwaK3JOdKqIVM3FQxRrv9JRsNq_rv8RilA72M2NEE5plMl6ncig&utm_content=202697337&utm_source=hs_email
(フーシー派のUAE攻撃)https://www.reuters.com/world/middle-east/yemens-houthis-say-disclose-details-new-military-operation-against-uae-tweet-2022-01-30/
(アブドル・マーリク・フーシー発言)https://www.almayadeen.net/news/politics/%D8%A7%D9%84%D8%AD%D9%88%D8%AB%D9%8A:-%D8%A5%D8%B3%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D9%8A%D9%84-%D9%88%D8%A7%D9%84%D9%85%D9%88%D8%A7%D9%84%D9%88%D9%86-%D9%84%D9%87%D8%A7-%D9%8A%D8%B9%D8%AA%D8%A8%D8%B1%D9%88%D9%86-%D8%A7%D9%84%D8%B4%D8%B9%D8%A8-%D8%A7%D9%84%D9%8A%D9%85%D9%86%D9%8A-%D8%B9%D8%AF%D9%88%D8%A7-%D9%85%D8%B4%D8%AA%D8%B1

Posted by 八木 at 10:30 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ