CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2020年06月 | Main | 2020年08月 »

検索
検索語句
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
サウジでの大巡礼開始[2020年07月31日(Fri)]
サウジアラビアで7月29日、イスラム教の聖地メッカへの大巡礼ハッジが始まった。巡礼中の新型コロナ・ウイルス感染拡大を防ぐため、例年に比べ規模を大幅に縮小し開始された。 ハッジはイスラム教徒にとっての宗教的義務である5行の一つで、心身の健康なイスラム教徒は一生に少なくとも一度は行わなければならないとされている。例年200万人以上が各国から参加するが、ことしはコロナ・ウィルス感染拡大のため、サウジ政府は、国内のイスラム教徒1000人に限って、巡礼を認めたとされる。サウジでの新型コロナ感染者数は、7月30日の段階で、世界で14番目で、中東では2番目に多い274,219名、死者2,842名に達している。
https://youtu.be/w8QJZNtSsuU
https://youtu.be/69TbUbNGGr8
(主な大巡礼の行事行程)
@メッカ聖域入域:男性はイフラームという聖域入域の際、2つの縫製のないイフラーム用の衣装を身にまとい、女性もゆとりのある衣装で体を覆い、ミカート(Miqat)というゲートから入場する。
A その後、メッカのグランドモスク内にあるカアバ神殿の周りを反時計回りに7回回る(タワーフと呼ぶ)。その後、サファとマルワという2つの丘を7往復する(サアイと呼ぶ)。
B メッカから行程8kmのテント村のあるミナ(Mina)に向けて出発する。
C ミナから夜明け前に出発し、約14.4km先の預言者ムハンマドが最後の説教を行ったとされるアラファト山で祈りを捧げ、1日過ごす。イスラム教徒の多くは、断食する。
D 日没後、移動を開始し、約9km先の岩山の荒野「ムズダリファ」で平地を探して一泊する。その際、翌日に備えて小石を拾う。
E 夜明け前に出発し、ミナで悪魔に見立てたジャマラートと呼ぶ3本の石の柱に小石を投げる(圧死事故等が多発したため、現在は柱の前は構造物が5層になって、交通整理されるようになっている)。巡礼者は、悪魔に石を投げて追い払う。
F神がアブラハムに息子イサックを犠牲にささげよと命じ、それに従おうとしたアブラハムに、神は天使を遣わして、それを停止させ、息子にかわって羊をささげることを許した逸話にちなんで、巡礼者は、羊やヤギなど動物を犠牲にして、神にささげる
G 男性は髪の毛を剃り、イフラームの衣装を脱ぎ捨てる。
H カーバ神殿に戻り7回周回するとともに、タワーフとサアイの間を7回往来する。
I さらに、ミナに移動し、ジャマラートの柱に小石を投げる。
J 最後にカーバ神殿で、お別れのタワーフを行い、巡礼の行を終了する。
 因みに、巡礼参加者の多数は、巡礼の機会に、もうひとつの聖地メディナを訪問する者も多いが、メディナ訪問は、巡礼の一行事には位置付けられていない。

Posted by 八木 at 09:17 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)