CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2020年02月 | Main | 2020年04月 »

検索
検索語句
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
中東における新型コロナウイルス感染の拡大(3月13日:スーダンで初の感染・死者確認)[2020年03月14日(Sat)]
3月13日、イランは依然としてこの地域のウイルス拡大の震源地であり、13日一日で85人の死亡が報告された。カタールでは、一日で58名の感染増が確認された。スーダンでは初の感染と死者が報告された。スーダン人男性で、UAE訪問歴があるとのこと。サウジの感染数も増加しているが、14名はエジプト人であるとのこと。感染者が出ていないシリアでは、水パイプの提供を禁止し、4月2日までの公立学校の閉鎖を決定した。

イラン 11364件(前日の10075件から増加) 死者514名(前日の429名から増加) 
イラク 101件(前日の83件から増加) 死者9(前日の8名から増加) 
バーレーン 197件(12日時点での数字) 
クウェート 80件 (12日時点での数字)
UAE 85件 (12日時点での数字)
オマーン 19件 (前日の18件から増加)
カタール 320件 (前日の262件から増加)
サウジ 86件(前日の45件から増加)
レバノン 77件(前日の68件から増加) 死者3名(変化なし)
トルコ 5件(前日の1件から増加)

エジプト 80件(12日時点での数字)死者2(12日時点での数字)
イスラエル 161件(前回の109件から増加)
ヨルダン 1件(変化なし)
パレスチナ 31件 (12日時点での数字)

アルジェリア 26件(変化なし) 死者2名(変化なし)
モロッコ  7件(前日の6件から増加)死者1名(変化なし)
チュニジア 16件(前日の13件から増加)
スーダン  1件 死者1名
(出所)ワシントンポスト、アルジャジーラオンライン記事

Posted by 八木 at 15:28 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

石油販売を巡るサウジアラビアとロシアの仁義なき戦い[2020年03月14日(Sat)]
2016年12月のサウジが代表するOPECとロシアが代表する非OPECとの減産合意成立後、サウジとロシアは、減産調整による原油価格の安定のため、協力してきた。しかし、3月6日のOPEC+会合での減産調整失敗で、サウジは本格的に原油の増産、低価格販売戦略を加速させており、3年間続いた蜜月は終了し、今やサウジとロシアの仁義なき戦いに発展する様相を呈している。
(ロイター等報道要旨)
●サウジアラビアは、ロシアとの石油価格戦争が激化する中、欧州とアジアにおけるロシアの大手石油精製業者を標的に、バレルあたり25ドルという低価格でサウジ産石油を市場投入する準備をしている。サウジの国営石油会社アラムコは、欧州で原油を処理する石油メジャーおよび精製業者から、4月にすべての追加要求量を供給すると語った。石油価格は年初から半減している。ロシアとOPECが新たな石油減産調整に失敗した後、世界を代表する石油生産国であるサウジアラビアとロシアの間の緊張は全面的な価格戦争に燃え上がった。
●サウジアラビアは4月に生産量を260万bpd引き上げることを約束。UAEのアブダビ国営石油会社ADNOCは、市場シェアをめぐる戦いに加わり、生産量を4月に400万b/bに、さらに500万b/dにひきあげると発表。サウジアラビアは、石油の公式販売価格を大幅に引き下げ、トレーダーによると、アラブライトとアラブミディアムバレルは、CIFロッテルダムベースでバレルあたり25〜28ドルの販売価格で提供された。Total、BP、Eni、SOCARなどの欧州の石油精製業者はすべて、4月にサウジ原油の追加供給のための割り当てを確認したとされる。サウジは今後の石油供給をさらに拡大するために約31隻のスーパータンカーを暫定的にチャーターしたため、タンカー料金が高騰した。
●ロシアのアレクサンドル・ノヴァク・エネルギー大臣は、3月13日、OPEC +パートナーとの交渉のテーブルに戻る理由はこれまでのところ見当たらず、4月に1日あたり200,000バレル(bpd)石油生産量を増やすことができると発言。ロシアの主要ブレンドであるウラルは、Refinitiv Eikonのデータによると、CIFロッテルダムベースで1バレルあたり30ドルをわずかに上回る価格で提供された。
(コメント)3月6日ジュネーブにおけるOPEC+会合において、ロシアはサウジが提案した150万b/dの追加減産提案を拒否し、減産調整が失敗したことをうけて、サウジはロシアへの報復行動を開始している。欧州市場でサウジアラムコは、25-28ドル/bで原油を石油買取大手に販売し始めており、ロシアのシェアを奪おうとしている。サウジは、市場への原油供給量を2020年1月の970万b/dから、4月には1230万b/d、その後、1300万b/dにも拡大しようとしている。これに合わせて、盟友のUAEも生産量を400万b/d、さらには500万b/dにまで拡大する動きに出ている。サウジの石油生産コストは低く、当面25ドル/bでも市場に原油を提示する能力を有する一方で、サウジの予算措置は、原油価格70-80ドル/bで計算しており、他方、ロシアのそれは、42ドル/bとされ、サウジがロシアから市場を奪い取るのか、あるいは、短期的は安値販売でロシアを一時的には排除することができても、中長期的に続けることは困難で、悪影響がサウジの財政に打撃を与える可能性もある。ロシアの大手石油企業は、減産に消極的であり、憲法を改定し、2024年に新たな大統領候補として出馬し、最長2036年まで権力維持を目論むプーチン大統領は、国内のエネルギー大手の支持を固めて権力基盤を強化しようとしている。サウジとロシアの価格競争激化と他の産油国の増産、ならびにコロナウイルス感染拡大による中国等での生産活動の低迷に基づく需要の低下、フライト停止・削減等航空燃料需要の減少等で、石油需要が低下すると予想される中、サウジとロシアの仁義なき価格競争の行方、ならびに価格低下が米国のシェール石油産業に与える影響が注目される。
https://www.aljazeera.com/ajimpact/saudis-sell-oil-25-market-share-grab-russia-reuters-200313144749965.html

Posted by 八木 at 14:43 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ