CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2020年02月 | Main | 2020年04月 »

検索
検索語句
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
IEAは、2020年の世界の石油需要に悲観的な見通しを発表[2020年03月10日(Tue)]

世界の原油市場は、3月9日、OPECと非OPECの減産調整の失敗で、原油価格の主要なベンチマークであるBrentとWTIはともにバレルあたり35ドルを下回った。アジア市場では価格が30%近くの31.38ドル/バレルまで下落し、WTIは反発前に一時わずか2016年以来最低の28ドルを下回った。
3月9日、国際エネルギー機関IEAは、最新の石油市場見通しを発表し、コロナウイルス感染拡大が市場に重くのしかかっているため、2020年には世界の石油需要は減少する見通しを明らかにした。IEAの見通しは、コロナウイルス封じ込めに関して不確実性が大きいとしながらも、昨年世界の石油需要の8割を占めた中国での消費の落ち込みと世界貿易、人の往来に必要な燃料の需要減少により、悪いシナリオで2020年、石油需要が73万バレル/日の落ち込みになると警告している。

(参考)IEAの最新の石油市場見通し(3月9日)
●新しいコロナウイルス(COVID-19)の影響が世界中に広がり、旅行と経済活動が制限されるため、世界の石油需要は2020年に減少すると予想されている。
状況は依然として流動的であり、ウイルスの全世界的な影響がどのようなものになるかについて非常に大きな不確実性が生じている。 IEAの中心的な見方では、中国の石油消費の大幅な縮小と世界の旅行と貿易の大きな混乱により、2009年以来初めて今年の需要が減少する。
●IEAのエグゼクティブディレクターFatih Birol博士は、コロナウイルスの危機は、石炭、ガス、再生可能エネルギーを含む幅広いエネルギー市場に影響を及ぼしているが、とりわけ石油市場への影響は深刻である。これは、人や物の動きを止め、輸送燃料の需要に大きな打撃を与える。これは特に、世界最大のエネルギー消費国である中国で当てはまる。中国は昨年、世界の石油需要の伸びの80%以上を占めた。ウイルスの影響は世界の他の地域に広がっているが、中国で起きた事態は、世界のエネルギーおよび石油市場に大きな影響を与える、と発言した。
●IEAは現在、2020年には2019年からみて1日あたり約90,000バレル減少の99.9百万バレル/日の世界の石油需要を見込んでいる。これは2020年2月のIEAの予測からの急激な下方修正である。石油市場の短期的な見通しは、最終的に、各国政府がコロナウイルスの大流行を封じ込める速さ、その取り組みの成功度、および世界の健康危機が経済活動に及ぼす影響の長さに依存する。
●エネルギー市場が直面している極端な不確実性を説明するために、IEAは世界の石油需要が今年どのように進化するかについて、2つのシナリオを想定した。より悲観的なケースでは、世界的な対策がウイルスを封じ込めず、2020年には世界の需要が1日あたり730,000バレル減少する。Birol博士は、我々は状況の展開を注意深く追跡しており、状況が明確になると予測を定期的に更新する。コロナウイルスの石油市場への影響は一時的なものかもしれないが、世界のサプライヤー、特に石油とガスの収益に大きく依存しているサプライヤーが直面している長期的な課題はなくなることはない。 IEAが繰り返し述べているように、これらの生産国は、今日見られる複数の不確実性をナビゲートするために、よりダイナミックで多様な経済を必要としている、と補足した。
https://www.iea.org/news/global-oil-demand-to-decline-in-2020-as-coronavirus-weighs-heavily-on-markets

Posted by 八木 at 16:30 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

中東でのコロナウイルス感染拡大(3月9日現在)[2020年03月10日(Tue)]
イランで依然感染件数ならびに死者が増加している。イランのハメネイ最高指導者は3月20日のイラン新年における演説を取りやめると発表した。エジプトでは、3月8日独人一名が死亡した。感染者数は、下記55件からさらに4件増えて59件に達している模様。うち45名はナイルクルーズ乗船者。エジプトでは、サウジがエジプトからの旅行客に無感染証明を義務付けたことから、数百名がエジプト保健省の検査ラボに殺到したとのこと。死者が発生しているイラクでは、ミイサーン県の村が封鎖された。死者は4mの深さで葬らねばならないとの指示が出された。サウジでは、金曜礼拝の時間が15分に制限された。モスクでの飲食も禁止された。サウジ入国者が、無感染証明等の違反を犯した場合には、50万リアルの罰金を科すとのこと。モロッコは、イタリアとの往来を当面禁止した

イラン 7161件(前日の6566件から増加) 死者237名(前日の194名から増加) 
イラク 60件(前日の54件から増加) 死者6名(変化なし) 
バーレーン 95件(前日の85件から増加) 
クウェート 64件 (前日の62件から微増)
UAE 45件 (変化なし)
オマーン 16件 (変化なし)
カタール 18件 (前日の12件から増加)
サウジ 15件(前日の11件から増加)
レバノン 32件(前日の28件から増加) 

エジプト 55件⇒最新で59件(前日の48件から増加)死者1名(初の死者)
イスラエル 39件(前日の25件から増加) 
ヨルダン 1件(変化なし)
パレスチナ 22件(前日の19件から増加)

アルジェリア 20件(前日の19件から微増)
モロッコ 2件(変化なし)
チュニジア 2件(前日の1件から微増)

Posted by 八木 at 15:26 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ