CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 2020年02月 | Main | 2020年04月 »

検索
検索語句
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
OPEC+会合での減産調整失敗で、湾岸証券市場での株価暴落[2020年03月09日(Mon)]
3月8日、湾岸諸国の証券市場で、株価が暴落した。GCC市場は一日で2,115億ドルを失い、そのうちサウジアラビアだけで1,845億ドルの価値を失った。世界最大の国営石油会社アラムコの株価は昨年12月の一部株式上場(IPO)の売り出し価格を初めて下回った。かかる大きな幅の下落は、GCC市場では2005年以来生じていない。暴落の原因として、第一に、石油価格の暴落があげられる。石油価格は年初60ドル/bを上回っていたが、先週後半のOPECと非OPECの石油減産を巡る調整が失敗したことをうけ、3月6日、NY市場で41.28ドル/bへと10.1%下落した。OPECを率いるサウジは、現在の210万b/dの減産に加え、2020年末までの間さらに150万b/dの減産を提案し、非OPEC諸国も分担することを求めたが、非OPECの中心国ロシアはこの提案を拒否し、両陣営は減産で合意することができなかった。このため、産油国は、4月1日から減産に縛られずに、石油生産を行うことになる。中東石油の最大輸入国である中国は、コロナウイルスの影響による生産活動の停止により、400万b/dの需要が低下している。このため、石油価格はさらに低下し、産油国の経済を直撃するのではないかと懸念されている。サウジの意欲的な経済発展プラン「ビジョン2030」は、石油価格100ドル/bを想定して、計画が練られており、価格が40ドル/bを下回ると、同プランのみならず、湾岸諸国の経済運営が大きな困難に陥ることが予想される。
(中東各国の3月8日の株価の下落率)
・クウェート 10%
・サウジ   8.3%
・ドバイ   7.9%
・アブダビ  5.4%
・カタール  2.9%
・バーレーン 3.4%
・オマーン  2.8%
https://edition.cnn.com/2020/03/06/business/oil-prices-opec-disarray/index.html
https://www.middleeasteye.net/news/gulf-shares-plunge-over-opecs-failure-agree-plan-combat-coronavirus-impact

Posted by 八木 at 15:00 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

エジプトからの旅客にコロナウイルス検査を義務付けたサウジアラビア[2020年03月09日(Mon)]
3月8日現在の中東における感染者数は次のとおり。イランでの感染者、死者の拡大は止まっていない。イスラムの聖地を抱えるサウジは、シーア派教徒が多数居住するアラビア半島東岸のカティーフ州の閉鎖を決定した。エジプトでは観光地アスワン・ルクソール間のクルーズ船乗組員12名を含め、感染が急速に拡大している。サウジアラビアは、エジプトからのサウジへの旅客に、PCR検査証明書を航空機搭乗前に提示することを義務付けた(下記参考参照)
(国別感染者・死者数)
イラン 6566件(前日の5823件から増加) 死者194名(前日の145名から増加) 回復者2134名(前日の1669名から増加)
イラク 54件(前日の46件から増加) 死者4名 回復者1名
バーレーン 85件(前日の66件から増加) 回復者 6名
クウェート 62件 (前日の61件から微増)回復者1名
UAE 45件 (変化なし)回復者7名
オマーン 16件 (変化なし)回復者2名
カタール 12件 (変化なし)
サウジ 11件(前日の7件から増加)
レバノン 28件(前日の22件から増加) 回復者1名

エジプト 48件(前日の15件から急増)
イスラエル 25件(前日の21件から増加) 回復者5名
ヨルダン 1件(変化なし)
パレスチナ 19件(変化なし)

アルジェリア 19件(変化なし)
モロッコ 2件(変化なし)
チュニジア 1件(変化なし)

(参考)サウジ当局によるエジプトからの旅行者へのPCR検査義務付け
3月7日、サウジアラビア保健省は、エジプトを含む新型コロナウイルス流行の危険にさらされている国からのサウジへの訪問者について、「航空会社は、PCR検査証明書が有効であること、および搭乗前の24時間以内に新しく発行されたことを確認する必要がある」して、航空機搭乗前に無感染を証明するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)試験証明書を提出しなければならないと発表した。これを受けて、エジプト保健省の中央研究所のナンシー・エル・ジェンディ会長は、3月8日からサウジアラビアへの旅行者向けのPCR証明書の発行が開始される、検査費用は、エジプト人の場合はEGP 1,000(64ドル)、エジプト人以外の場合は70ドルであり、 すべての申請者は、テストを受けるためにパスポートと旅行チケットを提示しなければならない、と発表した。
サウジアラビアへの旅行を希望するエジプト人の渡航目的は不明であるが、小巡礼(ウムラ)は現在サウジ当局が禁止措置をとっているため、大部分がサウジで働いているか、そこの家族訪問目的であるとみられている。

https://www.middleeasteye.net/news/pictures-egypt-gather-coronavirus-testing-centre

Posted by 八木 at 08:28 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ