• もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« MBSとの関係修復を決断したエルドアン大統領の思惑 | Main | パレスチナ解放運動と重信房子 »

検索
検索語句
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
イード・ムバラク[2022年05月02日(Mon)]
イスラム世界では、4月30日時点で、シャッワール月開始の新月が目視されなかったことをうけて、ラマダン月は5月1日まで続き、ラマダン明け大祭(イード・アルフィトル)の開始が5月2日となった。

イスラム世界では、ラマダン期間中、エルサレムのアルアクサーモスクでの衝突が発生し、トルコのエルドアン大統領とサウジアラビアのMBS皇太子との関係修復があり、また、イエメン停戦が本格和平に結びつくのか、イラン核合意の行方、イラク新政権が発足できるのか等、ラマダン明け後、目が離せない事案が山積している。

しかし、本日は、すべてのイスラム教徒に対して、イード・ムバラク!

Posted by 八木 at 15:58 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/507

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント