• もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« 米銀行に凍結されたアフガン資金を911被害者に割り当てるとの決定にタリバーンは大反発 | Main | フーシー派のアブダビ攻撃をうけて活発化するUAE外交(MBZアブダビ皇太子とモディ・インド首相とのオンライン会談) »

検索
検索語句
<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
急速に関係改善を図るトルコとUAE[2022年02月15日(Tue)]
2月14日、トルコのエルドアン大統領は、2013年以来となるUAEを2日間の予定で訪問し、UAEの実質的指導者であるムハンマド・ビン・ザーイド・アルナヒヤーン(通称MBZ)アブダビ皇太子と会談した。エルドアン大統領は、ドバイ万博のトルコ館も訪問し、トルコ・ナショナルデーの式典にも参加する予定。
UAEの通信社WAMによれば、訪問の機会に、貿易、産業、保健と医学、陸上・海上輸送、気候変動対策を含む13の協定が署名された。トルコの通信社アナドール通信は、防衛に関する合意、ならびに、包括的経済パートナーシップ協定(CEPA)として知られる二国間貿易投資協定の交渉開始に関する共同声明に署名した、と伝えた。
MBZ皇太子は、2012年以来となる2021年11月24日にトルコのアンカラを訪問し、数十億ドル相当の投資協定を締結するとともに、100億ドルの投資基金の設置を表明していた。
エルドアン大統領は、イスタンブール出発前に、今次訪問は、UAEとの間の今後50年にわたる友好構築の礎になるものであり、訪問中、「両国経済の補完的構造」における機会を模索すること、ならびにトルコとUAEの対話と協力は、我が地域全体の平和と安定にとって非常に重要であると述べた。2022年1月、両国は現地通貨で約50億ドルのスワップ取引に合意しました。
ガルガーシュUAE大統領補佐官(前外務担当相)は、「エルドアン大統領のUAE訪問は、MBZ皇太子のトルコ共和国訪問に続くものであり、両国関係に新たな前向きなページを開き、地域の安定と繁栄を目指すUAEの、より強力な対話と協力の架け橋を築く努力と軌を一にするものである」とコメントした。
(コメント)両国関係改善の兆候は、2021年9月1日にUAEのタハヌーン・ビン・ザーイド国家安全保障補佐官がトルコを訪問し、エルドアン大統領と会談し、その後、両国間の情報機関間の対話が実施され、さらにエルドアン大統領とMBZ皇太子との電話会談が実施され、それが11月のMBZ皇太子のトルコ訪問、そして今回のエルドアン大統領の訪問につながった。
両国関係は、過去数年緊張関係に支配されていた。リビアでは、2019年に戦闘がピークに達したトリポリを拠点とするシラージュ暫定政権をトルコ軍が支え、一方、東部を拠点とするハフタル将軍率いるリビア国民軍を、UAEやエジプト、ロシアなどが支援していた。2017年6月からのUAEほかアラブ3か国の隣国カタール外交断絶と陸海空の封鎖にあたっては、トルコはいち早くトルコ軍部隊をカタールに派遣し、カタール防衛の意思を明らかにした。トルコとUAEは、ムスリム同胞団に対する立場でも開きが大きく、前者が同胞団に同情的であるのに対して、UAEは同胞団をテロ組織とみなしている。東地中海のガス開発でも、UAEとトルコは相反する立場をとってきた。
こうした中で、両国が急速に関係を改善した背景は何であろうか。エルドアン大統領にとっては、2023年の大統領選挙での当選に黄色信号が灯りはじめていることに危機感を覚えていることが背景にある。トルコリラは暴落を続け、インフレが亢進し、国民生活が困窮している。2019年のイスタンブールやアンカラといった主要都市の首長選で、与党公正発展党(AKP)の候補が、CHP(人民共和党)の候補に敗れ、エルドアン大統領の再選は盤石ではないことが明らかになっていたが、最近の経済情勢、国民生活の悪化がエルドアン大統領にとって致命傷になる可能性が出てきた。エルドアン大統領としては、過去の確執にこだわらず、経済の立て直しに取り組むことが求められている。このため、UAEの巨額の投資の呼び込み、現地通貨のスワップ合意などで、為替の安定を図り、国民生活の困窮に応える姿勢を国民に示すことが求められてきた。一方、UAEについては、本年1月以来、フーシー派によるアブダビ攻撃にも直面してきた。地域で、イスラエルとの同盟国をアピールしすぎると、イスラエルとの正常化に反対する勢力から標的になる可能性があり、2月に入ってからは、イラクの「アラビア半島人民の正義の約束旅団」と称する正体が不明なグループからの攻撃も受けている。イスラム・スンニー派の大国トルコとの関係を強化することは、親イラン・シーア派の過激組織の動きを牽制することにもつながる。さらに、トルコは、人口8千万人以上を擁する大きな消費市場である。トルコとの経済関係の強化は、経済の多角化を目指すUAEにとっても利益が大きいと思われる。さらに、地域で強力なインテリジェンス能力を有するMITとUAEの情報機関協力は、自国の安全保障にとっても極めて重要であると考えられる。先週トルコの政府系メディアは、トルコ・イスラエル系ビジネスマンの暗殺を阻止するために、トルコとイスラエルの合同諜報作戦が実施され、イランのエージェントとされる数人がトルコで逮捕されたと報じた。UAEはイスラエルとの間で、インテリジェンス・治安協力を強化しているとされ、それにMITが加われば極めて強力なインテリジェンス網が構築されると考えられる。
https://www.voanews.com/a/erdogan-visits-uae-in-bid-to-repair-ties-with-arab-world-/6441043.html
https://www.aljazeera.com/news/2022/2/14/erdogan-to-visit-uae-to-bolster-political-economic-ties
https://www.reuters.com/world/middle-east/turkeys-erdogan-visits-uae-first-time-decade-2022-02-14/
https://www.dailysabah.com/politics/diplomacy/erdogan-visits-uae-to-strengthen-economic-political-ties

Posted by 八木 at 11:21 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/485

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント