CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
イスラム世界との結びつきを通じて、多様性を許容する社会の構築についてともに考えるサイトです。

« カタールとアラブ封鎖4か国との関係修復のアル・ウラー宣言 | Main

検索
検索語句
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

中東イスラム世界社会統合研究会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/meis/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/meis/index2_0.xml
イランによる韓国籍タンカーの拿捕[2021年01月07日(Thu)]
1月4日イランのイスラム革命防衛隊(IRGC)は、ペルシャ湾で韓国籍の7,200トンの石油化学製品を運搬するタンカー「ハンクック・ケミ(MT Hankuk Chemi)」が「海洋環境法違反」の疑いで拿捕し、バンダル・アッバース港沖に搬送させたことが確認された。イラン側声明によると、船の乗組員は韓国人、ベトナム人、インドネシア人、ミャンマー人20名で構成されていた。この船はサウジアラビアのジュベイルからアラブ首長国連邦のフジャイラまでの運航を予定していた。船は釜山を拠点とする船会社DM Shipping.Coによって運営されている。
1月5日、韓国の外交部は、駐ソウル・イラン大使を招致し、タンカーの即時解放を要求した。韓国政府は、軍がすでに海賊対策で派遣している駆逐艦をこの海域に向かわせるとともに、即時釈放を求めて、交渉のためにイランに代表団を派遣した。
イランは、IRGC海上部隊がホルムズ海峡近くで船の進行を妨げ、乗組員を人質として保持していることを否定した。しかし、イラン政府のスポークスマン、アリ・ラビエイは、今回の行動が米国主導の制裁措置のために韓国の銀行で凍結された約70億ドルの資産の差し押さえに関連していることを確認したようで、5日の記者会見で、「我々は、そのような主張に慣れているが、仮に人質取りがあったとしても、我々が所有者である70億ドルを根拠のない理由で人質に取っているのは韓国政府である。」と指摘し、韓国政府が本来、イラン側に戻すべき差し押え資産の解放を求めた。
(コメント)2019年5月、6月にペルシャ湾周辺で、6隻のタンカーが被弾し、その後、7月にイランタンカー「グレース1」のジブラルタル当局による拿捕を受けて、英国のタンカーであるステナ・インペロがIRGC海上部隊によって拿捕されたこと等を踏まえ、2019年11月7日米主導で、海上交通の安全を守るための有志連合(International Maritime Security Construct :IMSC)が正式に発足し、その連絡事務所が米第五艦隊が本部を置くバーレーンに設置された。韓国は、有志連合を構成する8か国の1か国とみられている。韓国政府は、駆逐艦の派遣を決定したものの、軍事的解決は望んでおらず、外交的に問題の解決を図りたいとの考え。イラン側は、乗組員を人質にしていることを否定したが、トランプ政権の終了を控え、米国の経済制裁によって、諸外国に凍結されていたイランの資産の返還を今後各国に求めていくものとみられる。
https://youtu.be/StvdHJv8OL8

Posted by 八木 at 16:26 | 情報共有 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/meis/archive/454

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

 
コメントする
コメント